本日の血小板

8月1日、金曜日。
「腫瘍・血液内科」受診。本日の血小板、18万。(正常値 範囲内)

翌朝から、「6mgを三週間」の服用から「5mg、五週間」に減薬。

今回の主治医は、とても慎重なやり方で減薬をなさる。
私の希望は、一週間に1mgづつの減薬。けれど、それでは「急激な血小板低下を招くかもしれない」とのこと。

2011年3月に再発をして、その年の9月に「再々発」となる。ここで、ステロイド(プレドニン)の服用量が一気に増えた。
この9月の「再々発」は、後に様々な暗い影を落とすことになる。負のスパイラルの始まりだったのだ。

ふぅ、と溜め息が出る。
けれど、プレドニンには、私の命を救ってくれる重要な薬なのだから。

淡々と…時間の過ぎるのを待つしかない





  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2012/09/04 23:55 | 特発性血小板減少性紫斑病COMMENT(2)  TOP

コメント

りり様

りりさん、こんにちは♪

本当にプレドニンは魔法のお薬ですね。それにしても、りりさんの主治医、とても慎重な方!7.5ミリを半年とは!

> 今2ミリを2年。たかが2ミリ、されど2ミリなんです。

これ、凄くよく分かります!やっぱりプレドニンを服用していると、傷の治りが遅かったり(足の潰瘍など)、色々な不都合が出てきますよね。ホント、「されど2ミリ」なのだと思います。
それにしても12年間の服用、りりさんは色々な困難を乗り越えていらしたんですね。服用中に、手術などの経験は無かったですか?
私も、今の体重で「増量」となると大変な量になってしまうので、どうにかこのまま「お薬なし」状態になることを祈っています。

りりさんの症状も、どうかこのまま落ち着きますようにv-238

No:4783 2012/09/07 11:43 | Natsu #- URL編集 ]

奈津さん、こんんちは。そうですよ。プレドニンは魔法のお薬なんですから(*^^*)わたしの主治医はもっと慎重!7.5ミリ
半年飲みました。その後もゆっくり、ゆっくりでした。
今2ミリを2年。たかが2ミリ、されど2ミリなんです。この12年増量、減量の繰り返し。減量の時は少しずつ。増量の時はど~んと増えます。この数年はとても落ち着いています。
奈津さんも減薬うまくいきますように。18万は立派な数値です。

No:4780 2012/09/06 13:23 | りり #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |