ガーデンシクラメン

本当に、ここのところの私はどうかしていた。

「どうかしていた」なんてものじゃない。

2009年12月の一ヶ月間、非現実的な空間に居たせいで…私の頭は混乱して…心までも本当にオカシクなってしまった。


私の趣味は「ガーデンニング」 薔薇 のはずだったのに…。

今の庭は荒れ放題。
その荒れ果てた光景を見ても「何も感じない」。

何をどう考えて生活すれば良いのか…それすらも分からなくなっていた。

けれど。
ふと、ある日の帰宅時に目に入ったガーデンシクラメンのコンテナ。
放りっぱなしで、全く手を掛けず、そこに何かが植わっていたことさえ忘れている。

それが。
元気の良いシクラメンが、コンテナの半分を白で埋めて、その場だけを華やいだ空気にしていた。

そうか。
ゴメンね。アナタ達の存在も忘れていたと言うのに、こんなにも毅然と咲き誇っている。白い花を真っすぐに、空に向けて。

しっかりしよう。
生活を立て直そう。

「誰かに言われて」ではなくて、初めて…心から本気でそう思った瞬間だった。

気付けば、部屋は乱雑で…とても急なお客様を部屋には通せない。
これではいけない。駄目になってしまう。

健気なガーデンシクラメンは、私に教えてくれた。

いつまでも浸っていないで、頑張ろう!前に向かって進んで行こうよ!

そうだよね。去年の春には、こんなに手を掛けていたアナタたちだもの。




去年のシクラメン




有難う。
思い出させてくれて。

頑張るね、前を向いて。

これから解決していかなければならないことは、沢山ある。
私には「com-pass 女性筋疾患患者の会」の仕事もある。

白い花だけが残ったコンテナ。

きちんとお花を植えたら、また写真を載せよう。

何色を組み合わせようかな。楽しみだわ。

これまでも、きちんと出直すことを誓ったつもり。
その「つもり」を「行動に移そう」と決心させてくれた健気なガーデンシクラメン。



  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2010/01/24 23:30 | 独り言COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

マッキー様

マッキーちゃん!「冷静になれた」のは、皆のお陰よe-415 本当に。
凄く感謝しているの。熱くカッカとしたままで、父の胃ろうに関しては、大きな間違いを犯すところだった。
きちんと「胃ろう」に関して病院に説明も聞いて来たし、今度はサインをしに行くの。

今後の「長期療養型病院」も探して頂いている最中だし、色々なこと、同時に進めていかなくちゃならないね。

知識豊富、経験豊富な仲間に恵まれて幸せだわe-415

お花もね、「父一直線」になると、凄く疲れてしまうので。リラックスするためにも必要だと思って。
マッキーちゃんの言うように、少し余裕が出て来ました(笑)

人生に試練って沢山あるね…。まだ、あるの!?って感じだけれど、それこそが「人生」なのかもなぁと思う今日この頃でした。

又、色々教えてねe-420

No:2468 2010/01/25 19:50 | Natsu #- URL編集 ]

けめ様

けめちゃん、貴重な経験談を有難う。

確かにもう、既に「転院」の話にはなっているの。ソーシャルワーカーが、父の場合は『長期療養型病院』でなければ受け入れは難しいと言って、探して下さっているの。

只ね…。しつこいのだけど、今はまだ「本当のこと」が分かっていない。父の正確な状況をお聞きして、本当に今後どうするべきのかを、きちんと確認してくるね。

「想いと行動のギャップ」ね…。凄く分かる。父に「こうしてあげたい」という思いは色々あるけれど、実際に、今まで父が独り暮らしをしていたマンションに返せるか…というと、それは実際問題、難しい。

親孝行という名の自己満足と(けめちゃんは違うよ!私の場合ね^^;)、実際に環境を整えていくこと。

大分、冷静になったので…頑張ります。

そうそう!お花にも優しくしなくちゃねe-256
応援してくれて、もうホントに感謝☆です。

No:2467 2010/01/25 19:39 | Natsu #- URL編集 ]

お父様のこと、具体的にいい方向に進んでいるかな?
お花に目が向けられるほど、Natsuさんに余裕ができたことはとってもいいことだね。
でも、お花が枯れるのも可哀相だけど、お父様のことはもっと大事。
胃ろうのこともその後の生活のことも、後で後悔しないように進めて下さい。
3ヶ月経って退院を迫られて、「時間がな~い!」ってオロオロしないように、今できることをして下さい。
応援しています。

No:2466 2010/01/25 18:20 | マッキー #69Ur9rbI URL編集 ]

お疲れでしょう・・・

急性期を過ぎると、病院側は長期入院は点数が減らされるので退院(転院)を迫ります。

義父の場合は、普通3か月のところを、
私達が遠方の為、ご厚意で6カ月おいていただけました。
その間、ケースワーカーさんが幾つか長期療養型病院を探してくれました。
私達も、こちらで数軒施設を見学に行き、順番待ちもしました。
すぐに入れる所は、ちょっと高めでしたが要介護5の義父を看れない私達には有難かったです。

転院の際、1度だけパジャマを着替えさせましたが
筋力低下の私には前傾姿勢での看護はとても大変な事です。
綺麗事では済まされない、想いと行動のギャップは家族にとっても辛いですよ。

胃ろうにしても、回復傾向の時は口からの食事も出来ますしね。

何より、お父さんが苦痛なく、快適な闘病生活を送れるように環境を整えてあげて下さい。
そして、Natsuちゃん達(夫婦・弟さん)も心穏やかに過ごせる事も大切なことですから。

お父さんにも、家族にも、花壇にも優しい想いでいられますように。
応援してます。

No:2465 2010/01/25 13:03 | けめ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |