MRI と ヒートテック

週の半分を「通院」に費やしている私の職業は「病人」。

朝9時頃には家を出て、18時過ぎに帰宅すると…身体に力が入らない。疲労困憊。何をするにも時間がかかる。

そんな訳で、いざ病院に出掛けるまでに気力が要ったのだけど。最近、ようやく割り切れるようになってきた。

来る敵(病気)は、バッタバッタとなぎ倒していくしかないのだ。
身体の不具合を感じたら、迷わずに病院に向かう。切るでも、点滴でも、何でもやって頂戴。

「何かの病気だったら、どうしよう」…そう悩んでいる時間だけ勿体ない。
…ということに、病人歴は長いのに、やっとやっと気付いた。

けれど、どうしても躊躇してしまう検査がある。

MRI

大抵の友達には驚かれる。
「あんなもの、痛くも痒くもないじゃない!じっとしてれば良いだけなのに」

滅相もございません。私は極度の「閉所恐怖症」のために、「普通」の状態でMRIには入ることが出来ないのだ。事前の準備が必要だ。

今でも鮮明に思い出す。10年前。私は手術を控えていた。どうしても、必要なデータなのだ。
いざMRIの台の上に横になり、機械が動き出した瞬間に私は叫んだ。

「誰かー!助けて下さい!出して下さい!」

そう言って、機械の入り口を 両手でガシッと掴んだことを…。
この時は入院中でもあったので、この事件以降、「主治医待機」の検査となった。一度は、鎮静剤を打たれたこともある。

はー、それ程までに恐ろしい「MRI検査」は明日の予約。

初めて技師の方に言われたのだけど…。
「ユニクロのヒートテックは着て来ないで下さいね。火傷をする恐れがありますから」 と。
便利な物が発売されると、注意事項も増えていく。

明日の用意は、準備万端。
アイマスクはバッグに入れて、何度も何度も確認したから…。(アイマスクがあれば大丈夫)

私、採血には強いのだけどな

人間、得手不得手はあるものですわ。



  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひるスミレの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

2012/05/17 00:10 | 病院COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

チャンス!

10月の半ばから、延々と治らない風邪。

きちんとお医者さんにも行っているのに、治りかけては又、風邪をひき…の繰り返し。

こんなんじゃ、いつまで経ってもインフルエンザの予防接種を受けられないー と焦りの増す日々でした。
だって、体調万全でなくては手術は受けられないのだもの。勿論、予防接種もね。

今、ここ最近にないほど、体調管理に気を遣っています。
入院するのに「体調管理」だなんて、何だかおかしな感じがするけれど。(それも来年2月の話)

そこへ、いきなりのチャンス到来

昨日の神経内科受診で、無事にインフルエンザの予防接種を受けることが出来ました

思い付きもいいところ。
診察室の前に張り紙がしてあったのです。

「インフルエンザの予防接種をご希望の方は、外来までお申し出下さい」

今だ!と思いました
チャンスって…迷っていては、その後ろ髪を掴み損ねてしまうのよ。

主治医によれば、熱さえ無ければ大丈夫とのこと。多少の咳やクシャミや構わないのだそう。

全くの思い付きで受けた予防接種だけれど、これで、ホントに一安心。

予防接種をしそこねて、インフルエンザにかかり、胆石の手術もしそこねる…という最悪の事態は避けられそうです




  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるツリーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります



2010/12/15 17:49 | 病院COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

怒涛の掛けもち

今朝は、余りスッキリしない曇り空。
こういう日は、気分もスッキリしないものだけど、そうも言っていられません。

「よしっ!」と、掛け声をかけてテンション上げないと
何が怒涛と言って、今日は「移動」が多いのです。


本日、朝食抜き。10:30より小平の病院にて、消化器の検査。エコーと採血

午後は新橋に移動して、大学病院を一科受診。

夕方、日比谷の歯医者さんへ。


もう、今日は「医者巡りの日」と覚悟したので、行って参ります。
一つ一つ、こなしていかなくては先に進めないわ。



tdoll.jpg

PHOTO ST  by tdoll


「よしっ!」

淡々とこなし、最後の歯医者に辿り着いた頃には…きっと充実感で満たされているはず

そう信じて、頑張りましょう。


「よしっ!」 (←シツコイ ?)



  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるクローバーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります



 

2010/06/11 08:17 | 病院COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

慣れ

「慣れ」って凄い。

記念すべき11日の誕生日に、奥歯にかぶせたセラミックが外れて以来…。

覚悟を決めての歯医者通いが始まりました。

ん?こうしてblogを書いていると、私の外出先って「病院」ばかり 汗

けれどね、「通院」って頭を使います。

「次のご予約はいつになさいますか?」

そう聞かれ、自分のスケジュールを頭の中でクルクル思い出す作業。
最近の私は「予定は未定」なので、ハッキリと即答が出来なくて。

特に厄介なのは、歯医者さん。通う頻度が高い。

そして、遠いのです。自宅から車で、中央道&首都高をかっ飛ばして1時間。
普段、のんびり屋で呑気な私。ハンドルを握ると性格が変わります。

いえ、本性が出る…と言った方が正確かもしれません ねこ

片道1500円(障害者は半額)を使ってまで行く、その歯医者さんへの通院歴は15年になるのだわ。
これほど信頼出来る先生は居ないのです。お友達の紹介でした。

「今どき」の歯医者さんではありません。治療法は「昔ながら」と言う感じ。

「前歯はね、麻酔の注射の方が痛いと思うから、このまま削っちゃいます」

えええ!(心の声)

「歯茎の治療に入ります。痛いだろうけど、我慢して下さい。でも、よっぽど我慢が出来なくなったら、手を上げて」

………ここで考える。

「よっぽど我慢の出来ない痛み」ってどのくらい?
だって、我慢しなければならないのでしょ?

歯茎をね、あの鋭い機械でガンガン削られれば、それは流血するというもの。
痛みだって、かなりのものだと思うわ。
「痛い」と認識する前に、涙が浮かんでいるのだもの。意識せずして。

けれど私、昨日のblogにも書いた通り(コメント欄ですけれど)、大抵の「痛い検査」は経験済み。

特発性血小板減少性紫斑病の時には、骨髄にだって「針」とは呼べないほどの「太い針」で、ズシン…と穴を開けたもの。

開腹手術も経験した。

あれや、これや考えるとね。

「これくらは、我慢のうちに入らないよね」

「痛み」って慣れるものなんだなぁ…と考える自分に気が付いた。

それが今日。慣れって凄い。

は!そうだ!

耐えられない痛み!思い出した!この子のクチバシが刺さる時!


シナモン2



この子!シナモンに噛まれて、最近、何度血を流したことか 汗
マニキュアを塗った私の指先を目にすると、ひどくヒステリックに怒るようになった。


シナモン4



このクチバシには叶わない。

我が家のギャングには、降参です ルリコンゴウインコ


シナモン1



歯医者通いは、まだ続きます。トホホ。



  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるお城の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

2009/10/24 00:16 | 病院COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

言うべきか。言わざるべきか。

昨日は、朝早くに自宅を出て、車で父を迎え新橋の大学病院へ。

父は先日の「自室で血だらけ転倒、意識を失い救急車で運ばれる事件」以来、その右腕はパンパンに腫れて、殆ど機能しなくなってしまった。

普段の何倍にも腫れあがった腕(付け根から指先まで)は、しばらくすると、これまでの状態に戻ったので、私は何も疑わなかった。

それが。

先日、父に会った時。右の手首から先が麻痺していることに気付いた。

「どうして何も言わないの 怒 」

「言ったら怒るだろう?」

「怒りはしないけど…どうして、そんな状態で病院に行こうと思わないかな 怒 」(結局、怒ってる私)

一人では決して病院に行こうとしないので、見兼ねて父をさらう様にして連れだした。
私も二科受診する日だったので、丁度良かった。

私の二科受診は、この日、一時間で奇跡的に終わり。

受付で「整形外科」を受診するように言われた父に付き添って、順番を待つ。

医師は、「手首は上がるけれど、その先が全く機能しない右手」を触ったり、なでたり、叩いたり。さっぱり訳が分からなそう。

取り敢えずはレントゲンを撮って、又、診察室へ。
レントゲンの結果を見た医師は、更に訳が分からなくなってしまった様子。



rara2.jpg

PHOTO ST  by らら


散々、首をかしげた挙句、「もっと詳しい検査をしましょう」と仰った。
レントゲンより、詳しい検査とは?

聞かされた検査名。

「筋電図」

ヒョエー。

私は苦手。苦手どころか、筋電図の検査をするなら死にます!と医師に言ったことさえある。

ううーん。筋電図がどういう検査なのか、言うべきか。言わざるべきか。

「知らぬが仏」と言うものね。やっぱり、言わずにおきましょう。

ところが!今は「検査の内容を事前に詳しく説明する」システムになったようだ。
診察が終わって、グリーンカウンターに向かう。

心臓バクバク、ドキドキしながら説明を聞く私。
父は至って、平然としている。

けれど、やっぱり口を出してしまった。

「あれ?今は針だけではなくて、電気だけの検査もあるんですか?」

凄い!医療の進歩って!
未だ、その日にならないと分からないけれど、電気でも検査が可能なんですって じー

はあー。良かった。
痛みには強い父なのだけど、ハラハラしてしまったわ。

一人で行って、帰って貰おうと思ったけれど、検査後のことを考えると…それも出来ず。
結局、付き添うことにした。

一人じゃ、行かせられないもの。
電気だと良いね、お父さん!

※ 私が高校生の頃に経験した「筋電図」と、今の検査方法では格段の差があります。
今はもう、針でも大丈夫ですのでね。誤解なさりませんように
ウインク ハート



  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるお城の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

2009/10/23 00:20 | 病院COMMENT(17)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |