酒を憎んで人を憎まず

困ったものです。父です。
こんなことになろうかと思ってはいましたけれど、ちょっと甘く見ていました。

シツコイけれど…。
突然、「訪問介護センター」に、週7日の訪問を切られてしまったのです。

「お一人暮らしは無理ですよ。施設の入所をお薦めします」

大抵の老人施設って、「入所金」500万円ですよ。泣けてきます 号泣

突然、そう仰られても…今、路頭に迷う子羊(図々しい?)のような気分。
ヘルパーさんが来て下さらなければ、父の一人暮らしは無理なのです。
父の本意ではないにしても、今はとにかく、夫と住む家に居て貰っています。

父の願いはただ一つ。
「自分の部屋に帰してくれ」

だけれど、そんなことをしたら、「来るべきその日」がすぐにやってくるであろうことは容易に想像が付きます。
私たちは、父と一緒に楽しく生活したいだけなのに。
昭和一桁の男は、やはり「気の向くまま」生きていたいのでしょうね。

コメントに頂いた言葉。

「それでも孝行できる対象が有ることは幸せな事だと思うのです。お互いに、この長丁場を乗り切りましょうね」

私はこの言葉に救われた気がしました。

ただ、考えてしまいます。父は「親孝行」とは思っていません。「余計なことをして!」と、見知らぬ土地に幽閉された気分のようです。
お酒に恋、焦がれてしまっているのでしょうか。もう、一生分は飲んだよね?と主治医は笑って言っていたけれど…。


Shenry D

PHOTO ST  by Shenry.De

せっかく父のためだけに用意した夕食。
多分、「食べたいときには、自分で食べる!」タイプなので、この「規則正しい」生活が窮屈なのだと思います。

父のためを思って。
それで、迷惑がられて。この不条理。

やっと今日、アルコール依存症の外来受診を予約しました。入院も視野に入れての予約です。
私は…本心では「入院させたくない」
けれどね、このまま爆弾を抱えたような生活…いつお酒を飲みたくなってしまうかも分からない生活…のままで良いとも思いません。

感謝されようとは思っていないのです。
せめて、笑っていてくれれば良いのに。お酒が父の不機嫌な顔の原因なのでしょうか…。

あああ。お父さん、アナタが健康でいてさえくれば、こんなことで悩まないのに。
「心の病気」だから、尚、厄介。

こうなったら、父の意向を一切無視して、楽しく賑やかな輪に引きずりこむしかないのかな はぁと
そっか!こうなったら、どこかの温泉にパーッと一泊!
良いかもしれない おお!

そっか、そっか、気分を変えてみようかな。騙し騙し。
それから、きちんと外来受診もして頂きましょう☆


    人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるコスモスの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります☆

2009/09/03 01:08 | 父のことCOMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

daria様

心強い援護射撃!有難う!

そうね…あれだけ依存症には手こずったのに、まだ分かっていないね。私。ついつい父を自由にしてあげたくなる…が!だ!

自由にさせる=死に繋がりかねないし…又、ここ数ヵ月で二回も繋がりかけた訳だし…(涙)
でもでも、「施設」という場所に異常な拒否反応を起こすので、とうとうマーチンが「フィリピンの介護施設」を探しだしたわv-356

「お父さん~、南の島ですよ~」って。
あながち冗談でもなく…ね。とにかく来週、病院に行って来るからね。又、ご報告します。

「横顔似てる」って言ったら…仕返しするぞ!(でも、似ていることを知っている自分が悲しいe-263



No:1626 2009/09/06 18:26 | Natsu #- URL編集 ]

ゆず様

ゆずさん!お返事が遅くなりました。
メールも拝見しました。有難うございました。又、別途、お返事させて頂きますね。

90歳のお父様をみていらっしゃる妹さんには、私も頭が下がります。並大抵のことではないですね。よっぽどの、覚悟と忍耐力と愛情がなければ。
妹さんが参ってしまわれないように…私も祈っています。

お父様、幸せですね。今、「任侠ヘルパー」というドラマ…ご覧になっているかしら? あのドラマを見ていると、切実で涙が出てきますe-263

「老い」は誰もが通る道なのでしょうけれど、昔とはまた事情が違いますよね。少子化。高齢化。本当にこれから、私達自身も含め、どうなってゆくのでしょう。

けれど、今回「父」から教わったことは大きいと思っています。所謂、反面教師かな^^;

決して「良いお手本」ではありませんが、この先、どう道が進んでゆくのか、どうか、ゆずさん。見ていて下さいね。

ゆずさんのご家族が、いつまでも元気で暮らせますようにe-415

No:1625 2009/09/06 18:15 | Natsu #- URL編集 ]

taketyan様

お返事が遅くなりました。

「世の中って、結局はお金じゃない!」とは、よく聞く陳腐なドラマでの台詞ですが…。今回ほど、実感したことはありません。

父は「自分は元気!」と思い込んでいるので、とにかく自由になりたくて仕方ありません。私だって、お互いが元気で暮らして時々会う方が気楽だと思います。

けれどね…。父の家とここの家では車で一時間あるので、「何か」あった時のことを考えると「ヘルパーさん無し」の生活を認める訳にもいきません。

今回の選挙でも「福祉…福祉」と言っていましたけれど、私は信じられないのです。本当に困っている人を助けてくれない「福祉」なんて。
でも、誰でも「事態に直面」しないと、ことの深刻さは分からないのかもしれませんね…e-263

taketyanさんはお元気ですか?

No:1624 2009/09/06 18:03 | Natsu #- URL編集 ]

Tama様

こんにちは!お返事が遅くなりました。

Tamaさんの言う通り~e-263 「家に帰してくれ」コールは、父の入院中、ひどい時は一日に15回掛かってきたことがありました。まぁ…あの環境では仕方ないのかも…と思うけれど、アルコール依存症が「病気」であることが厄介ですね。

ホント!押して駄目なら「引きたい」のだけど、78歳の父から「引いて」しまったら、今度こそ、何が起きるか分からない…。これがね、一番難しいところなの(涙)

今は、Tamaさんの「おだて作戦」でやっています。「自宅に帰りたい!」気持ちは変わらないみたいだけれど、以前のように「無理だって言ってんでしょ!」と喧嘩になることはなくなりました。ホッv-356

本当に色々と有難う!

東京は、今日は暑いけれど、大分「秋」を感じるようになってきました。Tamaさんの所はどれくらいで涼しくなるのかな。ニャンズたちと頑張ってねv-221

No:1623 2009/09/06 17:40 | Natsu #- URL編集 ]

Natsuさん、なめてたのはお父さんの反応じゃなくて病気!!お父さんの判断は、すべて病気が元。
そういう回路です。あいてた病室がいつもあいてるとは限らないから。
あなたはこの日の来ることをあの日聞いていたはずです。と、愛を込めての伝言です。踏ん張れ。

……あっ!おとっつあんの横顔にそっくりだ~♪と、あたしは、脅してみるかな。

No:1613 2009/09/04 09:43 | daria #- URL編集 ]

いずれ通る道

Natsuさんの日記を読んでいると、妹が90近い親父を昼間一人で奮闘しているのが分かって、兄として病気のせい(そればかりでもないが。)で何も手伝ってやれないことに情けない気持ちになります。

以前、まだもう少し足腰が元気なころ(親父が)、春と秋の連休などでは我が家に泊まってもらって、一日二日は妹から親父を解放してやっていましたが、現状では夜のトイレやお風呂など、我々夫婦では手に負えません。

妹も真剣に近くの「介護施設」の見学に行ったり、ケアマネージャーに相談していましたが、Natsuさんのお父様と同じく、「直ぐ帰る」と言うに決まっています。
「病院に入院」していてもそうでしたから。

同じ高齢(85歳)でも妻の実家(五島列島)のお義父さんは「痴ほう」が出ているため、優先的に施設に入れてもらっています。
向こうで一人暮らしの「お義母さん」も心配なんですが。

親父は「山歩き」が好きだったので、たまに気分転換で、車に乗ったままですが、「六甲山」などへドライブにつれて行ってます。
そのときは普段大人しい親父が元気でよくしゃべります。
せめてもの、親孝行です。

いづれは自分も通る道なんですが、どちらも辛い現状ですね。
Natsuさんが倒れたら大変ですから、あまり無理をしないようにしてくださいね。

妻のこと「メール」にて、書いて送っておいたのですが・・・・

No:1612 2009/09/03 12:05 | ゆず #- URL編集 ]

生きるも死ぬも・・・・・

どうして人間ってこんなに、お金に振り回されるんでしょうね。
施設に入るだけで500万円って・・・・
確かに世話をしてもらうのだから、ある意味は仕方が無いのでしょうが。
自分では周りに迷惑を掛けたくないと思っていても、自分の意思ではどうにもならないと思うと、納得がいきません。
制度を変えるしかないのでしょうが、非常に難しい問題なんでしょうね。

No:1611 2009/09/03 07:45 | taketyan #nKBDKouo URL [ 編集 ]

アルコール依存症、やはり専門家に任せる必要がありそうですね。

ほんとうに困りますよね、昭和一桁。うちも病院で"うちに帰せ”と医者とか看護士まで巻き込んで大変だったらしい。押してもだめなら引いて見るのもいいかも。しかし、どうやって引くのかわからないね。

お父様、お酒に飲まれたみたいだね。

案外、おだてるのもいいかもしれませんよ。 うちの父はちょっとしたことをおだてるといい気持ちになっていますよ。。

なんとかいい方向に向かっていくことを願っています。

No:1610 2009/09/03 01:55 | Tama #4cdyejRQ URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |