2014 ジュメイラ・ヴィッタベリ お別れの時 - Masaki's Camera -

2014.3.20

本当に本当に、最後の時がやってきた。
ビーチヴィラから出た夫はカメラを片手に出掛けて行った。

「僕も島を撮影してくるよ」

絵心(写真心)がない夫の撮る写真はどんなものか?と思っていたけれど、最近腕をあげたみたいだ。
因みに、私と付き合いはじめた頃の夫が撮った写真は「富士山と奈津」ではなく、「富士山と生首」だった。
あの一枚が衝撃的だったのよねー


島内に、こんな可愛いお店があったなんて  早く気付いていればなぁ。


SHOP1_20140827024506b5a.jpg



こんなPOPなお店も。


SHOP2.jpg



夫はそれからビーチへ向かったようだ。 小魚の群れと、その後ろには…烏賊(イカ)の群れかな!?


海1



そうして次は、水際を泳ぐベビーシャークと…今度は何の群れ?
うわー、私も見たかったなぁ。


ベビーシャーク



夫はこの後、島の中を探検したようだ。


島1




島2



このヤシの木の下で、新婚さんがディナーの時を過ごす


島3



夜だけ開く、水上レストランの「FENNESSE」。昼間は趣がないけれど、ちょこんと上に乗っている鳥がご愛嬌。


島4



左上に小さく映るパラセイリングがアクセントになっている。夫は意識したのかしら? 素敵な写真


島5



そろそろ探検の時間も終わりに近づいてきたようだ。


海4


海5



この一枚で、Jumeirah Vittaveliはお終いとなる。
この島で過ごした5日間は、魂が生き返ったような時間だった。海と太陽とMIKAとFirshanと。お世話になった温かなスタッフの皆さんのお陰で

本当にどうも有難う。また、いつか。この島を訪れることが出来ますように


海3



帰りの飛行機では、ぐっすりと眠った


機内








 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆





2014/08/27 12:30 | 夫婦モルディブ旅行COMMENT(2)  TOP

2014 ジュメイラ・ヴィッタベリ お別れの日 - Natsu's Camera -

今日から8月。
3月から延々と綴ってきた「ジュメイラ・ヴィッタベリ」の旅行記も、そろそろお終わりの時がきた。
あれほど長い時間をかけて準備をして、島で過ごした時間は5日間。
そして、その旅行記を5ヶ月もかけて書いているとは…。

でもね。私にとって、このジュメイラ・ヴィッタベリの日々を思い出しながら書いている時間は至福の時だった。
皆様、お付き合い下さり、有難うございました
今回のblogは Natsu's Camera …つまりは、私のカメラで撮ったもので綴りたいと思います。


2014.3.20

外に出掛ける前にもう一度、この天蓋付きのベッドに寝ころんでみたくなった。ベッドも水上コテージとは違って、甘い雰囲気
こちらのヴィラに泊まっていたら、私たち夫婦の関係にも変化が生まれていたのかしら?…なーんてね


ベッド



部屋を囲うように細長いプールがあった。さすがに夜、モルディブを発つのだと思うと、水着を着る気にはならなかったのだけど
でも、思いっきり泳いだら…気持ち良いだろうなぁ。


プール


ここで夫と私は別れることにした。
私はビーチヴィラの前の浜辺で。夫は島の中を探検に

私はビーチチェアに深く寝転がって、ぼんやりと空を眺めていた。
そして、どこまでも蒼い海を。


海1



海2



海3



砂地には、誰かの歩いたサンダルの後が残されている。


海4



ぼんやり空と海を眺めている内に…空は茜色に染まり始めた。


夕焼け











 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆

2014/08/01 23:55 | 夫婦モルディブ旅行COMMENT(2)  TOP

2014 ジュメイラ・ヴィッタベリ 水上ヴィラ チェックアウト

この部屋とも、後、一時間でお別れだと思うと、今朝の風景を写真に収めておきたくなった。

これは、滞在中、時折部屋から見かけたカップルの姿。飽きずに何時間も潜っている二人。(ほぼ毎日)
これだけ美しい海だもの。気持ちは分かるけれどね
(本当は時々、休憩した方が良いと思うよ


海



同じアングルでも、光の加減によって色が全く変わってしまう。まるで、違う写真のようだ。


20日8



思えば、このシャワーチェア、本来はコテージのものだった。
今、私は立ったままシャワーを浴びることが出来ない。筋肉の委縮が始まっているために、立位保持が難しいのだ。
夫が機転を利かせて、椅子をシャワーブースに運んでくれて助かった。これなら大理石の床でも滑らないから安心


20日シャワー


荷物は全てスーツケースに収めて、後はFirshanのお迎えを待つだけだと思っていた。


20日9



すると、ノックの音がして、いつものハウスキーパーの男性が入ってきた。彼とはこの一週間、毎日、挨拶と軽いお喋りをした。

Today is last day.

そう告げると、彼はひどく落胆した表情を見せた。

「私はとても悲しい。あなた達は、いつもフレンドリーで、変わらずに優しかった。だから必ず、またここに来るって約束をして」

私は何だか心が熱くなって、涙がこぼれそうになった。

「こちらこそ、どうも有難う。来年も、きっと来るね!」

そう約束をしたけれど、筋ジストロフィーの進行の具合、高い高い旅費のことなど考えると…「毎年は難しいわね」と残念に思う。
お金がとめどなく溢れる泉 を持っていればなぁ…なんて現実的ではないことを考える。

とうとう12:00になって、Firshanのお迎えがやってきた。
これまでは、Firshanのお迎えを心待ちにする日々だったのに。この島を去る日が来るなんて。

けれど、Firshanはとても素敵なお知らせも持ってきてくれた。
12:00チェックアウトの後、この島を出る21:00まで空いているビーチヴィラで過ごして良いというもの。
超ラッキー !って、こういう時に使う言葉なのね
勿論、料金は別途「かかるけれど、時間をお金で買った訳だから。


Firshanの案内でビーチヴィラに到着。
扉を開けて驚いた。先ず、建物。プール。屋根付きのカウチ。

部屋の中も水上コテージよりも、広くて豪華な印象だ。

門扉


庭1


庭2



さて、部屋に入ろう。


部屋1


カメラマン(私)の腕が悪くて、斜めになってしまった


ビーチ



天蓋付きのベッドはやっぱり豪華


ビーチ3



この扉の中には冷蔵庫とグラスが入っている。重厚な印象。


ビーチ2



リビングの扉を開けると、シャワー 二室 &トイレ&休憩用のベッドがある。

ライト



ビーチ7


ビーチ6



そして、バスは屋外にある。私はこの配置が気に入っている。南国の風に吹かれながの入浴は気持ちが良い。


ビーチ4



さて、いよいよ外に探検に出掛けよう。時間はまだ、たっぷりとある





 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆


2014/07/27 08:00 | 夫婦モルディブ旅行COMMENT(2)  TOP

さようなら… ジュメイラ・ヴィッタベリ 2014 Ⅰ

この、2014.3.21(Last Day)の日記を後数回に分けて、2014 ジュメイラ・ヴィッタベリの記録をお終いにしようと思う。
島でお友達になったMikaとFirshanと…私たち夫婦のために、どうしても最後まで書いておきたかったから。

2014.3.21

永久に来なければ良いと思っていた「帰国の日」になった。
Firshanは「僕がパスポートを預かって、絶対に日本に帰さない!」と言ってくれる

私がFirshanと出会った次の日、「友達になりたいのだけど…」とボスに伝えてもらった。
そうしたらFirshanは、笑いながら「もう友達だよ」 と言った。
島に降りたその日から、MikaとFirshanとの愉快な時間は始まったのだ。時間が…このまま、この島で続けば良いのに…と思う。

旅の最終日、朝は穏やかにやってきた。


20日朝陽1



20日朝陽2



朝の景色は刻々と表情を変える。


20日朝陽4



朝食は夫に車椅子を押してもらってサムサラへ。last サムサラ。
今回、私たちはサムサラ以外のレストランで食事をする機会をことごとく逃してきた。
けれど、これにもまた素敵なエピソードに溢れたものばかりになった。だから、サムサラのスタッフに心より感謝


20日1



強い太陽の陽射しは、ジリジリと容赦なく地面を焼いている。今日も日焼けに気を付けなければ…。


20日2



ここのマンゴージュース は最高なのだ。
いつも決まったスタッフが「Do I have mango juice?」と訪ねてくれて、私たちは「OH!thank you」と満面の笑みで返す
毎朝の楽しみの一つだった。


20日3



そして、夫はエジプト人の彼が作ってくれる「オムレツ」が大好きで、飽きることなく卵料理を焼いてもらっていた。


20日4



夕飯もまたサムサラになるのかな。では、朝のスタッフの皆様、お世話になりました。ご機嫌よう。

この部屋から見る景色もこれで最後だと思うと切なくなる。


20日5



相変わらずの海の色。


20日6



後、1時間でこの部屋ともお別れだ。





 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆



2014/07/19 23:55 | 夫婦モルディブ旅行COMMENT(0)  TOP

2014 ジュメイラ・ヴィッタベリ 日焼けではなくて…もはや「火傷」

午前中、夢のようなシュノケールを終えた後は、午後はお部屋でのんびり…のはずだった。
けれど、愚かにもビーチコテージで口を開けたまま昼寝をした代償は余りにも大きくて、ベッドに横になることは出来ても、身動き一つとることは出来ない。

日焼けによって膨れ上がった下唇は、異様な感覚を常に私に与える。
全身の日焼けに至っては、これはもう「火傷」としか言いようがない
起きている間中、皮膚をピリピリと焼くような痛みは何と表現すれば、分かって頂けるだろうか…。

「後悔先に立たず」 … とは言い古された言葉だけれど、言い得て妙。

後、二日残されたモルディブでの日々を、どうして過ごせばいいかしら…。
と、途方に暮れて考え込んでいた、その時

バトラーのFirshanがやってきた!
このタイミング この気遣い もう神様に見えてくる。

Firshanは、私の首と肩と唇を交互に眺めて、
「これは酷いサンバーンだ
と言った。

私に「Doctor?」と訪ねる。
「Yes!」と答えてから、私は「助かった…」と思った。

私は何かあった時のために、クリニックのあるリゾートを選んだのだ。(モルディブのリゾートの中には、クリニックのないところも珍しくはありません)

もう、飛び上がりたいほど安堵の感情にホッとした私のところに、ハンサムなDr.が現れた 
火傷用のお薬と、唇用の塗り薬を置いていって下さった。加えて、「アレルギーはありませんか?」との質問と共に、飲み薬も 下さった

Dr.とFirshanが帰った後、これで助かった!と思ったけれど、事態はそんなに甘いものではないようだった
この日焼けは、帰国した翌日、すぐに皮膚科に駆け込んだほどなのだ
 

シャワーの後に、お薬を塗って…さぁ、今夜はゆっくりと、ベッドで眠ろう


ベッド



P.S.このモルディブ旅行記は、最後まで続けます。時間はかかるかもしれませんけれど、どうか宜しくお願いいたします




 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆



2014/06/10 22:46 | 夫婦モルディブ旅行COMMENT(2)  TOP

2014 ジュメイラ・ヴィッタベリ 二度目のシュノケール♪ Ⅳ

そろそろ、モルディブの魚たちとのお別れが近づいてきたようだ。本当に本当に名残惜しいけれど…


ブルー



海23



ブルーの海の中に、ポイントとなる鮮やかなブルーのお魚。


海1


ブルーのコントラストが美しい。


海2



優雅な二匹のペア。名前は全く分からないけれど


海5




海5



前回と違ってこの日は波が高く、様々な魚を目にするものの、やはりインストラクターの方は夫の浮き輪を引きながらカメラのシャッターを押す作業は難しかったようだ。
それなのに、こんなに沢山の写真を撮って下さって有難う
この写真でシュノーケルは終了。叶うなら、毎日でもやりたいくらい愉快なものだった


海6



ダイビングセンターの前で、ボス(左)と一緒に。


海3



夫も一緒に。
ホホホ  私の足が太くて、膝から下はお見せ出来ませんの


海4



重力のない世界で、身体を波に任せて。
周りはカラフルな魚に囲まれて。

これ以上の幸せがあるだろうか。

ただ一点を除いて…。

またまた、口を開けたままコテージで昼寝をするといった大失態を犯した私は、この時、唇が日に焼けて痛くて痛くて涙が出そうだったのだ。
写真では「笑顔」に見えるかもしれないけれど、これは二倍に腫れあがった下唇を隠そうとしているもの

本当に私って、懲りないオンナ。
せっかくのバカンスなのにね…

<続く>





 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆



2014/05/28 13:04 | 夫婦モルディブ旅行COMMENT(0)  TOP

2014 ジュメイラ・ヴィッタベリ 二度目のシュノケール♪ Ⅲ

2014 ジュメイラ・ヴィッタベリ 二度目のシュノケール♪ Ⅱ

二度目のシュノーケル…続き。
昨日の写真に似ているけれど、ちょっと違う
そして、「阪神タイガースのような魚」は、「ムスジコショウダイ」というのだとMIKAが教えてくれた。(fecebookでね



海12



黄色い魚に混じって、細長い魚(?)がいることを発見!キミは誰だ?


海13



私も夢中だったけれど、夫の真剣さも伝わってくる。


マーチン



モルディブ固有種のパウダーブルーサージョンフィッシュが


ブルー



海のBlueの中でのYellowはよく映える。


海16



珊瑚の下に隠れるパウダーブルーサージョンフィッシュ


海17



仲良しカップル。キミたちはペアなんだね。


海18



珊瑚の周りに、小さな魚たちが舞っている。


海19




海20



海21



海22



小さな魚たちの乱舞。


乱舞



長くなってしまったので、シュノーケル編は次回を最後にご紹介します。

海の中では身体が軽い。歩くことが出来ないなんて、気にする必要がない。何て軽やかな世界。すっかり魅了されてしまった。

この時間が長く長く、続けば良いのに…








 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆




2014/05/08 15:18 | 夫婦モルディブ旅行COMMENT(2)  TOP

2014 ジュメイラ・ヴィッタベリ 二度目のシュノケール♪

2014.3.19 10:30

温かなおもてなしを受けたサムサラを後にして、Firshanにコテージまで送ってもらう。
ダイビングセンターへのお迎えは、10:30と約束をした。

大急ぎで水着を着る。気持ちがはやる。また、あの夢のような竜宮城に行かれるなんて。

ジュメイラでは、シュノーケルのセットを借りる際に「泳力テスト」というものがある。
私達夫婦は、シュノーケル初体験ということもあって、インストラクターがついて下さることになった。
…というよりも、下肢障害である私達夫婦に対して、何の懸念もなくシュノーケルセットを貸し出すシステムがあったとしたら、その無神経さに驚いてしまうだろう。

今回、数あるリゾートの中からモルディブを選んだのは、どうしてもシュノケールをやってみたかったから
その為に、抜群のハウスリーフを持つ島を選ぶ必要があった。

10:30きっかりにFirshanが迎えに来る。
カートで5分ほどのところにダイビングセンターがある。
シュノーケルとライフジャケットを着け、途中まで車椅子で砂浜を進む。いよいよ砂が深くなったところから、ボスとスタッフの男性に抱えられて海に入る。

私は「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー」の為に、マウスピースを唇で咥えることが出来ない。
はじめは、何度も口に入る海水を吐いていたのだけど、その内上手く方法を発見した

片手ではボスの引く浮き輪に掴まる。もう片方の空いた手で、唇をギューッとしめるのだ。そうすると、口から水が入らずにいつまでも顔を水中につけていられる。
浜辺を5mほど進んだところで右に曲がる。すると…そこはTVでしか見たことのない「海の世界」だった。


ダイビングセンターのスタッフの気遣いか、最初に映っていたのは先ず夫


海3



海2



私の一番、お気に入りの写真


海3



海6



珊瑚とシャコガイの色の美しさ。


海7



いきなり現れたダイバーさんにビックリ!


海9



黄色い小さな魚の群れ。


海10



鮮やかな魚たち。阪神タイガースのようなお魚さんも


海11



龍宮城の旅はもう少し続きます。いつまでも、この海に浮かんでいたい…。
いっそのこと、ダイバーを目指したくなりました







 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆




2014/05/07 23:34 | 夫婦モルディブ旅行COMMENT(0)  TOP

2014 ジュメイラ・ヴィッタベリ 思いやりサプライズ

2014.3.19

今朝もFirshanのお迎えのカートでサムサラに向かう。
最近、受付では日本語を勉強中のお嬢さん(スタッフ)がいらして、私達を見ると「おはようございます」と日本語で挨拶をしてくれる。
普段は「どちらのお席になさいますか?」と尋ねてくれるのだけど、今回は何も聞かれずインサイドに案内される。

そしてお店の中は自分の好きな席を選んで座るはずなのだけど、この日は黙って窓際の席に通された。
見ると、テーブルにはクロスがかけられていて、プルメリアの花が飾られていた。
特別にデコレーションされたテーブルを目にして、思わず「私達だけ?」と周りを見渡した。
心当たりが全くない。


食卓2



このテーブルだけだった。

訳も分からずに座っていると、マネージャーが来た。
「昨日の『キャンドルライトディナー』が台無しになってしまったお詫びです」…と。

昨日のディナーは、直前にひどいスコールが降ったために、砂浜にセッティングが出来なくなった。マネージャーの責任ではない。
キャンセルせざるを得なくなったことを、私達は却って申し訳なく思っていたというのに。
プルメリアの花と共に、テーブルセッティングがきちんとしてある。私達のために。


食卓1


マネージャーは、ディナーが中止になったことを気に掛けて下さって、このブーケを飾って下さった

細やかなお心遣いと、温かなおもてなしの気持ちが胸に深く響いた。
このホテルは、ハード面だけではない。スタッフの皆様のお陰で、穏やかでゆっくりとした、そして旅行者の希望を出来うる限り叶えて下さろうという気持ちが感じられて、本当に温かな気持ちになれるのだ。

「有難うございます」

もっと、感謝の気持ちを伝えたかったのだけど、他に言葉が見つからなかった。

本日の朝食。私はこの、ローストトマトが大好き


食卓6



満足げな夫。


食卓3



私はというと…。実は悲劇はこの時すでに始まっていた。
口を開けたまま昼寝をした為に、下唇が腫れてしまって痛くて仕方ない
この不満げな表情は、突き出た下唇を隠そうとしているもの。心では感動しているのにね


食卓5



この日も、いつものお心づくしのフレッシュマンゴージュースと、マネージャーのハート  にいたく満足をして、Firshanのお迎えを待つ。


お天気は曇り。でもいいの!海に潜ってしまえば、そんなの関係なーい


風景1



ヒャッホー!今日はいよいよ、これから二回目のシュノケーリング。この為にモルディブに来たと言っても過言ではない。
テンションMax 

さぁ、潜るよー 







 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆





2014/05/05 09:22 | 夫婦モルディブ旅行COMMENT(2)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»