命がけの一日 - 薬編 -

午後。夕方に近い時間だったけれど。
家を出る時には、雪が降り始めていた。

首都高が赤坂プリンスに差しかかる手前、右手に見える近代的なビルの屋上の看板には「2℃」という数字が電光掲示板に明るく映し出されている。
雪がまじる雨の中。
重くどんよりとした雲の中に浮かぶ「2℃」。




Motoko Alexander 雪


PHOTO ST  by Motoko Alexander


今は4月。
先日は、暖かな日射しの中、お花見を堪能したというのに。

季節は行ったり来たり。

この歳になって活動を始めた「親不知」。そのために…首都高を使っての歯医者通いの日々にも、少し慣れてきた。

私には19日までに、どうしても「顔の腫れ」を引かせなければならない使命がある。
大袈裟だけれど、本当に「使命」なの

15年来、お世話になっている先生に。

「この腫れは引きますか?」…と尋ねると。
「いや!引かせます!」…と、何とも心強いお言葉。

それなので、私はこの先生を信頼している。私が紹介した友人たちも、10人はとうに超えた。

歯医者へ向かう前に、近所の内科に寄る。

昨日、歯医者で処方された薬に「ビオフェルミンR」というものが必要であったため。
私は抗生物質を服用すると、必ずお腹をこわしてします。なので、どうしても「ビオフェルミンR」が必要になる。
この薬は、抗生物質に合せて服用する時に、効果を発するのだと聞いた。

すると、内科医は、歯科で処方された抗生物質の名前を見て唖然としている。

「うーん。これは、内科では絶対に出さない薬ですね…。まぁ、歯科の判断なら仕方ないと思いますけれど」

理由を尋ねると、この抗生物質は「重症筋無力症」の患者が服薬した場合、命を落とす危険性があるということ。

私は一瞬、自分の心臓がドクドクと音を立てているのが分かった。

筋ジストロフィーと、重症筋無力症は、全く原因が別に起こること。
なので、同じ「筋疾患」でも、私はその抗生物質を服用しても、一応は何も起こらないであろうこと。

薬を処方して貰うのも、命がけだ。

誰でも、何かしらの疾患を抱えているかもしれない。
その時に、医師にはハッキリと「自分の病歴」を話すことが、とても大切なことなのだと実感した。

私はね、特に椅子に座っていると、とっても健康そうに見えるらしいので…「私の身体」を分かって貰うことも一苦労

薬に対しての無知。
知れば、恐くて安易に薬の服用は出来ないはず。
「歯が痛いから」

何となく軽く聞こえる症状でも、安易に服用してはいけないのだ。

病気を治すのも、命がけ。
けれど、この件はクリアした。

でもね。
まだ、これでは終わらない。

4月16日という一日は、命がけの一日になる。

だってね。
雪まじりの雨の中。一人で都心を掛け回るのだもの。それも、夫のお父さんの車をお借りして。

「命がけ」の理由は、お父さんの車には「カーナビ」が付いていないことにある。

はぁ。
今、こうして自宅のPCでblogを書いていることさえ奇跡に思える。

お昼過ぎに家を出て、帰宅したのは23:00頃だった。

あぁ。
とにかく無事で良かった。


  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるクローバーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります



2010/04/17 01:33 | 病気のことCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

アンナ様

アンナさん、こんばんは☆

> 薬の組み合わせでホントに危ない目に合いましたよ。

え?アンナさんも!やっぱり、薬は「良薬」でもあるけれど、「毒」にもなるんですね…。恐い。私達に限らずに起こることですもんね。
本当に、患者本人がしっかり自覚を持たないと危険v-40

昨日の雪!アンナさんの方では雪になりました?ここはね、「東京都下」なので、「雪」なんです。色々な人が「春のみぞれ」って書いているけれど^^;

さすがにね。痛い程の空気の冷たさだったのだけど、人間、一度に何個もの災いは神様が見逃して下さるのかなぁ。
風邪はどうにか免れました。アンナさんは?

色々なこと、心配です。掲示板にもお邪魔したのだけど、考え過ぎてコメント出来ずv-356
世の中に理不尽なことは沢山ありますね。やっぱりね、諦めないで!とアンナさんに言いたいv-238

家の父は、私がナースステーションで6時間も喋り続けたお陰か…やっと転院が決まりました(涙)
これから、やっとやっとリハビリです。

だから、アンナさんも絶対に諦めないでね。信じてね。応援していますv-238

No:2774 2010/04/18 02:51 | Natsu #- URL編集 ]

けめ様

けめちゃんの仰る通り「無事のご帰還」が奇跡のよう^^;
そうそう!自分の車と勝手が違う!今回、そのことを実感したよ。お父さんの車の方が、断然走り易かった^^;
それは、セダンだからかなぁ。
けれど、これじゃ車椅子v-117積めないし…なんて考えながら走っていたの。

> 慎重を期すに越したことは無いと思います。

本当ね!れんげちゃんに読んで欲しいわぁ、ここ!(笑)
けめちゃんなら、安心v-430 しっかり者だしねv-237(あ、れんげちゃんが、しっかりしてないってことでは無くってよ^^;)



No:2773 2010/04/18 02:39 | Natsu #- URL編集 ]

れんげ様

本当ね!昨日の雪を目にした瞬間。「地球は滅びるのかなぁ…」と考えちゃったv-356

ああ~、もう。れんげちゃんの言うこと、全て分かる!確かに「どうせ書いても分かんないだろうなぁ…」なんだけれど、「筋肉を弛緩させる薬は危険」と聞いてから、必ず「病歴」に書くようにしたのよ。

今回のことでね。
「自分の身は自分で守るしかない」とつくづく思ったわ~。
れんげちゃんも、ちゃんと書いてねv-433 きっとよ。

No:2772 2010/04/18 02:27 | Natsu #- URL編集 ]

世の中の奇妙な話に聞こえる毛ど、薬の組み合わせでホントに危ない目に合いましたよ。あの時以来病名を知らせるとともに服用している薬のメモを持ち歩いています。
今年の春はどこへ??
2度の時の外出が辛かったでしょう!
風邪を引きませんでしたか?

No:2768 2010/04/17 17:06 | アンナ #gg2deisU URL編集 ]

無事のご帰還で何よりでした。
首都高も事故や一部通行止めで大変だったみたいだし、
あのシャーベット状の雪って恐怖だよね(-_-;)
それより人様の車って微妙に感覚が違うから余計に神経使うしね。

私は半年に1度の歯科クリーニングの際にも、
先生は重々承知の上でも罹患名‘筋ジス’って毎回書いてますよ。
麻酔薬や筋弛緩的作用がある薬は
慎重を期すに越したことは無いと思います。

通院気をつけてね。お大事にv-238

No:2767 2010/04/17 12:51 | けめ #AZXm.WLo URL [ 編集 ]

お疲れ様だったね!!
ここのところのお天気は 本当に異常だよ(×_×)

初めてのお医者さんへ行ったら「今までにした 大きな病気」とか書くところがあるけど
どうせ 書いても分かんないだろうなぁ・・・って思うし 自分で大病と言う意識が無いから「なし」って
書いちゃうことがある(;^_^A

これからは ちゃんと書くわヾ(_ _*)ハンセイ・・・

でも 書いても大抵は「何ですか?これ?」って感じだけどね(- -;)

No:2766 2010/04/17 07:57 | れんげ #uvrEXygI URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |