リハビリ室

随分と、blogを書くことから離れていた。精神的に余裕がなかった。
だけれど、やっと。
「普段の私」に戻りつつある。

ひきこもりだった、ここ数週間。
それが月曜日、筋ジストロフィー専門病院の「リハビリ」室に行った。
そこは、7月のNHK福祉ポータルサイト 「検査入院 - 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーのケース -」 にも書いた通り、理学療法士さん達の熱意と愛情溢れる場所だった。

私は今、精神的な呪縛から解かれつつある。
「歩くことが出来なくなったらどうしよう」
「筋ジストロフィーが一気に進行しているのじゃないかしら」
けれど、それは杞憂であったらしい。 

前回、受けたリハビリの指導で言われたことがある。
「無理に歩こうと思わないこと。骨折でもしたら損でしょう。だから、ご主人が一緒の時だけ歩いてみれば?」
確かに。「骨折→寝たきり」のコースは多いらしい。私たち筋疾患患者にとっては。

「歩くこと」に固執し過ぎて、無理をして骨折したら本末転倒だ。

「無理に歩こうと思わないこと」

この言葉が、私の気持ちを楽にさせてくれた。
歩いても、車椅子でもどちらでも良い。



イメージ3



これまでは、脅迫観念的な気持ちで「歩いて」いた。
歩くことに固執し過ぎて、ノイローゼになりそうだった。
けれど、その呪縛から解かれたとき…。

私の「心」は解放されて、足が軽く動く様になった。
やはり、「心」と「足」は連動しているのだ。

信頼しているPTの先生に尋ねた。

「『杖で歩く』の次は、いきなり車椅子ですか?その『途中』っていうのは無いの?」

「ありますよ!車輪付きの『歩行器』です」

試してみると、それは四輪の歩行器で、身体を預けることが出来た。確実に、「歩く」ことが出来る。
私の気持ちは随分と軽くなった。

「杖歩行」が、どうしても難しくなったら、次は「歩行器」がある。
今は、杖と車椅子の両方を使っている。
一人で行動することが多いので、歩くことが出来る内は頑張りたいのだ。それが、どんな形であっても。

掛かり付けの大学病院に行くと、必ず声をかけられる。それも、複数の人に。

「一人で来たの?どなたかと、ご一緒でしょう?」

まるで、幼い迷子に尋ねる様な口調だ。
私は戸惑いつつ答える。

「いいえ、一人です。一人で来ました」

すると、声をかけて下さった方達は一様にビックリした様な表情になる。

そうね…危なげに手動の車椅子でヨロヨロ移動する私を見ていたら、親切な方は声をかけたくなるのかもしれない。感謝しなくてはね

「歩く」呪縛から解いて下さった、リハビリの先生には心から感謝している。
日常の生活が、明るくなった。強迫観念から解放された。

「念ずれば通ず」の言葉を想う。諦めたらお終いなのだ。

…こんな風に思うことが出来るまで、苦しかった。長い長いトンネルだった。

出口を見つけた今、心は随分と軽くなった。

少しづつ…ゆっくりと、これまでの生活を取り戻そう。
もう「生きていることが辛い」なんて、泣きごとを口にするのは止めよう。

だって、出口は、もう…すぐそこなんだもの。





  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2012/08/01 23:50 | 筋ジストロフィーCOMMENT(11)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

「鍵コメ i 様」

iさん、こんにちは♪
私と同じ、顔面肩甲上腕型なんですね。

病院は、ご紹介出来ると思います。小平にある病院です。
もし、宜しければ、私のblog画面右下の方に「メールフォーム」というものがありますので、そちらから、再度、メールを頂けるでしょうか。

箱根病院は、今も石原先生ですか?私、埼玉の療養所で、石原先生が主治医でした。

お返事、お待ちしておりますねv-238

No:4762 2012/08/23 23:47 | Natsu #- URL編集 ]

まこ様

まこさん、こんにちはv-238

いえいえ、「出口を見つけた」様な気がしているだけでした^^;
この「生き辛さ」…どうしたものでしょう。今回は、余りの苦しさにパニック障害かな…と思ったほどです。(主治医は、慣れです!と仰っていたけど)

まだまだなのです。でも、トンネルに僅かな光が射してきました。

まこさんは、焦らずに…ゆっくりゆっくり出口を探していきましょうね。一緒にね。

No:4734 2012/08/06 01:40 | Natsu #- URL編集 ]

りり様

りりさん、こんにちはv-238

> 生きるっていうことは実は辛い事のほうが多いなと(病気関係なく)思っています。

全く同じことを考えていました。でも、そんな中でも「希望」を見出すことの出来る りりさんは素敵です。
「生きてるって素晴らしい」…そんな風に思えるまで、どうにか頑張って生きていなければと思いました。

きっと、心から…笑える日が来ます様に。りりさん、いつも有難うございます♪

No:4733 2012/08/06 01:33 | Natsu #- URL編集 ]

Tama様

Tamaちゃん、お久し振りだけど元気にしてた?コメントを有難うv-238

歩行器案に、賛成してくれて有難う!そっかー、Tamaちゃんは既に、経験者なのね。
ふと疑問に思ってさー。杖歩行 → 車椅子って、いきなりじゃないかと思ってね。体験させて頂いた歩行器は、疲れたら腰を降ろせる優れ物だった。やっぱり「四輪」というのが安定感があるよねv-218

一人で動くには、どうしても車椅子だと不都合な気がして。今は外出時、車椅子を積んで、クレーンで積み下ろしをやっているの。けれど「杖歩行」の可能性も残しておきたいと切実に思う。
Tamaちゃん、有難う。一緒に頑張ろうね。「マイペースマイペース」だねv-352

タマちゃん!良かった!心配していたから。方法は何であれ、元気でいてくれることに感謝するv-283 お大事にしてね。

No:4732 2012/08/06 01:24 | Natsu #- URL編集 ]

花梨様

花梨さん、こんにちはv-238

花梨さんは、いつも明るくて力強い。とても素敵なことですね♪ あーあ、私にもそんな時期はあったのに…という感じ^^;
よっぽど、今回の「進行」は堪えたのだと思います。けれど、そこで停滞していては、何も始まりませんよね。

> 「コイツ、何気に頑張ってるじゃん」って、
> 褒めて伸ばしてあげようと思ってます。

これ、良いですねー!今はまだ、褒められる自分じゃないけれど、少しづつ…前を向くことが出来れば良いなと思っています。

お母様、お大事になさって下さいねv-117

No:4731 2012/08/06 00:39 | Natsu #- URL編集 ]

nako様

nakoちゃん、いつもどうも有難うv-238

今回は、辛かったの。自分で自分を追い詰めてしまってね…。負のスパイラルなんてものじゃなかったよ。
ちょっと、どうしてしまったんでしょう?と、自分でも戸惑うほど…。

けれど、「足がすくむ」と言うでしょう?あれは本当なんだね!心に余裕があれば、足もすんなり前に出ます。

又、同じことで「泣きごと」を言う日があるかもしれないけれど、大目に見てね^^;
nakoちゃんのこと、頼りにしています♪

No:4730 2012/08/06 00:29 | Natsu #- URL編集 ]

私はまだまだ悩んでいます。出口をみつけた奈津さんはすごいです。うらやましい。私はうろうろうろ。。。

No:4729 2012/08/04 08:33 | まこ #X.Av9vec URL [ 編集 ]

奈津さん、おはようございます。
生きるっていうことは実は辛い事のほうが多いなと(病気関係なく)思っています。でもそんな中でも喜びや感動に出会い、生きてるって素晴らしいなと思えます。
昨日と同じ朝を迎えられたら儲けものですよ。ゆっくり、ゆったりでいきましょう。時にはわがまま、怠け者も「有り」です。

No:4728 2012/08/03 09:42 | りり #- URL [ 編集 ]

Tama

なっちゃんへ、
プログを読んでいたけどコメント残さなかったけど、今回書くね。
歩行器、いいよ。。すごく楽だよ。。v-218私も家の中で使っているのよ。よく重たいものを片手に持って歩行器で歩くのだけど、バランス崩すことも無いよ。
私は、家では歩行器、または自力歩行。
外では、杖と同行者がいれば車椅子なのね。 でも同じく一人で出掛かることがほとんどだから、杖歩行だけどね。
最近、外ももしかして歩行器にすれば楽かもって思うけど。
おなじ悩みを持った人ここにも居るよ。。一人じゃないよ。。がんばろう。。。
無理しないで、ま~いいかと思って。。マイペースマイペース。。v-352
うちのタマも病気と闘っていて、良くなったのよ。。でも科学治療はずっと続けなくてはいけないのよ。v-283
なっちゃんもゆっくりゆっくりね。。

No:4727 2012/08/03 00:37 | No Name #4cdyejRQ URL [ 編集 ]

歩けなくなること

もしかして、いいタイミングで奈津さんと出会えたのかなと
ひとりで勝手にうなずいています(笑)

わたし、歩行が怪しくなってから、まだ1年たっていませんが
もう杖が必要な状態です。(周囲への注意喚起もあって)
自分で確実に病気を認識してからがハイスピードで、毎日が青天の霹靂だし、毎日が天変地異みたいな感じですよ。

待ったなし。覚悟決めないと明日の朝も起きられません(^_^;)
否応なしに自分の変化を納得するしかないもので・・・。

それでも、これがわたし自身だもんね(^o^)
「コイツ、何気に頑張ってるじゃん」って、
褒めて伸ばしてあげようと思ってます。

長いトンネルは辛いね。
出口には、優しい人たちが待っててくれたみたいで、
ホントによかったです♡

ちなみに、こんな状態でも、母の車椅子を押すと
歩きは安定するんですよ(笑)
腕は最悪の状態になるけどね(-"-)

No:4726 2012/08/03 00:00 | 花梨 #VoJvymjk URL [ 編集 ]

素敵です!

奈津さん、抱えていたお気持ちを解放できて本当に良かったですね。
どんなに回りが何かを言っても、自分自身が解放できないと中々進めないですものね。
やはり奈津さんは奥深いところに強さがあって、温めて出すことができる方なんだと思います。
私にできることは何でもおっしゃって下さいね。

No:4725 2012/08/02 14:13 | nako #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |