2009年12月10日の旅ノートより 「運命の日」

2009.12.10 Thursday

8:30 カヌフラブレックファースト。最高のスムージー。私、歯が痛くて余り食欲なし…。

11:00 プールへ。父の行動がおかしい。

 
 
 
 
 

★‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★::*☆‥∵:*:☆*゚★


ここで、カヌフラでの日記は最後となっています。

この後、父は痙攣発作を起こして意識を失います。すぐに人を呼んで部屋に運んで貰ったけれど、痙攣は止まりませんでした。
島の医師の診察によれば、重篤な状態にあるとのこと。

「緊急で首都のマーレに運びましょう」との指示で、前日、父があんなにはしゃいで写真を撮っていた水上飛行機を、チャーターして乗ることになるとは思ってもいない事態なのでした。

私はプールから上がったままだったので、大慌てで水着を着替えて、お財布と化粧ポーチを持ちました。当然、その日の内に、島(カヌフラ)に帰ってこられると信じていたからです。

それが、この先、予想もつかないほどの滞在になることになるだなんて…。
私たち父子の身に起きるだなんて…。
全く予想もしていませんでした。


この日の日記は、二行です。

首都のマーレから、救急車でADL Hospital の ICU に運ばれて、そのまま一般病棟に移ることはありませんでした。
モルディブは敬けんなイスラム教信者の国です。宗教が、どれだけ人間にとって生きる血となり肉となるのか…。この滞在で、初めて身を持って知ることになりました。

日記はこれで終わりなのだと思っていました。

先日、PCの横の引き出しを片付けていて偶然に見付けた旅ノートです。
パラパラとページをめくっていましたら、今度は ICU 付き添いの日々の徒然が書いてありました。

この頃は、ホテルと病院の往復のみで…父は大丈夫、と思っていたはじめの頃から段々と…内容が逼迫してきているのが分かります。


あの日から、丁度、一年経ちました。

長かったのか、短かったのか…。今でもよく分かりません。
父は今、終末期の病院で療養中です。

帰国して付いた診断名は「脳梗塞」でした。

一年経って…ようやくモルディブの写真を冷静に、眺められるようになりました。



10日






  
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
FC2 blog ランキングに参加しています。一日一回、 あひる をポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2010/12/10 22:13 | 父子モルディブ旅行COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

naoko様

naokoちゃんのお父様もそうだったのね!痙攣発作の恐怖は、経験した人ではないと分からないと思います。

運転中の発作!それは、今、こうしてお返事を書いていても鳥肌が立つほど…「実際にある話なんだ…」とビックリしました。よく、お父様はブレーキを踏まれたね。これは奇跡としか言いようがないと思います。何事もなくて本当に良かった…。

けれど、naokoちゃんの中ではトラウマになってしまっているんだね。

私もね…南の島に発作的に行きたくなるのだけど。果たして、父の運ばれた水上飛行機に乗ることが出来るのだろうかと考えると…凄く疑問。以前ほど、ビーチに惹かれなくなったことは事実だわ。

モルディブの写真を冷静に見るまでに、一年間。こうして時間をかけて向き合っていけば良いんだね。
本当に、いつも有難うv-238

No:3558 2010/12/13 16:53 | Natsu #- URL編集 ]

拍手コメント C様

父の中で、水上飛行機と一緒に写真を撮っている、あの楽しい時間のまま…今も居てくれれば私の気持ちも落ち着くのですが…。

モルディブでの治療は、それは荒いものでした。勿論、医師も看護師も精一杯やって下さっているのは分かります。ただ、医療後進国のあの国での治療は、一気に現実に引き戻されたのでは?

そう思うと切なくて、自分の中で消化出来ませんでした。でも、ようやくね!Cさんの仰るような解釈も出来つつあります…v-22

いつも本当に有難うございます。

No:3557 2010/12/13 16:41 | Natsu #- URL編集 ]

8年前に他界したうちの父も脳の病気が続き、痙攣発作を何度も起こしました。
あれは何度起きても恐怖ですね。
最初の痙攣は運転中に起こし、でも自分でブレーキを踏んでどうにか止まれたんです。
母が同乗してましたが、母もそして他の車にぶつかる事もなく誰も怪我をしませんでした。
これは奇跡だと思いました。きっと神様が守って下さったのでしょうね。

奈津さんのお父様も、不慣れな海外で倒れられたけれど、日本に帰って来られて本当に良かったですね。

私は未だに誰かが伸びをしながら欠伸をする光景が怖いです。これって痙攣起こす時に似ているんです。

美しい海を見ても色々な事が甦ってしまうと思います。
でも少しずつ時間が解決してくれると思います。

No:3554 2010/12/13 12:43 | naoko #e.H42Wek URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |