ようやく、やっと。やっと。

またまた、更新に随分と間が空いてしまいました。


★‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★::*☆‥∵:*:☆*゚★


10月26日の金曜日。
いよいよ父は、「終末期」医療の病院に転院となりました。

昨年の12月10日。モルディブのカヌフラで倒れて以来の入院生活です。

何度、耳にしても馴染めない「終末期」という言葉。

だけれど、今回「終の棲家」として選んだ「医療型療養施設」のK病院は、その理念と院内の明るさと、丁寧な医師とスタッフによるカンファレンス…そして、現場の皆さんの気持ちの充分伝わる「空気」があって、私の気持ちも段々と溶けていくのが分かります。

転院前のリハビリ病院では、父よりも…家族よりも、誰よりも。
私の動揺が激しくて。
ベッドにただ、寝かされたままの父の姿を見ることが切なくて。

まだお喋りをすることが出来て、意思の疎通が取れる父を、(半永久的に)小さなベッドに、ただ寝かせておくことに耐えることが出来ませんでした。

見て居られない。辛い。苦しい。このままでは、私の精神が参ってしまいそうでした。


そんな時に言ってくれた友達の言葉

「奈津はいつも、笑っていなくちゃいけないんだよ。お父さんはね、娘が自分のせいで悲しい思いをしているんだと思ったら、辛くなってしまうでしょう。
お父さんに辛いを思いをさせたくなかったら、奈津はお父さんの側で笑顔でいなくちゃ」

このアドバイスを、はじめから受け止める事が出来た訳ではありません。
けれどね。
私が、父のことを心配で…心配で…心も暗く病室に足を運ぶ時には、確かに父は眉間に皺を寄せているのです。

それが、ある日。「そうだ。父の前では、笑顔でいよう」と心底思えた日があったのです。

そうしたら。
父の眉間から、この日は皺が消えていました。本当に本当に驚きました。

私の出来る親孝行は「笑顔でいること」。


★‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★::*☆‥∵:*:☆*゚★


あの日の空は青かったね。

海



それが旅行の最終日、突然倒れてエアタクシーで首都のマーレに搬送されて。ずっとICUに居たんだよね。
この写真は寝ているけれど、寝てばかりもいられなかったね
インド人のスタッフと懸命に英語で話していたのを、思い出したわ。

病室jpg



そして、年末、とうとうストレッチャーで飛行機に乗って帰る事になったね。
こんなに日焼けしている病人は、なかなか居ないよ

ストレッチャー



日本から医師と看護師も派遣されて、大がかりな搬送だったよ。
帰国出来ただけでも、奇跡のように思えたね。


いつも思い出そう。懐かしい、父と最後に旅したモルディブを。


水上コテージ



私の出来る親孝行は「笑顔でいること」。


この日をきっかけに、私は随分と強くなったと思います。
父のことを誰かと話す時、思わず涙していたものが…最近では泣かなくなりました。

自分で「乗り越えた」と、ハッキリそう思います。

それは、今の病院に出会えたから。

最初に病院を見学に行った時に、ソーシャルワーカーさんが仰ったのです。

「こちらでは、『人間らしく生きること』を一番に考えて患者様に接しています」

老いても尚、人間らしく生きること。
生かそうとして下さる場所があるのは、素晴らしいこと。

今回の「戦い」は長く、苦しいものだったけれど、「願えば叶う」という言葉を久し振りに心に思い浮かべた、ここ最近でした。

今は思います。諦めないで良かった。


これからは、私の大好きな「新撰組の土方歳三」出生の地にあるK病院に、出来る限り父に会いに行こうと思います。





  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるクローバーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります




2010/11/07 23:55 | 父のことCOMMENT(9)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

奈津さん~、奈津さんの心底には物凄く熱くて大きなエネルギーがぐらぐらと煮え立っているように感じました。

ここに至までの奈津さんを皆さんがずっと見ています。
誰もが奈津さんの力の大きさに圧倒されていると思います。

今日は小さな事でへこたれてました。
勇気と希望をありがとうございます。

No:3486 2010/11/11 00:01 | nao #e.H42Wek URL [ 編集 ]

あすか様

そうなの!あすかちゃん!あれから一年!経つんだよ~。
「あれから一年」て、気付いたのは、つい最近なの。まだまだ昨日のことの様にも思えるし、遠い昔の様な気もするし…。

私も必死だったけれど、皆にも相当な心配をかけたよね。モルディブの医師は「春になれば日本に帰ることが出来るでしょう」と言っていて…。あの時は本当に焦ったわv-356

一時は父の回復が見込めないことに絶望していたけれど、視点を変えて前に進むことも大切だよね。今、私、本当に気持ちが楽になった。

これからは、気をしっかり持って頑張ろうと思うよ。いつも有難うv-22

No:3482 2010/11/10 11:24 | Natsu #- URL編集 ]

あれから1年経つんですね。
あんなに遠い異国の地で、どんなに心細いだろうかと、なっちゃんを心配することしかできなかった日々・・・。

温かい雰囲気の病院が見つかって本当に良かったです。

今、この時を感謝して生きること・・・。
近頃、そのように強く思うようになりました。

No:3479 2010/11/09 22:27 | あすか #rP1M5w.Q URL [ 編集 ]

マッキー様

マッキーちゃんにも、本当にご心配をお掛けしました。

本当に…。信じられないけれど、あれから「一年」経つのよ。時々ね、あのイスラムの国に一ヶ月近くも暮らしていたのだと思うと、それだけで、「よくやった!」と自分を誉めてあげたくなったりもするよ^^;

でもでもね!本当に皆のお陰でここまで来られたの。私一人だったら、とっくに精神が壊れていたと思う…。

あ!救われたことの一つにね。マッキーちゃんの「カナダ旅行」があるんだよv-238
あの帰国当時はボロボロだったマッキーちゃんが、次第に立ち直っていく姿。そして最後には、あんなに素敵な「思い出のアルバム」も作っちゃってv-352

そのことも、考え方を変えるきっかけの一つだったの。
思い出を「良く」も「悪く」もするのは、自分次第なんだなぁって。
だから本当に…イッパイ、有難う。
あの病院に居られる父は幸せだと思えるようになったし。これはね、凄い進歩なの。

去年の12月10日は、モルディブの島で父が倒れて…首都のマーレでの入院生活が始まった日。何か、記念のイベントをしようかなv-300 よく一年、頑張りましたって。
うん、そうしてみよう!あれが全ての始まりだったんだものね☆ (我ながら、凄い前向き^^;)

No:3478 2010/11/09 11:56 | Natsu #- URL編集 ]

日日是好日@ゆうこ様

やっと…です。
ゆうこさんは、辛抱強く、ずっと温かく見守ってくれていたのだなぁと思うと…ちょっとジンとしました。最初の頃から言ってくれる言葉は、基本的には変わらないものねv-238

フフフ。ところで、殿!いいーのよ、いいーのよ。
「入院しない方の彼女」でしょ?「入院しない方のオバサン」じゃないんだから(笑)
お心遣いに感謝しちゃうわ。

本当にどうも有難う。今は、父に「会いに行かれる日」が前日から楽しみになってきたよ。
父に対して、冷静な気持ちを持てるだけの「温かさ」を備えたK病院に感謝なのですv-352

人間て…変わることが出来るのね。皆のお陰で、ここまで来られました。有難う☆

No:3476 2010/11/09 00:01 | Natsu #- URL編集 ]

れんげ様

随分とご心配をお掛けしました。長かったよね…、いや、短かったのかは、今の私には分からない。

けれど、あの頃よりも、確実に時間は過ぎて…それなりに「時間」は流れているんだね。

> 体が元気でいても 心が辛いと 『人間らしく生きること』がとても難しいと知った最近の私の出来事。

そうだよね。身体が辛いのは寝れば治るかもしれないし、しんどい時は家でゆっくり休めば良い。

けれど、心はそうはいかないもの。対処方法を間違うと、とんでもないことになってしまうからね。

私はきっと、もう大丈夫。
後は、れんげちゃんが、安らかに「心の健康」保てるように…お祈りしているからね。

これからも!お互いに頑張ろうねv-22

No:3475 2010/11/08 23:49 | Natsu #- URL編集 ]

あれから、もう1年が経つんだね。
旅先で、お父様が倒れたっていう報告を聞き、心配で毎日のようにここを覗きに来てたことを思い出します。
この1年、とても忙しく、辛い思いも一杯したね。
でも、お父様が心穏やかに過ごせ、Natsuさんも安心してお任せできる病院が見つかって本当に良かった。

その安住の地で、Natsuさんとお父様の笑顔が溢れますように。(*^-^*)

No:3473 2010/11/08 18:32 | マッキー #L9ACpnHw URL [ 編集 ]

やっと・・だね
昨日、殿が入院しない方の彼女はどうなってるの?って(笑)
いい加減、名前も覚えてくれないと情けないんだけどゴメンね
その内、落ち着いたって報告があるよって話した所よ
寒々とした季節に突入だけど
暖かい気持ちで迎える冬は、過ごしやすくなるかもしれない
是非、そうであって欲しいと願います。
土方さんの生まれたところなのね
近くて、良かった!!本当に良かった!

No:3472 2010/11/08 15:13 |  日日是好日@ゆうこ #SFo5/nok URL編集 ]

よかった・・・本当によかった。

なっちゃんの笑顔が戻って お父様もきっと安心なさっているね!!

体が元気でいても 心が辛いと 『人間らしく生きること』がとても難しいと知った最近の私の出来事。

なっちゃんとお父様には 心の元気を満喫して欲しいと 切に思います(*^-^*)

No:3471 2010/11/08 06:44 | れんげ #uvrEXygI URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |