「最上の業(わざ)」 → 一部訂正

先日の長岡先生、追悼の記事に『ホイベルス神父の「人生の秋に」』という随想集から、「最上の業」を転載しました。

ところが、昨日。お式に参列した友人より連絡がありました。

「なっちゃん、一節、抜けているところを見つけたよ」って

なので、下記に訂正させて頂きます。

赤字の部分が全て抜けておりました)


この詩は繰り返し、読めば読むほど言葉が胸に沁みてきます。
救われるような安堵感を得ます。



「最上の業(わざ)」


この世の最上の業(わざ)は何。

楽しい心で年をとり、働きたいけれど休み、

しゃべりたいけれども黙り、

失望しそうな時に希望し

従順に平静におのれの十字架を担う。



若者が元気一杯で神の道を歩むのを見てもねたまず、

人の為に働くよりも謙虚に人の世話になり、弱って

もはや人の為に役立たずとも親切で柔和であること、

老いの重荷は神の賜物。



古びた心にこれで最後のみがきをかける。

まことのふるさとへ行く為に。



おのれをこの世につなぐ鎖をすこしずつ外していくのは

まことにえらい仕事--こうしてなにも出来なくなれば、

それを謙遜に承諾するのだ。



神は最後に一番良い仕事を残して下さる。

それは祈りだ。

手は何も出来ないけれども最後まで祈ることが出来る。



愛する全ての人の上に神の恵みを求める為に

すべてをなし終えたら臨終の床に神の声を聞くだろう。

「きたれ 我が友よ。 我 汝を見捨てじ」と



 ホイベルス神父の「人生の秋に」という随想集より


★‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★::*☆‥∵:*:☆*゚★


何度読んでも、胸に響く言葉たちです

私はクリスチャンではありません。実家は禅宗です。
けれど、人を救う言葉に、宗教の壁は無いのだなぁと…しみじみと思います。




  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるクローバーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります




2010/10/25 12:13 | 訃報COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

追悼 女優 長岡輝子先生

今日の夕方、ネットのYahooニュースに「女優 長岡輝子さん 死去」という文字を見つけ、一瞬にして視線は涙で遮られた。

とうとう…。やってきた、この日。
いつかは来るであろう、この日。

高校を卒業して、演劇の道に進みたいと家族に話した時「文化学院なら良いでしょう」と許可が出た。
両親は、筋ジストロフィーの私が芝居の道を志すことを、とても心配していたから。

けれど、「文化学院」で過ごした「時」と「出会った人」は、私の生涯の宝物になる。

演劇コースで芝居の指導をして下さる先生のお一人が、長岡輝子先生だった。

「言葉」の発音に、それはこだわっていらして…私は何度、先生を失望させただろう。

「アナタ!宝塚じゃないんですから、普段の生活で使うイントネーションで言葉を言ってご覧なさい」
ところが、これは意識をすると仲々難しい。ついつい「男役」になってしまって、「気持ち悪い!」と叱られる。

けれど、私は愛情に溢れ、宮沢賢治を愛する先生が大好きだった。

学院を卒業してからも、先生の授業に紛れ込んだ。


長岡先生2
『来歴・人物』

東洋英和女学院卒、文化学院中退。初出演作は『風にそよぐ葦』(1951年 春原政久)。
1928年にパリに演劇修行に留学し、1930年に帰国。金杉惇郎とテアトル・コメディを設立。1939年文学座へ。
1947年、芥川比呂志、加藤道夫、荒木道子などと共に劇團「麦の會」発会。1971年に文学座退団後は、宮沢賢治の作品聖書などの朗読をライフワークとしている。父は英文学者の長岡擴(ながおかひろむ)。
2003年、菊池寛賞受賞。

2010年10月17日の時点で存命している日本の芸能人としては最高齢であった。同年10月18日、老衰のため102歳でその生涯を閉じた。

何年か前、文化学院に用事があって出向いたことがある。
そこで気を利かせて下さった事務局の方が「先生にお会いになりたいでしょう」と仰って、私は高鳴る胸を静めながら先生の車が着くのを待った。

黒塗りのハイヤーが学院の中庭に入ってきて停まり、ドアが開くと運転手が降りて来て後部座席に座っていらっしゃる先生の手を取って降ろしてさしあげていた。

やっぱり、お年を召されたんだなぁ。
それはお互いに一緒だけれど…と、考えながら先生にご挨拶をした。

杖をついて歩く私の姿を見た先生は「あなたも足がお悪いの。お互いに大事にしましょうね」と仰った。

白くすけて見える肌が、その日は少し青く感じる。お元気がないのだろうかと心配になった。


★‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★::*☆‥∵:*:☆*゚★


長岡先生

そうして、今日の午後。

ネットのYahooニュースで、先生が亡くなったことを知りました。

その前後に、学院の演劇コースの先輩からメールでの知らせもあり。

左の写真の、この笑顔を目にすると、涙が溢れてきてしまいます。

いつも授業で読んで下さった「宮沢賢治」が思い出されて。

★‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★::*☆‥∵:*:☆*゚★


18日の未明に亡くなり、近親者のみで式は執り行われた…と、夕方のニュースで流れていた。
私はどうにも、切なくて。先生に一言、お別れが言いたくて。

先生に近い同期のMちゃんに電話をした。

彼女は、長岡先生のごくごく近しい立場にある。

「今日の告別式に行って来たの。だけれど、近親者のみの告別式だったから、誰にも伝えることが出来なくてね。
先生、眠る様に安らかなお顔をしていたよ。

そして、出棺の時には、先生がよく朗読の会で読んでいらした『最上の業』(サイジョウノワザ)が、先生の声で流されたの。その時は、やっぱり泣いちゃった」

その詩を、読んでくれると嬉しいな…。

そう言われて、調べてみたものが、この「ヘルマン・ホイヴェルス」の言葉です。



長岡先生のご冥福を、心からお祈り申し上げます。




「最上の業(わざ)」



この世の最上の業(わざ)は何。

楽しい心で年をとり、働きたいけれど休み、

しゃべりたいけれども黙り、

失望しそうな時に希望し

従順に平静におのれの十字架を担う。



若者が元気一杯で神の道を歩むのを見てもねたまず、

人の為に働くよりも謙虚に人の世話になり、弱って

もはや人の為に役立たずとも親切で柔和であること、

老いの重荷は神の賜物。



古びた心にこれで最後のみがきをかける。

まことのふるさとへ行く為に。



まことにえらい仕事--こうしてなにも出来なくなれば、

それを謙遜に承諾するのだ。



神は最後に一番良い仕事を残して下さる。

それは祈りだ。

手は何も出来ないけれども最後まで祈ることが出来る。



愛する全ての人の上に神の恵みを求める為に

すべてをなし終えたら臨終の床に神の声を聞くだろう。

「きたれ 我が友よ。 我 汝を見捨てじ」と


 ホイベルス神父の「人生の秋に」という随想集より






  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるクローバーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります



2010/10/21 01:01 | 訃報COMMENT(10)TRACKBACK(0)  TOP

伝えたい気持ち

私が誕生日を迎えてから…もう3日が過ぎようとしています。

「伝えたい気持ち」 (それは感謝の気持ちです)

お祝いのメールやメッセージを頂いて、私には何よりの有り難い言葉の贈り物でした。

早く「私の気持ち」をお返ししたい。
けれど、「気持ち」よりも「時間」の方が早く過ぎていってしまいます。


Motoko Alexander h1

PHOTO ST  by Motoko Alexander

お返事が遅れていることが気掛かりで…。
こういう時、時間の使い方が下手だなぁと思います。

けれど、頂いた「言葉のプレゼント」に…「伝えたい気持ち」があって。

もう少し、待っていて下さいね





  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるクローバーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります




2010/10/14 16:07 | 気持ちCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

48th

先ずは、10月10日の「リビングライブラリー」。

大成功…と、まではいかないまでも、意義の深い一日となりました。
ここに記したいことは沢山あります。けれど、それは少しづつ。

身体はクタクタに疲れたけれど、それよりも、私が「筋ジストロフィー」のために「すべきこと」の道筋が少し見えたような気のした、本当に貴重な一日でした。

頂いたコメントのお返事は、これからになりますけれど、お許し下さいませ。
励まして下さった皆様には、泣きたいほどに感謝しています


★‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★::*☆‥∵:*:☆*゚★


10月10日は、私の47歳の締め括りの日でした。これ以上にない、最高の「締め括り」です。

普段なら、お誕生日当日は、どこかにお出掛けをして「胆石であろうが構わない!とにかく美味しい物を頂くのよ!」と決めているのだけど、今年ばかりは余力がなく…。

元々、風邪が治らぬままに当日を迎えたために、体力に限界がありました。

なので、お誕生日 当日は、珍しく自宅でひっそりとお祝いすることになりました。

45歳で亡くなった母の年齢を又、更新します。
46歳になった時、母の生きることのなかった人生に踏み出すのだと…センチメンタルな気分になりました。

けれど今年は、前日までが嵐のような慌ただしさだったので、浸っている暇がありません。

「リビングライブラリー」での体験と、生まれて初めての講演と…。そして、この日の数々の「出会い」に感謝して。

父のことで沈みがちな最近でしたけれど、これを機に「変わろう」と思うことが出来ました。



祝1



ワイングラスを出す気力さえもありません。D-yasu 様から頂いたグラスで乾杯します。



祝2



さすがに、ロウソクの数字を写真に写す事にためらいが…

まぁ、でもね。ここまで生きてきた証拠なのだから。
堂々と、胸を張って年齢を言える女性でありたいと思います


☆ Thank you!

今回、お誕生日のメッセージを下さった皆様
本当に有難うございます。数日かかっても、必ずお返事させて下さいね。

慌ただしくしていただけに、最高に嬉しいプレゼントでした




  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるクローバーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります



2010/10/12 16:15 | 記念日COMMENT(28)TRACKBACK(0)  TOP

講演会まで、あと12時間!

ヒョー!いよいよ!とうとう!この「時」が来ました。

実は明日、「本」として貸し出されるばかりではなく、私には「講演会」というものも控えているのです。
人生で、初の「講演会」

ど、ど、ど、どうしよう。キャパシティは、ドドーンと300人。

これは、その昔、下北沢の本多劇場で演った芝居が確か300だったような気が…。

それを私一人に…とは過酷過ぎますぜ と思ったのだけれどね。

けれど、今回の趣旨は「筋ジストロフィーを世の中の人に知って欲しい 伝えたい」という想いからお引き受けしたもの。
さっきまでは、かなり往生際の悪いことを言っておりましたけれど、ここまでくりゃー、腹を決めたぜ!

恥ずかしながら。私、講演会って、この歳で初めてでございますの。

芝居の舞台の方が楽だよなぁ。そこに「居る」のは「私」であって「私」ではないものね。

久し振り。野上奈津で舞台に立つのは。

ええい!ここまでグダグダ書いてしまえば、引っ込みもつかなくなるでしょうから…さぁ!いざ、行かん!
深沢のキャンパスへ




  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるクローバーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります



2010/10/10 00:05 | 挑戦COMMENT(14)TRACKBACK(0)  TOP

本番まで…あと、二日!

又しても、久し振りの更新になってしまいました。

皆様、優しいものだから、「更新ないけど、どうしているの?」or「何かあったの?」or「大丈夫?」と、お気遣いのメールを下さって。
大丈夫です。ちゃんと生きています

ただね。多忙な日々から解放された…と思うと同時に風邪を引き、早や二週間。これが、なかなか抜けなくて。
しばし養生をしておりました。




Motoko-Alexander1.jpg

PHOTO ST  by Motoko Alexander



そうこうする内に

とうとう、あの「リビング・ライブラリー」の当日が10日と迫って参りました。

今年の夏の、暑い暑いある一日。
私は駒澤大学 社会学科 坪井ゼミの松本玲奈さんから、「本」として、参加をお願い出来ませんか?と一通のメールを受け取ります。

そこから、私の「初めての挑戦」は始まるのです。


★‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★::*☆‥∵:*:☆*゚★


経緯は今月の「ハートネットピープル」に書きました

「ハートネットピープル」   

(「ハートネットピープル」より、一部、抜粋)

「リビング・ライブラリー」…直訳すれば「生きた図書館」。
メールを受け取るこの時まで、私は「リビング・ライブラリー」を正確に理解していなかった。
大急ぎで調べてみる。すると、NHKオンラインの「福祉ネットワーク」に、正にその「リビング・ライブラリー」のことが載っていた。
タイトルは「わたしを 読んで ください」。


http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/1001/100120.html


「障害者やホームレス、同性愛者など、誤解や差別を受けやすい人々が『本』となり、『読者』である聞き手と対話することをとおして、偏見をなくしていこうとする取り組みだ」とある。
私が何より魅力を感じたのは、「顔と顔をつきあわせ語り合うことをとおして、本となる語り手にも、読者となる聞き手にも、心の変化が生まれていくと感じている」と書かれた一文だった。
講演会のように大きな会場で一方的に話をするのではなくて、数人の「借り手」の方と話し合うことが出来る機会。


★‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★::*☆‥∵:*:☆*゚★  


私は「リビングライブラリー」という取り組みに対しては、とても楽しみで、ワクワクしながら当日を待つつもりだったのだけど…。

世の中、そんなに甘いものではないのでした


ガーン…


- 続く - 


「リビングライブラリー」 

2010年10月10日(日)

開館時刻:10:00~1600
場  所:駒澤大学 深沢校舎(田園都市線「駒澤大学駅」徒歩15分)
TEL&FAX:03-3418-9295




  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるクローバーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります




2010/10/08 12:10 | 挑戦COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |