本当は昨日、早朝5時に家を出る予定だった。
けれど、父の入院先の病院には8時半に着けば良いのだと私が主張して、出発は6時半になった。

弟が、車で家まで迎えに来た。

約束した時間に遅れるだろ!と弟に文句を言われつつ、夫婦共に車へ。

今日は、父の転院の日だ。
昨年の12月10日。モルディブで倒れて以来、脳梗塞と診断されるまで約一ヶ月。

奇跡とも思えるようなタイミングで帰国したのが12月28日。

それから季節は、二度過ぎた。


病院には、約束した時間よりも早めに着いた。

病室に行くと、父が泣いている。衝撃だった。
私は父の涙を、これまで一度しか見たことがない。

母を亡くしたとき。もう。34年も前の話になる。
あの日以来の、父の涙。

父は、この病院を出たくないと言う。あれ程、病院嫌いだった父なのに。
誠意のある看護を受けていたのだろう。

私に背を向けて車椅子に座っている、父のうなだれた姿。

その涙は、拭いても拭いても…又、頬を伝う。

これだけ「感謝」の出来る病院に巡りあえたことを幸せに思おう。
看護師さん達の、誠意と愛情。

「どうしたの!そんなにお別れが寂しいの?」

冗談めかして、明るく聞いてみるのだけれど。

すると、父は黙ったまま「うんうん」と頷く。


切ないお別れ。
でも、大丈夫。泣いてしまうほど「寂しい」感情が起きるのだもの。
だから、お父さん。元気になったら、又、遊びに来ようね
お礼を言いに、またご挨拶に来ましょうよ。

帰国後は、保険のこともあって、なかなか信用することの出来ない病院だと身構えていたのだけれど、「現場」はそうではなかった。愛のある看護をして頂いた「結果」なのだなぁ…と胸が熱くなる。

転院は、弟の車で父を運ぶ。父にとっては4ヵ月ぶりのドライブ。
か細い声で「楽しい」とは言っているけれど、ちょっと苦しそう。

私達夫婦の住む家の近くのリハビリ病院に転院した父は、やはり酸素濃度が薄くなっていて…その日は経過観察になる。点滴のルートもとれないほどに血管が弱っているのだと医師は言った。




カヌフラ

(倒れる数日は、こんなに元気だった父)




私は「願い」を諦めない。

一時期、「ご自宅には帰ることが出来ません」と言われたけれど。
胃ろうの手術もしたけれど。

今では、ちゃんと口で「食事」を採っている。
大分、意思の疎通も出来るようになった。

前を向いて頑張ろう。
たった一人の父だもの。

「その時」が来るまで、私は絶対に諦めない。

明るい、父の笑顔を見られるようになるまでは。




  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるクローバーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2010/04/22 09:30 | 父のことCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

サラ様

あれ?HN、サラさんになったのねv-238
一瞬、誰かと思ったよん。サラさん、これからも宜しくね!

今、家の父とサラさんのお父様は似たような感じなのかなぁ。もう質問したいことがイッパイ!

何しろね…父の涙なんて滅多に見ないものだからビックリしてしまって。
サラさんのお父さんも涙するんだね。

今回、脳梗塞で倒れて以来、昭和生まれの頑固親父は、どこへやら…。
今は素直で可愛いくさえ思える^^; 

お互いに、親孝行出来る内は頑張ろうね。
家も退院後は「同居」が前提の入院なのだけど…v-356
全く自信がないよ…。相談にのってね。

※ 放送日は、NHK 教育 4月28日(水)20:00~20:29
私は29日もコメンテーターで出演しているので、宜しければ両日見て下さいましm(__)m

No:2789 2010/04/23 00:10 | Natsu #- URL編集 ]

父の涙

お父様、よくしてくれた慣れた病院とのお別れの寂しさと、新しい病院への不安とで…思わず…だったんでしょうね。

父も最近、涙を流すようになりました。
きっと家族の前だから感情が素直に出るのだと思います。
次の病院もきっと大丈夫!なっちゃんの近くにいれるしね。

放送日!教えてね~!

No:2787 2010/04/22 18:24 | サラ #87bkAwh2 URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |