ステロイド 離脱症状

やっとやっと、二年半もかけてステロイド(プレドニン)断薬に至ったというのに、ここのところ、ひどい倦怠感に悩まされている。

「もしかしたら」と思い当たることがあった。
特発性血小板減少性紫斑病を初めて発症した12年前に、「ステロイド離脱症状」という言葉を耳にしたことがある。

今回は、再発から二年半、60mgから一ヶ月に1mgづつ減薬していった。今日までの間、数回の再発を繰り返したので、順調な「減薬」とはいかなかった。
5mgまで減薬した途端、血小板の値が3万以下まで落ちてしまうことがあって、その度にまた降り出しに戻るのだ。
そんなことを繰り返していたせいで、ステロイドを服薬することが当たり前の身体になってしまっていた。
本来であれば、この緩やかなペースでの減薬なら問題はないはずなんだけれど…。

初めて発症の時、記憶は曖昧なのだけれど、一週間ごとに1mgを減らしていったという覚えがある。
なので今回、「一ヶ月で1mg」と主治医に告げられた時には、にわかに信じられなかった。そんな長期的に服薬していたら、一体いつステロイドは終わるのだろうか…とひどく暗い気持ちに陥った。

それほど待ち侘びた「断薬」の日だというのに…
身体が動かない。

けれど仕方がない。
この倦怠感は、いつか改善される日がくるだろう。

今は、昼間の倦怠感に悩まされて、一日動くことが出来ずにいる日もある。
画期的なことは、最近ではようやく「生活を楽しむ」という感覚を思い出しつつある

身体は動かなくても、気持ちだけは「やる気」なのだ。
こんな気分は、父の闘病中から亡くなった後、何年も思い出すことがなかった。

「気持ち、「精神的な安定」に、改めて感謝をする日々だ。
諦めずにいて…本当に良かった





 人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆


 

2013/08/29 23:00 | 特発性血小板減少性紫斑病COMMENT(4)  TOP

コメント

りり様

分かって下さって嬉しいですv-238
ホント、「たかが1ミリ、されど1ミリ」ですよね…。これは、経験者にしか分からない辛さだと思います。
りりさんは今、安定されているのですね♪

お身体、ご自愛下さいませね。まだまだ酷暑は続きますもの。

No:5154 2013/09/01 02:41 | Natsu #- URL編集 ]

なつこ様

励ましのお言葉、有難うございますv-238

「精神」って、本当に重要ですよね。
「健全なる精神は健全なる身体に宿る」と言われますけれど、私はその逆もありだなと思います。
健全なる精神であれば、きっと身体も免疫力が高まるかなぁって。
やっと、そんな風に前向きに考えることが出来るようになりました。
今、気持ちはだけは「明るめ」なので、ご安心下さいませね♪

No:5153 2013/09/01 02:35 | Natsu #- URL編集 ]

わかります!わかります!たかが1ミリ、されど1ミリです。
わたしは、この1ミリという微量を行ったり来たり。身体は正直ですよ。でも心が元気なら大丈夫。副腎がしっかり働くのを待ちましょう。

No:5151 2013/08/30 09:31 | りり #- URL [ 編集 ]

上手く言えませんが

心が前向きでいられるなら、大丈夫です!

だって、前向きなことが人生を楽しむ上で、重要なことだと(私は)思っていますから。

だから、治まるのを気楽に待っていればいいんですよ。
楽になったら次に何しようかな!って考えてね♪

No:5150 2013/08/30 07:07 | なつこ #I5FBvI8g URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |