手術日 当日

2016.11.18

6:00に看護師さんから起こされて、2Lの二フレック(液体の下剤)を飲み始めます。
筋ジストロフィーの私にとって、大腸内視鏡検査における下剤は最大のネック。下剤を飲んで、腹痛が起きてからトイレに移動しようと思っても、何しろ動きが遅いので間に合わない危険性も

そんな危険を犯すことは出来ないので、私は下剤の飲み始めから便器に座っています。(汚い話でごめんなさい
先月の検査時は、二時間半で済みました。なので、今回もその程度だろうと予想していたのです。

ところが…

トイレに入ったのが6:00。
看護師さんから「検査室に連絡しますね」と言われたのが、12:00 (下剤で、お通じがほぼ無色透明になるのを待つのです)
6時間、延々と便器の上に座り続けているのです。
もう、足が痺れてから大分経ちます…。便器の上で、立位を取るのも難しくなっていました。
「今回は長い闘いだった…。けれど、これでようやく解放される!」
と思ったのも、束の間。

「手術は午後からになりました」

そう看護師さんに告げられて、意識が遠くなりかけました。朝から、こんなに頑張ったのに…。
取り敢えず、這うようにしてトイレから出て、ベッドに横たわるといつの間にか眠ってしまったようです。


東京タワー1

お部屋から見える風景です。東京タワーには心底、癒されます



次に起こされたのは、手術室に呼ばれた時でした。

私は以前、二度ほど開腹手術の経験があって、その時の影響で腸が癒着しているらしいのです。そのせいで、内視鏡が腸を通る時には、結構痛むのです。
私の通院している大学病院ではモルヒネを使用しているらしいのですが、今回は「少し多めに」使って頂くことにしました。
鎮静剤も使って頂くことだし、安心していたのです。

ところが…

内視鏡部に着いてから、担当医師より言われたのです。

「あなたのご病気の性質上、鎮静剤は使えないことになっているんですよ」

それを聞いた時のショック
医師が「筋ジストロフィー」のことを指しているのは、すぐに分かったので、慌てて否定しました。

「先生!大丈夫なんです!私の筋ジストロフィーの型(顔面肩甲上腕型)は、全身麻酔も問題はないと主治医に言われているんです!」

けれど、これは決まりだからと却下されました。…これまで、こんなことを指摘されたことはなかったんだけれど
ただ、いざ始まってしまえばモルヒネで緊張は緩和されました。

それにしても、内視鏡の痛いこと
特別に、細いスコープでやって下さったそうなのだけど…。癒着しているところを通るって、こういうことなのね。
痛みに耐えつつ一時間。今回は、6mmと4mmのポリープを取って頂きました。良性か悪性かは、二週間後に分かります。

けれど、小さなポリープがまだ結構あるということで…。残りは、一年後にまた再手術となりました。

あの「トイレ籠城6時間」と「鎮静剤なし」を思うと溜め息が出てきますが…。自分の健康を守るためと思えば、仕方ないのかもしれません。
今後は、一年に一度のフォローが必要となりました。

2016/11/24 16:23 | 大腸内視鏡検査COMMENT(4)  TOP

コメント

のぶぴー様

コメント、有難うございますv-238
のぶぴーさんなら、この気持ち、分かって頂けると思っていました!
腸が癒着しているって、本当に痛いのですv-356
でも、次回からは自分の「特性」を踏まえた上で検査を受けることが出来るので、良しとしようと思いますv-283

No:5401 2016/11/26 00:33 | Natsu #- URL編集 ]

お疲れさまでした

奈津さん、本当にお疲れさまでした♪
以前はメールをありがとうございました
そうですか…腸が癒着していたので、内視鏡が通る時、痛いのですね…
私は何と言ってお見舞いの言葉を選べばいいかわかりませんが
本当によく耐えがんばりましたね♪
お疲れさまでした

No:5400 2016/11/25 21:11 | のぶぴー #- URL [ 編集 ]

あっちゃん様

いつも有難うございますv-238
今回ばかりは、自分でもよく頑張ったと思います。笑
余り、経験したくない内視鏡ですねv-356

No:5399 2016/11/25 00:16 | Natsu #- URL編集 ]

お疲れ様でした

つらかったね、よく頑張ったね😅下剤ツラいよね。ゆっくり休んでくださいね。

No:5397 2016/11/24 17:34 | あっちゃん #abHJs7eY URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |