入院しました。

2月27日、日曜日。
21:00を過ぎた頃から、口の中に明らかな違和感を伴った出血を感じはじめた。
歯茎全体から滲み出る血の量は、段々とその量を増していく。

119番は大袈裟に思えたので、掛かりつけの大学病院に電話をした。

心当たりがあったから。
10年前。私に子宮ガンを教えてくれた「特発性血小板減少性紫斑病」の再発かもしれない…。


※ 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)
血小板に対する自己抗体(自分の体を攻撃してしまう免疫物質)が血小板に結合した結果、網内系(もうないけい)細胞である組織マクロファージにより貪食(どんしょく)、破壊されて血小板が減少し、出血傾向を来す疾患です。
日本の年間発生は1000~2000人、男女比は約1対2で、女性に多い疾患です。ITPによる死亡率は5%以下で、頭蓋内(ずがいない)出血および腹腔内(ふくくうない)出血が主な死因です。自然寛解(かんかい)も数%報告されています。
本疾患は、厚生労働省の難病に指定されていて、申請受理により医療費補助が受けられます。
(goo ヘルスケアより)


確信があった訳ではないけれど、「もしかしたら」という動物的な直感が働いた。
電話は、血液内科の当直の医師につながった。少し話すと、口の中は「血」で溢れてしまって喋ることが出来なくなる。

車で一時間の距離。
それでも「特発性血小板減少性紫斑病」は「血の止まらない病気」なのだから、迷っている時間はないと考えた。

夫がハンドルを握るシートの横で、私はひたすら口の中の血を吐き続ける。
風景は何も目には入らない。

気付いた時には、大学病院の救急外来の受付に居た。

ER室の空気は、私を安堵させる。もう大丈夫。ここでなら、何が起きても死ぬことはない。(多分ね…)
尋常ではない量の血を吐く私の姿を見て、医師たちは一様に頷きながら通り過ぎる。

すぐに点滴のルートが確保された。採血の結果をひたすらに待つ。
日付は28日に変わってしまって、3時間が経とうとしていた。

ようやく電話で話した、血液内科の当直医が現れる。

「特発性血小板減少性紫斑病の再発ですね。血小板は10000を切っています。普通の人は何十万とあるんですからね。今、あなたは生命の危機にあると言ってもいい状態です。このまま入院して下さい」

やっぱりね…という思いと、10000…という数字が頭の中を、ぐるぐると回りはじめた。

そして私は、深夜の病棟を入院するために車椅子に乗って進んでいた。
病室のベッドに横たわった時には、デジタル時計の表示は5:15を示していた。




  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひるジュエルの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2011/03/02 21:20 | 特発性血小板減少性紫斑病COMMENT(10)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

yumiko様

「自然寛解」、されていたら良かったけど。
でも、今回に限っては「危機的な状況」を試練として与えられたのではないのかな?…これで良かった…と、思っているの。

yumiちゃんには、お見舞いのお手間を取らせたけれど。この経験は必ず活かすよ!

No:3799 2011/03/10 16:28 | Natsu #- URL編集 ]

悠梨様

初めまして。お返事が遅くなりました!

悠梨さん!血小板が「2000」って…。余りにビックリしてしまって、何度も「0」の数を数えましたv-356

コメントを頂いたのが6日だから…今はどうされているのでしょうか…。案じています。ご帰宅されて大丈夫でしたか?
一刻も早く入院されて、適切な処置を受けられていますように。ひたすらお祈りしています。

くれぐれも、お大事にして下さいね。

No:3798 2011/03/10 16:21 | Natsu #- URL編集 ]

自然寛解って言葉を初めて知った。
すごいね。

No:3796 2011/03/08 12:33 | yumiko #- URL [ 編集 ]

こんばんわ。初めてこちらのブログに来させて頂きました。
私も土曜日に血液検査の結果がでて、
血小板の数が2000しかないということで明日骨髄検査です…。
きっと受診した時点で入院となりそぉな気もしますが…
私の場合、出血傾向がほとんど診られないので
殴打や怪我に気をつけて…ということで月曜日になったのですが、ITPが一番疑わしいと医師から言われました(;・∀・)
お互いがんばりましょぅ…><!

No:3790 2011/03/06 22:55 | 悠梨 #JnoDGgPo URL [ 編集 ]

アンナ様

ご心配をお掛けしていますv-356
私のもう一つの難病が「特発性血小板減少性紫斑病」なのです。
8年振りの再発でした。まさか…とは思いましたが、今回の発病には何かの「意味」があると考えるようになりました。

入院生活は、結構忙しいものですね。検査に、点滴の交換に…検温に血圧の測定と。気を張って頑張ります!

No:3781 2011/03/04 21:16 | Natsu #- URL編集 ]

びっくり

奈津さん、驚きました!
心配です。どうしてまた奈津さんにこんな試練?
早く良くなりますようにお祈りしています。

No:3780 2011/03/04 20:34 | アンナ #Da0DnTPI URL [ 編集 ]

nako様

検査入院だったら良かったのだけど…。
人間、いつ、何が起きるか分からないものだなぁ…と、今回つくづく思ったよ。胆石には、あれだけ用心したのに、紫斑病で入院とは…ね…。

「当たり前の生活」って、実は有難いことなのだと、今更のように感じています。

No:3779 2011/03/04 08:10 | Natsu #- URL編集 ]

Tama様

Tamaちゃん、お見舞いを有難う。

そう、「特発性血小板減少性紫斑病」は「血の止まらない」病気なの。なので、今回は早めに救急外来を受診したことが命拾いだったみたい。

blogを書ける程度には元気になったのよv-238
朝晩の「輸血」が素晴らしい効果を発揮してる。
元気になれるように頑張るね!

No:3778 2011/03/04 08:00 | Natsu #- URL編集 ]

検査入院なのかと思っていたのですが・・・。

早く安定しますよう祈っています。

No:3777 2011/03/03 10:01 | nako #e.H42Wek URL [ 編集 ]

心配

ええええ、なっちゃん大丈夫?

久々に様子を見にきたら・・・。入院ってタイトルで。
血が止まらない、想像するだけで怖いよ。。 血を吐き続けるなんて。
入院してもチェックできるのかな?

心配だよ。。

血小板が少なくなるっていうことは、血が止まらないということなんだよね??

御大事にね。。近くにいたら御見舞いにいけるのにv-300ね。。もちろんモコ、タマ、るーはつれていかないから。。

心配だみゃ。。

心配。。。

たぶん、会社でプログのブロックがなくなったので、コメント送れると思う。。送れるみたい。。。

No:3776 2011/03/03 01:25 | Tama #4cdyejRQ URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |