4時間のお散歩

さて!今日も自転車で坂道を行くぞ!と意気込んだものの…主人に「買い物に行こう」と言われ、止む無く断念

が!この「買い物」の過酷だったこと!歩き続けること、4時間…。

私はね、お買い物が嫌い。デパートやファッションビル、本屋に入ると何故かアイコン名を入力してください必ずお腹が痛くなるの。不思議。
だけど、足を一歩、前に踏み出さない限り、決して前には進まない。今日はそんな当たり前のことを痛感した一日。帰宅してグッタリ。

自転車も一緒。ペダルを踏まない限り、前には進まない。

うーん、何だか「人生」と似ているなぁ。

2008/10/06 22:10 | リハビリCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

果てしなき坂道

結婚前は、自転車が大好きだった。ひたすらペダルを踏み、風を感じることが好きだった。

だけれど。結婚して引っ越した今の住宅地は坂道だらけ。どこをどう進もうにも、坂道は必須。結婚当初に「電動機付き自転車」を買って貰い、張り切っていた。けれど、この電動機付き自転車が活躍した期間はほんの僅か。

夏は暑くて、冬は寒いんだもの

かくして私の筋力は、ここの所異常に落ちた。駅までタクシー使っているんだものね。
今日の午後。そんな私を心配した主人に、無理矢理外に引っ張り出された。

「あの公園まで行くぞ!」
「え?これから雨が降るんだよ…」
「あ!本当に降ってきた!悪運の強いヤツだなー

ふふふ。雨女の本領発揮!

「いいや、一回りだけでもしよう!」

えーーー。結局、行くのぉーーー。

玄関の鍵を閉めた途端に雨は上がり。。。。。
一年振りのサイクリング(?)
私と同じ下肢障害の夫は、三輪バイクで伴走してくれる。

…………もう、駄目。最初の坂道で自転車を降りて一休み。
心臓が…バクバクいう。ハァハァ。
主人はバイクを止めては、怪訝な顔で振り返る。

とにもかくにも…目的の公園に辿り着いた。私は流れる汗を拭くことも忘れ、目の前の高校野球児たちの試合をボーっと眺める。もう「達成感」に浸っていたんだもの。

すると!
「帰ろうか?」…と主人。
「ううん、やっと着いたんだから、もっと此処に居る」
「……………うーん」
「何?」
「4時からTVが見たいって、言ってたじゃん!帰りたいんだよ!」

なんじゃ、そりゃ怒

まぁ、ええわい。私は一人で主人と違う道で帰った。キンモクセイの香りがする。風を受けて走るって気持ち良いアイコン名を入力してください

これからの日課にしよう。雨が降らない限りはねおはな 

2008/10/05 19:58 | リハビリCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |