26万

23日、月曜日。「腫瘍・血液内科」受診。

ここのところ、足と手のあちこちに、目立った内出血の跡を見つけることが多かった。それも、大き目で赤味の強い痣。
けれど、私はどこにもぶつけた覚えはないし、どうしてこんなに痣ばかりがあるのか不思議で仕方ない。

こういう時。不安になる。

「ああ、又か…」と。

身に覚えのない痣が身体に増えるとき、ITP(特発性血小板減少性紫斑病)の「再発」の危険性が高いのだ。

この4月から主治医から変更になった。お会いするのは今日が二度目。
30代後半の実直そうな、真面目を絵に描いたような…けれど穏やかで優しそうな先生だ。

名前を呼ばれる。診察室に入る直前、祈るような気持ちになる。
採血の結果次第では、又、ステロイドを大量に服薬しなければならなくなるから。

結果。血小板は 26万 とのことだった。充分過ぎる数字。神様に感謝
翌日より、ステロイド(プレドニン)も3mg減量されることになった。ITPの患者にとって、この減量がどれだけ嬉しいものか。
特に私のように、一年三ヵ月も継続してステロイドを服用していると、「ステロイド精神病」&「ステロイドミオパチー」など、様々な副作用に悩まされる。

今では、「病気」そのものよりも「副作用」の方が辛いのではないかと思うようになった。
その一つに、超肥満体があるのだけど…。

決して太ってはいけない「筋ジストロフィー」。
副作用で肥満体になる「特発性血小板減少性紫斑病」。

この相反する二つの病気と付き合っていくことは、大変なことだ。
まだ、半年近くかかるステロイドとのお付き合い。道のりは長い。

P.S.現在のプレドニン、服薬量、 12mg



  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひるスミレの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2012/04/25 23:00 | 特発性血小板減少性紫斑病COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

nako様

これまでは、5mgづつの減量だったのだけど、今後は3mgづつになるんですって。それを主治医に伺った時、ちょっとガッカリしたものの、「いやいや、贅沢を言ってはいけない」と思い直しました^^;

欲張ると、バチが当たりそうだもんねv-356
nakoちゃんは、誉めすぎよー。(でも、有難うv-238

No:4597 2012/04/26 23:41 | Natsu #- URL編集 ]

よかったです!

ステロイド減量、よかったですね。
Natsuさんがご自分に起きる事をその都度受け止めてその後の事を選択し、前進する力は本当に凄いって思います。

No:4596 2012/04/26 12:49 | nako #e.H42Wek URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |