訃報

たった今、知りました。


俳優「佐藤慶」の訃報。

芝居に夢中だった「文化学院時代」のことが、脳に一瞬フラッシュバックして…泣けてきます。
佐藤慶さんは、文化学院時代の同期のお父様なのです。


佐藤慶



学院の公演中、子煩悩な佐藤慶さんは…一生懸命にご子息の出演する舞台をカメラに収めていらっしゃいました。
あの姿が忘れられません。

演劇界の重鎮でありながら、私達「演劇コース」の自主公演・卒業公演には何度も「観客」としていらしていた親心。
私たちも、「親を亡くす」…そんな年齢になったのだな…と思ったら、こみあげてくるものがありました。

葬儀は近親者のみで行われたとのこと。
私は友人に、お悔やみのメッセージの伝言をお願いしました。

心より、ご冥福をお祈り致します。




 ニヒルな名わき役、俳優・佐藤慶さん死去 (読売新聞 - 05月06日 12:00)


知的でニヒルな風貌(ふうぼう)で、存在感ある脇役として数多くの映画、演劇、テレビで活躍した俳優の佐藤慶(さとう・けい=本名・慶之助=けいのすけ)さんが2日午後4時19分、肺炎のため亡くなった。81歳だった。

告別式は近親者で済ませた。喪主は長男、純さん。


福島県会津若松市出身。県立会津工業学校卒。終戦後、会津若松市役所に勤めるが、演劇活動に熱中して退職、上京した。1952年、俳優座養成所に4期生として入所、同期に仲代達矢さんらがいた。

59年の映画デビュー作「人間の条件・第三部、第四部」(小林正樹監督)で、インテリ脱走兵を演じて強い印象を与えた。その後も「切腹」「怪談」「日本の青春」などの小林作品に出演、「東京裁判」ではナレーターを担当した。


また、大島渚監督の「青春残酷物語」「太陽の墓場」「日本の夜と霧」「白昼の通り魔」などに続けて出演、大島作品にはなくてはならぬ存在となった。そのほか、新藤兼人監督「鬼婆」、今井正監督「武士道残酷物語」などに好演。ヤクザ映画やアクション映画などでも印象的な悪役として強烈な存在感を示した。

大胆な性描写を含む81年の武智鉄二監督「白日夢」に出演して話題になったこともあった。その後もさまざまな映画やドラマで、重鎮的な役を演じ続けた。

テレビドラマでもNHK「太閤記」「ザ・商社」、NET(現・テレビ朝日)「白い巨塔」などに出演。日本テレビ「知られざる世界」などのナレーターとしても活躍した。




2010/05/06 17:53 | 訃報COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ジェイ様

ジェイさん、ゴメンね!驚かせちゃったね。

佐藤慶さんは、私の大好きな役者さんで…文化学院の同期のお父様でもあったの。
公演の時、私達学生の「自主公演」やら「卒業公演」やらを、わざわざ観にいらして下さって。愛情深いお父さんよね。

慶さんが客席にいらっしゃると、演者(私)の方が緊張してしまったりして^^; とても素敵な役者さんでした。

これからは、タイトルに気を付けるね。
コメント、有難う。

北林谷栄さんも亡くなってしまったね。ご冥福をお祈りします。

No:2844 2010/05/10 02:18 | Natsu #- URL編集 ]

相変わらず元気だよ

Hello
佐藤慶さんは時代劇やサスペンスで観たことがありますが80代とは思えないですね。名優たちが去っていくのは寂しく思います。
なっちゃんタイトルの『訃報』には誰?!と、びっくりしたのでおどかさないで?!ね(-.-;)

No:2840 2010/05/07 14:53 | ジェイ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |