「18日現在」

皆様には、ご心配をおかけしております。

やっと、やっと…精神的に立ち直りました!
私がしっかりしなくちゃ!って。

夕べは相当落ち込んで、落ちるところまで落ちました。

未だ意識のハッキリとしない父(英語とスペイン語、日本語の言葉は発します)
。快報に向かっているとは…とても思えない状況に。

私さえ、「娘のエゴ」として「親孝行」の名の元に…父と旅行にさえ出掛けなけ
れば良かったのか。
私が父の命を奪おうとしているのだろうか。

眠れぬ夜、一人、考えました。
答は「NO」でした。

カヌフラというリゾートに滞在した父は、本当に幸せそうだった。
「世の中には、こんな楽園もあるんだなぁ。よし!来年もカヌフラに来られる様
に、健康に気をつけて一年を過ごそう」
そんな事を…しみじみと…毎朝、毎晩言っていた。
私も、父のそんな言葉を聞いて嬉しかった。

そして。
父は、カヌフラの日本人スタッフのMIKI(美しく、知性と行動力があって…とて
もハートフル)と約束した。
彼女が仕事で来年、日本に帰国する際には「僕が行きつけの鰻屋に案内するよ」
と。
こんな幸せがある?
世界で最高の「カヌフラ」というリゾートに出会い…強く心を惹かれ。
これこそが、78歳の父にとっての「生きる目標」になったのだから。

私はカヌフラに着いた翌日、流れ星を見ました。その時、咄嗟に心に浮かんだ願
い。
「どうか父が、健康で長生き出来ます様に」

あの時、私は確かに祈った。願いは届くはず。
私がしっかりしなくては。泣き言ばかり言ってはいられない。

段々と、こちらの生活にも馴染んで来ました。
色んな人の助けと思いやり、手助け。
STワールドのスタッフは、父が救急搬送された日から変わらずに、今も一日二回
の病院への見舞いに付き添ってくれます。
そのせいで、残業することになったとしても。
私よりも、親身になって…心を尽くしてくれます。

前述の「カヌフラ」のMIKIは、父と私に未だに心配して手紙を送ってくれます。
父はMIKIからの、美しいカヌフラの絵葉書を…ずっと握っていました。

日本人以外のお友達も何人か出来ました。
滞在中のホテルの若くてチャーミングな女性スタッフは、「何か困った事があっ
たら電話して」と番号を教えてくれます。
ううーん、有難う。でもね、私には電話で会話出来るほどの英語力はないのよ…

けれど、その気持ちが心に沁みます。
他のスタッフも同様です。
「今日のお父さんはどう?」
ロビーに降りると、必ず聞いてくれます。

だから、思えます。
「私がしっかりしなくちゃ!」ってね!

以下は、先日、主人に送ったメールです。
こんなにも逼迫していたのです^_^;

「主人宛てメール」

昨日は、最低最悪に落ち込んじゃった。ICUに居る父の隣のベッドの若者が…私が
丁度病院に行った時に亡くなったの。ずっと脳死状態みたいだったんだけど…日
々、心の中で「頑張って!」と祈っていた人だったので、ショックが大くて。
父が相変わらず…意識混濁状態だから、尚更だったと思う。病院に行く度に悲し
くなるよ。
でも仕方ない!現実を受け止めなければね…。

医師によると、日本に帰国出来るのは…数ヶ月先になるかもしれないとの事。
精神的に逼迫しています。
ICUを出て、個室に移ると私は父に24時間、付き添わないといけないそう。
考えると、どうして良いか分からなくなるけど…滅多に無い親孝行の機会だと思
って…誠心誠意、看病ようと思う。(ちょっと強がり)

モルディブは最高の楽園だけれど、入院するところではないね(-_-)
首都マーレでは、イスラムの世界にかなり戸惑う。
アルコール自体、この国では一切禁止。肌を見せてはいけない。
私が普段、処方されている安定剤は、全て「麻薬」とみなされて、検閲で没収さ
れる…。
おまけに私の英語力…(+_+)
ホテルではどうにかなっても、Drの英語は分からない。
今は、こちらのツーリストの方が必ず付き添ってくれるので、どうにかなってい
るけれど…。
泣き言ばかりのメールになってしまってごめんなさいよ。

ま!モルディブに行く!と決めて来たのだから、覚悟が必要なんだよね…。

「誰が選んだ道でもない。自分で選んだ道なのだから」by 女の一生

という事で、長々と泣き言を言いました。聞いてくれて有難う!

風邪に気をつけてね!
by NATSU


と、言うことで!
やっとやっと、どうにか本気で「頑張ろう!」という気力が湧いてきました。

ご心配とご迷惑をおかけしているお詫びは…父が元気になったら考えます。
(相変わらずの勝手をお許し下さいませ)

奇跡が起きて、年内に帰国出来る日を願って。

Natsu

2009/12/18 23:12 | 未分類COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

Natsuさん体調は大丈夫??
海外はただでさえ非日常だもの、入院なんて想像するだけで心細いですよね…。
Natsuさんも体がきついのではと心配です。
とにかくお父様の回復とお二人の無事の帰国を祈ってます。応援してまーす!!

No:2349 2009/12/21 16:28 | りんごじゃむ #q8zluuv. URL [ 編集 ]

マーチンさんにメールを送って、ブログを更新してくれてるんだね。
様子を教えてくれてありがとう。

イスラム教ってお祈りの時間があるんだよね。
私が会社に勤めてた時、マレーシア人の研修生が来たの。
お祈りするために、時間になると特別に更衣室に行ってお祈りしてたよ。
あと、1年に1回、1か月ぐらいの断食(水は飲む)もしていたな。
それもイスラム教の習わしなんだろうか?
見慣れないと戸惑うよね。

お父さん、早く意識がハッキリしてくれるといいね。
救急搬送された時、嘔吐したって書いてあったけど、脳梗塞か脳出血起こしたとか…じゃないよね?
もしそうなら、半身麻痺や言語障害が出てるかも知れないので心配しています。
心配性の私の、思い過ごしならいいんだけど。
Natsuさん、元気を出して頑張ってね。
応援しています!

No:2348 2009/12/19 22:01 | マッキー #L9ACpnHw URL編集 ]

やはり薬が・・

お父さんのことも心配しておりましたが、Natsuさんの薬などはどうなっているのかな?っと思っていました。
向こうの病院で処方されたらいいのですが・・・・
と思っていましたが、安定剤は没収ですか。。。

Natsuさんも、今は気が張っているから大丈夫そうだけど、無理をしないでお身体に十分気をつけてお過ごしくださいね。
お父さんとともNatsuさんもお大事に。

No:2347 2009/12/18 23:48 | ゆず #mQop/nM. URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |