FC2ブログ

入院二日目

病室のカーテンを開け放したまま朝を迎え、朝陽で目覚めたものの、起床7:20 寝坊した。

本日は、歯科外来受診&精神科外来受診(眠剤調整)&血液内科受診だった。
血小板は13万。(健康な成人の平均値は15万~35万)特発性血小板減少性紫斑病の治療を終えた現在、まずまずの数字だと思う。
入院中、これだけのメニューをこなせると充実感がある


二日目 朝食 1

朝食


充実の午前中を終えたところで病棟主治医が現れる。
薬剤部に確認をしたところ、やはりヘパリンは点滴投与でなければならないと
しかも 24時間点滴!


点滴

24時間点滴

今日から内視鏡の手術が始まるまで、ずーーーっとお薬は流したまま…。
トイレに行く時はバッテリー搭載機のコンセントを抜くために、一回一回ナースコールを押さなければならない。タイミングがずれるとなかなか過酷なのよね

私は痛みに強いらしい。(看護師さん 談)
特発性血小板減少性紫斑病歴が長いので、採血には慣れている。
今は骨粗鬆症を未然に防ぐために、毎朝「フォルテオ」という皮下注射を自分で打っているし…。
針には慣れているんだけれど、点滴だけはどうにも苦手。
昔、四ヶ月間入院した時の経験がトラウマになっている。血管からお薬が漏れるとかなりの痛みがある。

今回、学んだこと。手術、五日前からワーファリンは24時間点滴投与に変更となる。

入院二日目。手術まで後、三日。
本を読んで、blogを書いて…点滴のことを考えずに済む時間を持とう。頑張る以外にないものね

2018/02/06 20:38 | 大腸内視鏡検査COMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP |