ヒューマン ライブラリー

今年も、この季節がやってきた。

一般的には 「Living Library(リビングライブラリー)」

今年より、正式に名称が変更になったようで、その名は 「Human Library(ヒューマンライブラリー)」

「Human Library」 とは?

ヒューマンライブラリーとは、障害のある人やホームレス、ニートなど、誤解や偏見を受けやすい人々を、彼らと接する機会の少ない人たちに、「本」として貸し出すことで、偏見に対する正しい理解の促進とそれを通した多様性に対して開かれた社会の実現を目指す試みです。

この図書館では、当事者を「Living books」(生きている本)として貸し出します。読み手は普段あまり触れあうことのでいない「本」を借りることで、その語り部である当事者から直接話を聞くことで、自分の持っている固定観念に気づき、新たな視点を得ることが出来ます。

このヒューマンライブラリーは、もともとデンマークで行われた暴力追放をテーマにしたロック音楽祭の企画の一部として始まりました。その後、この取り組への関心は世界中に広まり、現在では世界65ヵ国以上で開催されています。

+++

私が初めてこの企画に参加したのが、昨年の夏。
駒澤大学の学生さんから届いた一通のメールが始まりだった。
それはそれは熱心で、ボランティアといえども、私も誠心誠意「やってみたい!」と思わせてくれる…魅力的なゼミ生たちなのだ。

何しろ初めての経験で、緊張もしたけれど、得たものも大きかった。
お互いに、懸命にぶつかり合ったよね。必死だったよね。余裕もないほどに。何回も打ち合わせを重ねて。


そして、その一ヶ月後、他の大学から、又「Human Library」のオファーが来たのだけれど、こちらは拍子抜けするほどに、事務的で呆気ないものだった。全てが、淡々と進んでいく。駒澤大学で経験済みとは言っても、違和感を覚えたのは事実だ。

そして、その「違和感を覚えた」大学から、二度目のオファー。

「Human Library」は、朝の10時から夕方5時まで、お昼休憩以外は「全時間参加」で行われる。
原則として、貸出し時間は30分。10分の休憩をはさんで、又、「本」である私は30分間の「語り部」となる。
これは、「自分のこと」を語るのだから楽な作業ではない。

私が「com-pass」を立ち上げた理由の一つには「筋ジストロフィーの認知度を高める為」というものがあった。
今回も同じだ。一人でも多くの方に「筋ジストロフィーの患者の日常」を知って欲しい。「理解」までは求めないけれど…。

そういう意味では、どうしても参加したい企画。ボランティアとして、やり遂げたい企画。


開催期日は12月なのだけれど…。

どうにも、父のことが気掛かりで、「YES」のお返事が出来ずにいる。
「それはそれ」、「これはこれ」と…。もっと割り切れる強い精神力が必要なのだと思う。

お受けするにしても、お断りするにしても。覚悟をもってお返事をしなければ。


本当に…。
ここのところの、自分の意気地のなさに嫌気がさしてくる。

私って、こんなにも弱い人間だったんだね。
笑いたい。笑うことを、忘れてしまったな。






  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひるお城の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2011/10/29 00:15 | リビング・ライブラリーTRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |