心を診る先生

今日は、昼間の一時間半。
とても心癒される…気持ちを解放出来る時間を頂きました。

これまでも何度か通院していた、ご近所の内科の先生。美しい方です。黙っていらっしゃると「凛」とした雰囲気が漂います。

けれど、お話を始めると、「凛」とした雰囲気に優しい笑顔が溶け込んで、心を許してお話の出来る先生です。
歳は…私よりもお若いでしょう。でも「同年代」と括れるのかもしれません。

私はこの先生にお会いするまで「女医」と呼ばれる先生に偏見を持っていました。
女性の先生は避けてきました。
だって「女」って強いんですもの 200810122

産婦人科然り、歯医者然り。女性が男性よりも「痛みに強い」ということは、入院中に看護師さんから散々聞かされました。
男性の病棟は、採血 献血 だけでも大騒ぎだそうで。アハハ、男の人って可愛い 絵文字名を入力してください

「男に絶対、子供は産めないわ!」

よく、私の担当看護師の子が言っていました。

だから、尚、思うのでしょう。女性の先生は「これくらい、平気よねっ!」という感じで容赦がありません。同じ女性だから?大丈夫と思うのでしょうか?

けれど、ご近所の先生は違いました。
今日は主人の診断書が必要で伺ったのですけれど。

お昼休みの時間にいらっしゃいと仰って下さったので…他の患者さんのことを気にすることなく。
心の中の思うまま、誰にも話したことがない…話せなかったような内容のことまで真摯に聞いて下さいます。

決して私を甘やかすのではなく。心の内側を静かに静かに、聞いて下さるという感じ。

内科が本業の先生なのに…専門のカウンセラーの方とお会いしたような気分になりました。



カーネーション


by miyu


こんな風に、心を診ることが出来る先生も居るのだなぁ…と、又、私は「人との出会い」に感謝します。
感謝、感謝、と言うと。
綺麗ごとに聞こえるかもしれませんけれど、そうではありません。

私は運が良いと思うのです。

必要な時に、必ず「出会い」がある。その出会いによって、私は救われ、生かされている。

先生、本当に有難うございました。
病院を出た後、体重が軽くなったような錯覚を起こすほど、気持ちが軽くなっていました。

あんな風に…穏やかに微笑みながら、ふんわりと人の話を聞けるようになりたいと思います。

私の場合、真剣になると、皆「怖いよ~ パンダ-ガーン !そんなに顔を近づけないでよー」と言うのでね。ホホホ。

今日も心、穏やかに眠りましょう。


ダッシュけむり 本日の、Natsuの運動量

車で病院へ。診察、一時間半。その後、スーパーマーケット、二軒に2時間!途中で座りたくなりました。
なので、二軒目のスーパーでは車椅子を利用。けれど、顔面肩甲上腕型だと腕の力が弱くて、手動の車椅子は疲れている時にはキツイかも…とちょっぴり自信喪失。


  人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ 筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります☆


2009/04/18 02:08 | 病気のことCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

daria様

この先生ね、本当によく、患者の話を聞いて下さるの。「人の話を聞く」って、正にこういう事なのではないか…と。
そうね、これからは偏見を持たずに「女医さん」とお付き合いしてみるわe-414
有難う☆

No:740 2009/04/23 02:20 | Natsu #- URL編集 ]

Re: 心を診る先生

いい時間を持ててよかったねぇ。
相手もそうだけど、自分が変わってるってこともあるよ。
Natsuさんが、素直に素敵に変わってるのかもね。

No:737 2009/04/22 22:39 | daria #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |