精密検査 -肝臓-

年に一度の人間ドックに、毎年振り回される9月。

去年は、子宮癌・肺癌の疑い。
子宮癌に関しては、再検査の結果「異形成」の状態にあるとのことだった。
あの時は、動揺したなー。

 けれど、更に検査を重ねた結果、癌の疑いは晴れた。

そして、今年は肝臓ですって。

2013.9 「診結果報告書」(肝臓・胆嚢・脾臓)より

超音波所見については医療機関で精密検査を受けて下さい。
肝右葉上上部に昨年まで指摘のなかった直径5mm-6mmの腫瘤を認めます。
消化器内科にて精査お受け下さい。

…と。

もー、今回は絶対に大丈夫!今年は「人間ドック」の結果に振り回されないぞ!と心に決めていたはずだったのに…。

結局、小心者の私は、報告書が届いた翌々日。
土曜日だというのに、主治医の不在が分かっていながら、肝外(肝臓・胆嚢・膵臓外科…の略)に出向いた。
土曜交代制で出ていらした先生に、人間ドックの書類を見て頂く。

「そうですねー。一度、精密検査はお受けになられた方が良いと思いますよ」

うーむ。仕方ない。だったら早い方が良いのではないかと思って、改めて主治医の予約を月曜日に取った。

だけれど…。
昨日は上半期 怒涛の期末だったのだ!
AM 6:00起床で、7:00には自宅を出たものの、見事に事故渋滞にハマって二時間かけて病院に到着。
(いつもなら、一時間で行くところ)

そして、9:00に肝胆膵外科の予約が入っていたのだけど、名前を呼ばれたのが12:30  もー、石になるかと思っちゃった。
当然、11:00に予約をした歯医者さんに間に合うはずもなく…。14:30に変更して頂いた。


肝外科の主治医に、「結果は、11月のはじめでも宜しいですか?」と尋ねられたのだけど、私は11月半ばから2月一杯まで、ロボットスーツ HALの治験の為にNCNPに入院予定だ。
MRIの結果は、入院前に伺っておきたい。
結果、10月半ばにMRI。診察が11月半ばということに。

けれど、私って…本当に小心者

精密検査の結果については「気にしない」と思うようにしていたのに、三時間の待ち時間の間に腹痛でお手洗いに行くこと二回…。
全然、駄目じゃん。
なので、「腫瘍はまだ小さい」と聞いた時には、ドーッと疲れが出てしまった。余りにホッとしたために

どうにか大学病院を13:30に出て、日比谷の歯医者さんに到着したのが13:45。
ふー、セーフ!

この後、17:00に間に合うようであれば、夫を会社まで迎えなければならない。
普段なら…大好きなスターバックス で一休みするところ…

「今、一休みしたら、永遠に自宅には帰ることが出来なくなる!」

と、危機感を覚えて、一路、夫の会社まで車を走らせた。
ところが、帰路もまたまた事故渋滞

首都高&4号線は要注意。本当に、危険だ。


無事に帰宅したのは、18:00を回っていた。

この年齢になると、「人間ドック」は必須科目であると思う。
面倒だけれど、受けずに一年を過ごすのも気にかかる…。

主治医によると…。
「まだ腫瘍が小さくて、どうにも出来ないんですよ。なので、一度MRIだけ撮っておきましょうね。確認のために」
とのことだった。

ホッと一息

おー、正に「人間ドック」狂想曲だわ。

今年の教訓を活かして、来年の9月は平静でいよう。
単なる身体のメンテナンス。

…の、筈なんだからね





 人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆



2013/10/01 23:30 | 人間ドックCOMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |