さようなら… ジュメイラ・ヴィッタベリ 2014 Ⅰ

この、2014.3.21(Last Day)の日記を後数回に分けて、2014 ジュメイラ・ヴィッタベリの記録をお終いにしようと思う。
島でお友達になったMikaとFirshanと…私たち夫婦のために、どうしても最後まで書いておきたかったから。

2014.3.21

永久に来なければ良いと思っていた「帰国の日」になった。
Firshanは「僕がパスポートを預かって、絶対に日本に帰さない!」と言ってくれる

私がFirshanと出会った次の日、「友達になりたいのだけど…」とボスに伝えてもらった。
そうしたらFirshanは、笑いながら「もう友達だよ」 と言った。
島に降りたその日から、MikaとFirshanとの愉快な時間は始まったのだ。時間が…このまま、この島で続けば良いのに…と思う。

旅の最終日、朝は穏やかにやってきた。


20日朝陽1



20日朝陽2



朝の景色は刻々と表情を変える。


20日朝陽4



朝食は夫に車椅子を押してもらってサムサラへ。last サムサラ。
今回、私たちはサムサラ以外のレストランで食事をする機会をことごとく逃してきた。
けれど、これにもまた素敵なエピソードに溢れたものばかりになった。だから、サムサラのスタッフに心より感謝


20日1



強い太陽の陽射しは、ジリジリと容赦なく地面を焼いている。今日も日焼けに気を付けなければ…。


20日2



ここのマンゴージュース は最高なのだ。
いつも決まったスタッフが「Do I have mango juice?」と訪ねてくれて、私たちは「OH!thank you」と満面の笑みで返す
毎朝の楽しみの一つだった。


20日3



そして、夫はエジプト人の彼が作ってくれる「オムレツ」が大好きで、飽きることなく卵料理を焼いてもらっていた。


20日4



夕飯もまたサムサラになるのかな。では、朝のスタッフの皆様、お世話になりました。ご機嫌よう。

この部屋から見る景色もこれで最後だと思うと切なくなる。


20日5



相変わらずの海の色。


20日6



後、1時間でこの部屋ともお別れだ。





 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆



2014/07/19 23:55 | 夫婦モルディブ旅行COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |