2014 モルディブ ジュメイラ・ヴィッタベリ マーレ空港着

2014.3.15

モルディブ時間、22:30に首都マーレ着。
香港乗り継ぎの時と同様に、最後に機内を降りる。
機体の出口のところには、モルディブの空港職員が車椅子を用意して待っていてくれた。

機内を出ると「懐かしい」と思わせるこの香り
熱気を含んだこの空気。南国に来たのだなぁと心が躍る

車椅子使用者(障害者)は、機長&CAと同じ税関から通関する。とてもスピーディ!

スーツケースと無事に車椅子をピックアップして、空港の外に出る。


モルディブ2



モルディブ3


日本時間だと、深夜2:30。さすがにお疲れ気味。

空港の目の前が港になっている。この時間は、あちらこちらのリゾートから、ボートがお迎えに来ているので華やかな光に包まれている。
私達の乗るスピードボートは、揺れる船体に足を掛けて乗り込むものだった。うっかり足を踏み間違えて、港に転落するのでは…と日本を発つ前から本気で案じていたけれど、屈強な男性スタッフの手に支えられて、無事にボートに乗り込んだ。


ボート

(ボートの中から)



目も当てられないほど乗り物に酔う夫は、乗船前に「酔い止め」を飲んだ。これで荒い波でも大丈夫。
救命胴衣を渡されて、ボートは水の上を滑り出した。マーレのネオンが闇夜に浮かぶ。その灯りも段々と「点」に近くなった頃、ボートはスピードを落とし始めた。


いよいよ。
Jumeirah Vittaveliが私達を待っていてくれる






 人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆





2014/04/07 15:15 | 夫婦モルディブ旅行COMMENT(2)  TOP

コメント

のぶぴー様

こんにちは♪
そうですよね!不思議に思いますよね!ご質問頂いて嬉しいですv-238

夫は長距離は無理なのですが、短い距離であれば歩くことが出来ます。なので、車で空港に着いたら、すぐに駐車場の係の方に車は預けてしまいます。
そうして、スーツケースを空港のカートに載せてチェックインしてしまえば、後は荷物は飛行機が運んでくれますし、私達二人は空港職員の方が車椅子で移動させて下さいます。
目的地に着いたら、今度は現地の空港職員の方と旅行代理店の方が同じように助けて下さるので、心配はいりません。

これは「旅行先」にもよるでしょうね。本当はヨーロッパにも出掛けたいのですが、のぶぴーさんの仰る通り、石畳の上を「車椅子でスーツケース」では移動に無理がありますよねv-356
けれど、海辺のリゾートなら大丈夫!日本を旅行するよりも安全ですv-233
のぶぴーさんも是非!リゾートへのお出掛けをお勧めします♪

No:5284 2014/04/08 13:07 | Natsu #- URL編集 ]

素朴な疑問

こんばんは♪
ご主人様もNatsuさんも、海外旅行満喫されていてうらやましいですv-221
ところで、やはり海外旅行にあこがれている私の疑問なんですが、夫婦車椅子2人旅だと、どなたがスーツケースを持って移動されるのでしょうか?
以前車椅子の奥さんが、健常者の旦那さまにスーツケースを持ってもらって海外に行くということを聞いたことがありますv-238

No:5283 2014/04/07 21:23 | のぶぴー #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |