筋ジストロフィーの歌姫

3月18日。
汐留のイタリアンに出掛けた。

「10年前の君へ 小澤綾子 出版記念イベント」 に出席するためだ。

かなり昔の話になるのだけど、私と西岡奈緒子が共同代表を務める「com-pass 女性筋疾患患者の会」に綾子ちゃんから入会希望のメールが届いた。その時からのお付き合いだ。
彼女を知る内に、綾ちゃんが「筋ジストロフィーの歌姫」と呼ばれていることを知る。その活動は精力的で、小澤綾子という人に興味を持った。

汐留のイタリアンは人で溢れかえっている。綾ちゃんの出版をお祝いしたい人達で賑やかだった。

「10年前の君へ」は、綾ちゃんが10年前の自分に宛てて書いた絵本だ。
筋ジストロフィーであるという告知を受け、「将来は寝たきりになります」という宣告をされる。絵本に書いてあることは、私の人生にも重なった。
けれど、そこにあるのは絶望ではない。今、綾ちゃんに寄り添ってくれる仲間と過ごせることへの幸せが綴られていた。

筋ジストロフィーは進行性の病だ。少しづつ、少しづつ筋肉は衰えていく。いつかの将来には寝たきりになるかもしれない。
私も時々、不安で胸が苦しくなる。そんな時、この絵本は必ず勇気を与えてくれるだろう。

「今」を生きなければ…。

歌声は優しくて温かい。朗読の声に酔いしれる。

綾ちゃんは、輝けるスターなのだ

綾ちゃん

綾ちゃんのトーク

そして特筆すべきは「BEYOND GIRLS」のこと
小澤綾子ちゃん、Eriちゃん、Ryokoちゃんの三名からなるユニット。
センターで歌う綾子ちゃん、ダンスと歌のEriちゃん、Ryokoちゃん。何とも笑顔が印象的で、邪気のない愛らしい表情に惹き付けられる。
BEYOND GIRLSの皆さんからは愛と勇気を頂いた

絵里ちゃん

Eriちゃん


涼子ちゃん

Ryokoちゃん


最後に皆で記念撮影

綾ちゃんパーティ 全員


綾ちゃんの魅力に存分に触れ、BEYOND GIRLSに癒やされ、数々の出会いがあった素敵なイベントだった。

綾ちゃん、BEYOND GIRLSの皆さんのご活躍をこれからもずっと応援しています



2018/03/22 11:05 | 友達のことCOMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |