胆嚢摘出手術

3日の月曜日に、掛かりつけの大学病院の肝胆膵外科(カンタンスイゲカ)を受診した夫は、その日に緊急で入院することとなった。その数日前から、強い痛みを胆嚢の辺りに訴えていたから。

心優しき肝胆膵外科の教授は、「あなたの場合は、緊急としてしか、お部屋が取れないから」ということで、融通を効かせて下さった。

「ここが、あなたの運が試されることころなんだよ」と、茶目っ気たっぶりに仰りながら。
運の悪い方は「ああ、たった今、残り一床のベッドがふさがってしまったんですよ  」と、なるらしい。
ところが主人は、見事、その運を発揮した。差額ベッド代の発生しない6人部屋を射止めたのだ。

因みに、空いている部屋は、一泊7万円と20万円の個室だった。検討の余地すらない。

私が、特発性血小板減少性紫斑病で、輸血の必要な緊急入院だった時ですら、「一泊¥27.500の個室になりますが、宜しいですか?」と尋ねられた。
たった今、輸血が必要な状態で「では、結構です」という訳にはいかない。刻は一時を争うのだ。死んでしまうー
どうしたって、命にお金は変えられないもの。

その様な経緯を数度経験しているので、今回も難しいのだろうと思っていた。
すると!何と、6人部屋に空きが出るという素晴らしい強運の持ち主

手術前、「これでやっと、食事が出来るよ!」 と、とーっても楽しそうで、手術への不安は微塵もない様子だった。
私は手術を恐れない主人を、立派だと心から尊敬した。

けれど…。


無事に腹腔鏡手術を終えた主人は、息も絶え絶えだった。

「どうしたの?」と、思わず声を掛けたほど。すると…。

「痛い………… 」と。

思わず「痛くない!」と言ってしまったけれど、まぁ、「痛み」というのは個人差があるものね。
手術後は、苦痛に顔を歪める夫の顔を見て、早々に引き上げることにした。

いくら「腹腔鏡」だから、簡単だったでしょうて…と言ってみても。本人が「痛い」というのだから、痛いのでしょう。

あんな主人の顔を見たのは、初めて。
日々、いろいろなことを体験していくのだなぁ。

主人の話は、まだ続きます




  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる紅葉の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

2012/12/09 01:24 | 夫の病気COMMENT(10)  TOP

昨日は朝から、夫の「大腸 内視鏡 検査の日」だった。
検査後は、自分で車の運転はしてはいけないということで、私が運転手を兼ねて付き添ったのだけど、診察室に消えていく夫の姿はなかなかに勇ましかった。

けれど 、診察室から出て来た夫の姿はヨロヨロのクタクタ。
検査後に、腸からガスを出さなければいけないという。帰りの車では「アー」とか「ウー」とか悶絶していた。
帰宅して、どうにか落ち着いた様子だったけれど、あの姿を見ると…内視鏡検査に踏み切るのには…ちょっと勇気が要るかも
でも、先ずは「異常なし」の言葉に一安心

夫は、検査・手術・入院には何らの抵抗もないと言う。
「油ものを採ると、胆石になるよ!」と何度繰り返しても、「大丈夫。その時は手術して、石をとるから 」と…。
んんー、そういう問題じゃないんだけれど…。内臓を切るのって、痛いよー と脅したところで、効果なし!
夫って、本当に不思議な人。

いちいち検査だと思うだけでお腹が痛くなる私から見れば(緊張性の腹痛)、何と羨ましい話!
私の場合、「明日、検査だ!」と思った瞬間から…お腹が痛くなるもの。

ちょっと、主人を見習おう。あの神経の太さ…いえ、大らかさを学ばなければ。
いざ、入院で手術となった時に対応がし易いと思うから。

細かいことを気にせずに…柔軟に対応していく姿勢…ああ、そんな人に私はなりたい




  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひるコスモスの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2012/10/28 23:00 | 夫の病気COMMENT(2)  TOP

脱力

毎度のことながら、お騒がせしております。

取り急ぎのご報告です。

夫の「入院」は、なくなりました

脱力しました。余りにホッとして  

今回は、「骨髄炎」の疑いでした。夫が過去、交通事故に遭った時の怪我が原因です。

彼は一度、結婚前に骨髄炎を発症して入院したことがありました。
その時の症状に、とてもよく似ていました。なので、最悪の事態を想定せざるを得なくて…。

私はかなり逼迫した精神状態に陥りました。

今回、通院の点滴治療に専念したことで、「入院」を回避することが出来たようです。

明日、もう一日お休みを頂いて、週末は安静にすることになりました。

週末から、「夫が入院してしまった時の生活への不安」に苛まれていました。
そして。
blogで気持ちを吐き出した昨日、大分、不安が薄らぐのを感じました。

ご心配をおかけ致しました。

この場が私にとって、「安らぎ」の場であることを再確認出来ました。

聞いて頂いた皆様。本当に本当に、有難うございました




  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるクローバーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります



2010/07/29 23:07 | 夫の病気COMMENT(18)TRACKBACK(0)  TOP

大ピンチ!

実は、先週末から「大ピンチ」の日々でした。

「でした」と、今は過去系だけれど、まだ予断は許しません。

一ヶ月ほど前から、交通事故で後遺症が残った右足が痛いと言う夫。

自宅近くのクリニックに通院していました。検査などして過ごしていたのです。
ただ、痛みは日々増すばかりでどうにもなりません。会社から戻ると、とにかく足首を冷やして休め、安静に過ごしました。

ところがね。
「痛風」との診断が…違っていたようで、週末から足首がふくらはぎと同じくらいの太さに腫れあがりました

誰が見たって「異常」です。

それでも出社する!という夫を引きとめて、大学病院に出掛けました。

結果。

「このまま入院しましょう」…と。

エエエエエ!!!!!

確かに、異常だとは思ってはいたけれど。

「このまま入院  」

夫は「今日は会社に相談します」と、「即日入院」をお断りしていました。
た、確かにね… 色々、準備もある訳だしね…。




ここから私のパニックは始まります。

もう、泣いちゃうよ。いきなり、一人暮らしってどうなのよ。
後悔ばかりが先に立つ。

こんなことなら、車椅子を車に積む装置。きちんと業者にお願いしておくべきだったし。
一人で買い物に行かれないのだから、その手配も考えておくべきだったとか。(こちらに関しては、ネットスーパーで解決出来そう


いえいえ、自分のことばかりではないんですのよ。勿論、夫のことが一番心配です。本当よ。

こんな風に書けるのも。
「即日入院」が、もしかしたら「執行」を免れるかもしれないから

金・土・日・月…と朝の9時に点滴に通った甲斐があったかもしれません。今は、少しづつ「腫れ」が引いてきました。

取り敢えずは明日です。
明日の主治医の診察で、執行の取り消しが決まりますように。


神様、お願い!どうにか夫の炎症を、このまま治して下さいませ




  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるクローバーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります




2010/07/28 14:33 | 夫の病気COMMENT(25)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |