障害認定調査

火曜日。

「障害認定調査」…正しくは「障害程度区分認定調査」の聞き取りに、市役所の障害福祉課の方にいらして頂いた。

初めて、家事援助のヘルパーさんを申請するために。

午後の時間を一杯に使って、筋ジストロフィーの発症時から…これまでの病歴&学歴&職歴&現在の生活&通院の状態など…詳しくお話をする。

もし、申請が通れば「調理」 と「掃除」 をお願いする予定。
今、両足で立つということが辛いために、料理をすることが難しい。

キッチン用の椅子はあるのだけど、私は「顔面肩甲上腕型 筋ジストロフィー」であるために、椅子に座ってしまうと両手を肘から上の高さに上げることが出来なくなってしまう。
そうなると、包丁が使えなくなり…

けれど、全身をシンクを預ける姿勢が可能な「食器洗い」はすることが出来る。
この「微妙な差」…理解して頂けるかしら?

ほんのちょっとしたことが、壁になる。
他の誰も気付かないようなことに、ぶつかる。

それが私たちの「障害」。

感謝すべき「家事援助」の制度。

もしも申請が通ったなら

① 1.5時間 × 3日

②  2時間 × 3日

③  2時間 × 2日

以上のどれかで選択が出来るそう。
家事配分と、具体的に「何をお願いするか」を考えておかなくちゃね。


有難く、人のお世話になる時が…とうとう…やって参りました。

感謝、の一言です。




  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひるポピーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります




2011/05/19 23:30 | 障害認定調査COMMENT(12)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |