呪縛

解放感。身も心も、ほどけていく。
こんな安堵の思いは、暫くぶりだと…思う。

「健全な魂は健全な肉体に宿る」

昔から言われている言葉だけれど、その意味を実感する。




2月9日に開腹手術を控えていた。今年に入り、そのために検査を重ねる日々。
「憂鬱」が私の心を覆ってしまって、1月も半ばを過ぎる頃には毎日を無為に過ごすようになっていた。

何もする気が起きなくて。ただ、ぼんやりとPCの画面を見つめている。
食事をすることさえ。眠ることさえ忘れてしまって、ただ、椅子に座っている。


それは、手術が恐い…というだけの理由ではなくて。
去年の12月末から感じる右足の痺れ。足に力が入らない。そのことが、車椅子への依存度を高くした。家の中でさえ、右腿に走る強い痛みで歩くことが困難になる。

このまま…。入院をして、お腹を切れば、いよいよ歩くことが出来なくなってしまう。筋力の衰えを自覚していた、ここ最近だから。
入院が長引けば、健康な人でも歩きにくくなるのだもの。だとしたら、私は尚更のこと。

今、思えば。
馬鹿げている。妄想に近い考えなのだと、分かるのだけど。

けれど、私は真剣だった。
負のスパイラルは加速を早める。


いよいよ手術前の主治医との面談の日。
先生は仰った。

「エコーとMRIの検査の結果、今回は石(胆石)が映らなかったんですよ」

一瞬、言葉の意味を理解できずにいた。
13mmと言われた胆石が、MRIにも…エコーの画像にも映っていないだなんて。
へなへなと腰が抜けたような脱力感。 そんなことって…あるんだぁ…。

「ところで、2月9日の手術はどうされますか?」

この質問に、再度、私は驚いた。
こんな状況でも手術はするの?お腹を開けて、石はありませんね、では閉じましょう…と、そういうこと?

少しだけ考えて、私は丁重にお断りをした。

先生は「今、キャンセルをすると、一ヶ月先の手術室は取れませんよ。緊急時、以外は」と、言葉を続ける。
けれどね。「お願いします」と言う方が、物凄く勇気がいると思うわ。

結局、胆石であることは確実らしいのだけれど。
あくまでも、「今回の検査」で「石は確認できなかった」とのこと。

今後は、三ヵ月に一度のエコー検査を受けながら、経過観察ということになった。

隣りで聞いていた夫も、しばらく唖然としていたけれど、診察室を出た瞬間に二人で笑いあった。

「ね、手術室、キャンセルしても良かったよね?」
「うん、いいでしょう。石が画像で確認できてからでも」



この瞬間、私は「呪縛」から解かれた。

「健全な魂は健全な肉体に宿る」のだ。

これまでの人生で「最悪」に近かった2010年を一度、断ち切りたい。
その願いを神様がきいて下さったような気がした。心から湧きおこる、感謝の気持ち。


いよいよ画像に「石」が映ったその時には…。
今度こそ、泣きごとを言わずに手術室を予約することにします





  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひるウサギの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2011/01/31 16:00 | 胆石COMMENT(20)TRACKBACK(0)  TOP

自分を信じよう

昨日という一日は「無」の気分だった。

悲しくもない。泣きたい訳でもない。不安…という訳でもない。

ただ、ただ、ひたすらに…棒のように横になっていたかった。



朝、夫を送り出してから「何かをする気力」が、どうしても湧かない。
私は「無」の自分を受け入れることにした。

ベッドにもぐりこんで、棒のように何も考えないことに決めた。

夕方、夫が帰宅して我に返る。

そうだ。私は、自分を信じよう。

そう思った時、心が生き返ったような気持ちがした。

これから体験する幾つものことを受け入れよう。
それが、私に与えられた「道」なのだとしたら。



私は自分を信じよう。




  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひる雪だるまの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2010/12/08 11:59 | 胆石COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

肝胆膵外科 受診結果

6月に「胆石」の告知を受けてから、重い重い腰をようやく上げて…本日、肝胆膵外科を初受診。

掛かり付けの大学病院は、初診の際の予約は出来ないことになっている。
外科を受診するというのに、いきなり知らない先生の診察は…不安が不安を煽るわ

…という訳で。
以前、お世話になった先生にお電話をして、肝胆膵外科の先生を紹介して頂いた。
これで一つ、不安材料を減らしたつもり。

それでも、やっぱり「たかが胆石の手術」なのだから、腹腔鏡手術が可能かもしれない。それなら簡単なオペだから、3日~5日で退院が可能と病院のHPにも書いてあったもの
だったら、そんなに恐がることはないのかもしれない

だけれど、診察の結果は私の期待を裏切るものだった。
ここには、医師から言われたことだけを書いておこう。「私の気持ち」なんて書いていたら、キリがないから。


☆ 以前の手術跡から見る限り、恐らく回復手術になると思われる。

☆ 筋ジストロフィーという疾患のある身体なので、手術に際しては慎重な検査が必要。

☆ 検査内容は、胃カメラ・腹部MRI・超音波(肝・胆・膵・脾・腎臓)。

☆ 手術前段階として、神経内科・麻酔科を受診のこと。

☆ 以前に、特発性血小板減少性紫斑病を患っているので、血液内科とも連携をとる。


ふぅぅぅ、大変

胃カメラを飲むくらいなら、死んだ方がマシだと本気で考えたことがある。

10年前の入院の時、MRIに突然入ることが出来なくなって…鎮静剤を静脈から打たれたことが数回あった。その後は、看護師の腕を泣きながら掴んで離さずに困らせたことも。
何故って、私は極度の「閉所恐怖症」だから。
肉体的な痛みより、精神的な恐怖を克服するほうが大変なことのように思われる。

取り敢えず、手術日は2月9日に決まった。それまで、手術室は予約で一杯なのだそう。

そして、まだ…ある。
いくら「のたうち回る」ほどの痛みが出たとしても、決して他医療機関で緊急手術を受けないようにと。
アナタの身体は事前の準備が必要です。必ず、この病院に来て下さい…とのこと。

緊急の痛みは、当面は点滴で処置をするんですって。

筋ジストロフィーって、面倒な病気。
これまで深く考えないようにしてきたけれど………アッ!思わず、一言、言ってしまった。


肝胆膵外科 受診結果の話は、やっぱり、これくらいにしておいた方が良さそうね




  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるキャンドルの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2010/12/06 20:48 | 胆石COMMENT(7)TRACKBACK(0)  TOP

カンタンスイ 熟考

木曜日は、カンタンスイ…の予定であったはずなのだけど。

どーしても。考えるところがあって、月曜日に変更した。
でもね。2日は大学病院の掛かり付けの科にきちんと行って…そして、カンタンスイのお医者様を紹介をして頂いた。

どの先生でも間違いないことは分かってる。
けれど「筋ジストロフィー」という特異な疾患を持っている身としては、慎重にならざるを得ないの

どこまで小心者なのか…とも、思うのだけど。
だけれどね。

「大丈夫ですよ。心配は要りません。腹腔鏡手術でやってみて、難しいとなれば、その場で全身麻酔に変更することも可能です」

そう、父の主治医は仰った。何と、恐ろしいことを。ちーっとも大丈夫なんかじゃないじゃない。
「その場」では、手術の方法を変更して欲しくないなぁ。あらかじめ、きちんと承知しておきたいなぁ。

ああ!こんなこと、診察前に考え過ぎるからいけないのね

早く月曜日になりますように…。
そして、裁きが(?)この身に下りますように…。


★‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★::*☆‥∵:*:☆*゚★


こんな時に癒される、我が家のフォトジェニック、コナちゃんのとっておき



コナ1



コナ2



左目の上は、最近、ショコラにやられてハゲてしまっているのだけど、それも可愛い

コナちゃんの居場所は私の膝の上が定番になった。癒される時間。愛おしい時間。




  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるツリーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2010/12/03 21:18 | 胆石COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

肝胆膵外科

肝胆膵外科…カンタンスイ外科?

初めて聞く、外来の名前。
こんな難しい…だけれど、漢字で見れば一目瞭然の外科があることを、今、知った。
「肝臓」&「胆嚢」&「膵臓」でしょ
明日は、掛かり付けの大学病院に行く予定にしている。今の今まで、胆石を診て頂くのだから「消化器」を受診するべきなのだと思い込んでいた。

けれどね。ふと気付いたの。

手術を予定しているのなら、「消化器」ではなくて「外科」じゃないの?

今、病院に電話で確認をしてみたら、やっぱりそうだった。
それも、ただの「外科」ではない。

「肝胆膵外科」…正しい呼び方は分からないけれど…。どう読んでも「カンタンスイ外科」だよね
はー

ようやく、ここまで辿り着いた。
後は、運を天に任せるだけ。大袈裟と言わないで~。

手術は何度経験しても、「慣れる」ものではないんだもの。

6月に「胆石」の告知をされてから半年経って。やっと、外科の受診に至るかな。

それにしても「カンタンスイ外科」。
何だか、中華料理のメニューみたい



  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるキャンドルの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


 

2010/12/01 15:52 | 胆石COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

とうとう来た…この日

それは、突然にやってきた。

イタタタタ 

昨日の夕食どき。
右、脇腹近くに差しこむ痛み。ああ、このことか…。
「胆石宣言」をして以来、初めて感じた、胆嚢(タンノウ)の痛み。

来るべき時が来たのかなぁ。
けれど、療養型医療施設に入院している父のことが気掛かりで…自分の手術のことなど考えられない。
我慢できない痛みではないし。まだ大丈夫。

…と、思っていたけれど。

今日は、二週間も前から予定していた、父の主治医との面談の日。
愚問とは知りながら、どうしても質問せずにはいられなくて。

「私の手術・入院中に、父に何かが起きることはありませんか」

そんなこと、神様にしか分からないということは…私はちゃんと知っている。

けれど、主治医の答えは私の予想外のものだった。

「痛みが出ても出なくても、それは手術をなさった方が良いと思います。13mmの大きさと言うのは、胆嚢に傷を付けてしまいます。そうすると、黄疸の症状が出て高熱が出ます。
この場合、熱が下がるまで手術は出来ませんしね。ご事情を考えても、出来れば12月。遅くとも1月いっぱいには手術をお受けになった方が良いでしょう」

主治医の話を聞きながら、次第に私は額に汗がにじむのを感じていた。

「いつか来る…日」は、「とうとう来た…この日」になった。



クロス




実は…。
こうして文章を書きながら…まだ、どこか他人事のような感覚の自分がいる。

けれど、父のために。自分のために。家族のために。

いよいよ来週、胆石のための相談のために…筋ジストロフィーの主治医の予約を入れなければ。

こうなると。「この世は全てお導きなのだなぁ」という思いに駆られる。
全ての出来ごとは、偶然ではなく、必然なのよね…。

とにかく痩せなくちゃ!
10年前のオペの時…脂肪が邪魔して、お腹の傷がくっつかない という、恐ろしいエピソードがあったんだもの。

あああ。ダイエットしながらのお正月は辛いわねぇ






  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるキャンドルの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2010/11/27 00:30 | 胆石COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |