今度は何!?

昨日は、とても楽しみにしていた大ファンの方のお店のオープニングパーティの日

だけれど、三日前から左目が真っ赤に腫れてどうにもならない。どうしてもコンタクトレンズを入れたいところだけれど、そんなことをしてはいけないことぐらい私にも分かる。
仕方がないので、念入りにメイクをして眼鏡をして家を出た。

先ずは、予約してあった大学病院へ。
11:00に神経科の予約があったので、「ついでに」と思い、真っ赤に腫れた左目を診て頂くために「眼科」も受診することに。
更についでに、「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー」の患者は「緑内障」になる危険があるため、時々眼科で検査を受けるようにと、神経内科の主治医からの指示も果たしたかった。

また、以前から「消化器内科」を受診するように言われていたので、「医療情報提供書」を持参して「消化器内科」も併せて受診したい旨、初診受付に申し出る。
消化器内科は昨年の12月に紹介状を書いて頂いていたにも関わらわず、「大腸内視鏡検査」が恐ろしくてずっと隠し持っていたもの
それをこの日、やーっと勇気を振り絞り、受診する決意をしたのだ。

無事に全ての手続きを終えて、夫と「どの科から受付する?」…「眼科が三階だから、上から順番に降りてくる感じでいいんじゃない?」…という会話をしながらエレベーターの三階のボタンを押した。

かるーい気持ちで受付を済ませた眼科で足止めされる。

「これだけ目が充血しているということは『はやり目』かもしれないんですね。そうなると、他の科にウィルスを持って行って頂きたくないので、先ずこちらで検査をしてから他の科を受診して下さい」

仕方がない。仰せのままにする

すると。結果は「アデノウィルス」というものだった。「流行性角結膜炎」という。



「このウィルスはとても強力な感染力を持っているんですね。なので、今から『他の人との接触を一切禁止』 します」

看護師は続けて…

「あ、ご一緒に住んでいらっしゃいます?」

彼女は、夫と私に目をやりながら…そう仰った。

「?」

は?今度は何? 夫婦なんだから、一緒に住んでいるのが当たり前だと思いますけど  ?

この大学病院では、昨年の9月に夫を息子さんと間違われた

あのショックが甦る…。

「は?一緒に住んでいますが?」

そう答えると、看護師は、そこから「ご主人」&「奥さん」と安心したかのように喋り出した。

今度は私達、一体何に見えたのかしら  気になるわー。


ま、でも、この写真を見れば「何に見えても」仕方ないか
私、眉毛ないし…。夫は無邪気な笑顔だし…。


私達

(モルディブ Jumeirah Vittaveliにて)



+++

そうして…。

アデノウィルスであるために、「本日の予定」を一切キャンセルしなければならなくなって、しかも完治するまで自宅から出ないようにとの指示。
オープニングパーティには行かれなくなった

「あの…来週火曜日には筋ジストロフィーの専門病院の予約があるのですが」

そう言うと…

「本当はキャンセルして頂きたいですね。では、月曜日にまた来て下さい。下の再来機にカードは通さないで下さいね。そこで機械を触ってしまうと、感染を拡げる結果になりますので」

えええええ…。
私にとって、筋ジストロフィーの専門病院受診はとても大切。
それも危ぶまれるなんて…。

それどころか、他の科の受診も許可されなかった。
消化器内科はキャンセル。あんなに決心したのにー。

神経科に至っては、主治医が眼科にいらして下さった


看護師の指示を待っている間に、仲良しの事務の女性が通りかかった。
話を聞くと、一週間ほど目が真っ赤に腫れた婦人科の医師がいたという。ご本人は気にする様子はなかったのだけれど、周りの人が「眼科受診」を強く勧めた。

医師が眼科を受診した数時間後、彼の予約の患者さんを置いて…強制的に帰宅させられたそう。やはり、私と同じ「アデノウィルス」だったそうで…。
そして、病院に復帰したのは二週間後だったと聞いて…脅しではないんだな  と、認識を改めた。

ふー。どうにか、早期に回復しますように





 人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆


2014/03/30 18:13 | 流行性結膜炎COMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP |