2014 モルディブ ジュメイラ・ヴィッタベリ エイの餌付け

2014.3.16

暑い…。
強い太陽の陽射しに焼かれる感覚に、目が覚めた。

はっ。

「ここはどこ?」

ここは、モルディブ。

「何をしてるの?」

…うっかりお昼寝。しかも、炎天下のデッキで…

ゲゲゲッ!

これは、取り返しのつかないことにならなければ良いけど…と一瞬、不安に駆られたものの、まだこの時は事態の深刻さをさほど気には留めていなかった。

よく寝たなぁと起き上がってみると、夫は  をつかえまたらしくて、無邪気に背中に乗せて遊んでいる。


蟹1



綺麗な色をした蟹。ちょっと大きめサイズかな?


カニ2




このデッキから直接海に入ることの出来る階段で、見つけたようだ。


16日 海の階段



但し、サンライズ側の私達のコテージからは、波が高くて直接海に入ることの出来た日はなかった。
Firshanに「入っても良い?ライフジャケットを着ていれば、大丈夫だよね?」と何度か尋ねたのだけど、彼は大袈裟な手振りで「駄目だ」と言う。
「もう、この部屋から海に入ると水深は2mで、足は届かなくて、スッゴク深いんだからね それでそれで、高波にさらわれちゃうんだからね  」
と、力説する。

もしかすると、私達の足を気遣っての優しさなのかもしれないな…と思った。
海は恐い。「ちょっとくらい良いよね」…という軽い気持ちが大きな事故を起こしかねない。慎重過ぎるくらいが丁度良いのだ。


昼寝から目覚め、熱くなった身体を冷やすために部屋に入る。
そういえば、チェックインした時の「ウエルカムフルーツ」 がそのままだった。今日のお昼は、このチョコレートとフルーツを頂くことにする。


16日 テーブル



このガラス床のテーブル下には、これといって魚は見えなかった。私達の注意力が散漫なのかしら

ベッドルームの隣の部屋は、こんな雰囲気。


部屋

(ホテルのHPより)


この部屋に降りるには、三段の階段がある。段差の苦手な私は、5日間の滞在中、下に降りたのはほんの数回だけだった。なんて贅沢な使い方
段差があっては、車椅子を利用することが出来ないのだ。


この日、MIKAから「このリゾートでは、夕方5時から『エイの餌付け』をやっているんですけど、見に来ませんか?」とお誘いを受ける。
勿論、伺うに決まってる  エイの餌付けなんて、見たことがないもの♪


Firshanの運転するカートで、エイの餌付けをする場所に連れて行ってもらう。なんて気持ちの良い海。


16日



それが、エイの登場で雰囲気は一変する。


16日1



スタッフがバケツから撒いているのは、餌となる小魚。それを目当てに、エイと一緒に黒い大きな魚も押し寄せる。迫力満点だ


エイ



「生きるって戦いなのねー」という当たり前の感想を抱きつつ、またFirshanのカートでビーチにあるBARへ移動する。


太陽はゆっくりと、水平線に沈んでいく。


夕焼け2


夕焼け0



夕焼け1



夕陽を眺めながら、ビールで乾杯することにした。


bar_2014041522522003e.jpg


はー、こんな二人だから「息子さんですか?」とか聞かれてしまうのかな?…執念深い


二人



充実の一日だったね…。


グラス



さぁ、サムサラで夕食にしよう。これまで、Firshanのカートで一緒に運んでもらった車椅子で移動する。

夕景のサムサラ。


夕方のサムサラ



私達のお部屋のFirshanは、とてもよく気が付く最高のバトラー。(専用執事)
食事の終わる時間を大体見計らって、カートでお迎えに現れる。Firshanがいれば安心して過ごすことが出来る。

この夜もFirshanのカートで部屋に戻る。

「シュークリア」(有難う)
「マルハバ」 (どういたしまして)


今夜も星が綺麗ね 







 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆




2014/04/16 16:01 | 夫婦モルディブ旅行COMMENT(4)  TOP

コメント

りり様

こんばんはv-352

えっっっ!りりさんのお友達ご夫婦もモルディブにいらしていたんですか!差し支えなければ、どちらのリゾートか教えて頂けますか?
コンラッドかしらー?でも、今、モルディブは色々新しく出来ていますもんね。

りりさんの「決断」を心より応援しますv-238 リゾート選び、楽しんで下さいねv-341

No:5298 2014/04/18 23:14 | Natsu #- URL編集 ]

あすか様

こんばんはv-352

本当にね…、どこの風景を切り取っても絵になるよね。フライト時間の10時間を耐えても尚、どうしても「行きたい!」と思わせるのは、やっぱりあの海の色なの。贅沢だとは思いつつ^^;

エイの餌付けは迫力ありすぎて…(笑) ちょっと怖いくらいよv-356

あすかちゃーんv-238 大好きv-238 有難うv-238
もうね、あれからいちいち人の言う言葉に敏感になってしまってさ(笑) そっかー、じゃ、これからは堂々と「アナタ~♪」とか言ってみようかしらん。

No:5297 2014/04/18 23:05 | Natsu #- URL編集 ]

なっちゃんと同時期に友人夫婦もモルディブに行っていたんです。
レストランやエステが海中だったり、バスタブの下が透明で「海」の話聞いて興味深々~フルーツののったテーブル下の写真拝見して
イメージ持てました。
きっとモルディブに私も行きます(きっぱり~笑)

No:5296 2014/04/17 15:26 | りり #- URL [ 編集 ]

もう、全てが美しい風景ですねv-238
読ませていたただいている私まで、リゾート気分で幸せ~v-254

エイの餌付け、すごいですね。
エイもお魚たちも、この夕刻をちゃ~んと覚えてて寄ってくるんですもんね。

・・・なっちゃん、「息子さん」と「その母」には、絶対見えないって!
どこから見ても、素敵な夫婦だよヽ(^o^)丿

No:5295 2014/04/17 00:20 | あすか #rP1M5w.Q URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |