江戸川花火大会

先週の土曜日、花火見物に出掛けた。
性懲りもなく…。

性懲りもなく…というのは、その前の週、昭和記念公園で予定されていた花火大会に出向いた時のことだ。

去年は一度も花火を見ることはなかった。
夏の夜空に咲く大輪の花。
あの、お腹に響くドーンと花火が打ち上げられる時の音に風情を感じる。
夏は大の苦手だけれど、花火だけはひどく心待ちにする行事なのだ。

けれど、このところは車椅子での移動が面倒に思えて、引きこもりの生活を送っていた。
出掛ける先は病院ばかり。
この二年間、不安障害に苦しんでいたこともあったのだけど、今年は「夏」を感じたいと思えた。

そうして、二年振りの花火大会(昭和記念公園)に出掛けたのだった。
開演は19:20と聞いた私達夫婦は、4時間前には会場に着いた。この日の陽射しは容赦がなかった。時間がひどくゆっくりと流れていく。
太陽が本当に沈むのか不安になるくらい、長い時間に感じられた。

後、30分。
そう思った時、空は黒い雲に覆われた。
「まさかね」…と思ったけれど、冷たい風が木々を大きく揺さぶっている。
これは、ゲリラ豪雨というものだろうか。
車の横に車椅子二台を並べていたのだけど、早々に私達は車椅子を片付けて車内に戻った。
見てみると、意外にシートを広げている人達がいる。
私達は走ることが出来ないけれど、「そうかぁ、健常者は足に自信があるのね」などと妙に感心をしながら眺めていた。

そこに、鮮明な稲妻 が走った。
「え?… 」と思ったその時、車のフロントガラスを激しい雨粒が打ち付けた。
そのあとは「バケツをひっくり返したような」ひどい雨の降りようとなった。

ゲー、あの4時間は何だったの 」とも思ったけれど、笑ってしまうくらいの雷雨だったので、「仕方がないね」とアッサリ会場を後にした。

そんな先週を経験した為に、花火大会に行こう!という気力が湧かなかったのだけど、夫に誘われて…性懲りもなく出掛けてみることにしたのだ。

もう、4時間前から場所取りをすることは止めた。開演2時間前に会場に着いた。
お好み焼きを買い、ウーロン茶を準備して、後は準備万端待つだけになった。
空は夕焼けに包まれている。

ゲリラ豪雨の多い今年の夏だけれど、諦めないで良かった

夏の夜空を彩る花火は圧巻だ。


花火3



花火2



花火1



夏の夜風が心地よかった。
そして、車椅子の私の手助けをして下さろうという方達に何人もお会いした。

この世の中、捨てたもんじゃないな と感じる。

気持ちがほっこりした一夜になった。






 人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆



2013/08/07 21:55 | お出かけCOMMENT(6)  TOP

動物園 - 横浜ズーラシア-

結婚記念日の前日は、横浜ズーラシアに出かけた。夫の熱烈なリクエストで。

現在、私は杖歩行と電動車椅子を、その時々に合わせて使い分けている。
もう作ってから2年以上経つのだけど、まだまだ不慣れ。「暴走車椅子」と化して、危険この上ない。
エレベーターの壁に激突したりするので、最近は、特に注意する様になった。← 当たり前だけれど

10日、私は電動車椅子。夫は、手動の車椅子で園内を出発!
けれど、何しろ広い。「アジアゾーン」を回れば、次に「亜熱帯ゾーン」…と、進んでも進んでも…先は見えて来ない。
手動の車椅子に乗っている主人は、車を降りてから、まだ1時間というのに、「もう帰るー?」と聞く
おいおい、子供じゃないんだからさ…。もうちょっと、頑張りましょうよ。

あんなに張り切っていた夫のテンションは、下がるのも早かった。
「ねー。こっちの道の方が近いって  ショートカットで行かない?」

…はぁ。そうしますか…。亜熱帯ゾーンは見られないのね。けれど、この暖かな陽射しの降り注ぐ日、ソッコーでホテルにチェックインするというのも勿体ない気はするけれどね…。

私が初めてズーラシアを訪れたのは、もう20年近くも前のこと。余り良い思い出ではなかったわ
その頃とは、大分、趣も変わっていた。 

清潔で、工夫のされた檻。広く、伸び伸びと歩く動物達。
残念だったことは、その種類が一頭しかいない場合が多かったこと。


ペンギン



水鳥



熊


※ 被写体の大きさに統一感がなくて、ゴメンなさい ペンギンと熊が同じ大きさって…。


夫が「ヤマネコ」を見て、「お!カッコイイな!今度は、アレを飼うか!」と、無邪気に発言をした時には、かなり恥ずかしかった

奈津 「飼える訳がないでしょ!」
夫  「よし!じゃ、家のショコラをあの色に塗るか!」

アホかいな


とうとう、出口までの長い道のりをリタイヤして、亜熱帯ゾーンへは寄らずに帰ることになった。
けれど、午前中から15時まで回ったもの。もう十分。次は、また来た時に残りを回りましょう。


道すがら…。春を感じる花に癒される


梅2



梅




楽しく遊んだ後は、ホテルのお部屋に。
とても素敵なお部屋なの


部屋2



年に一度の結婚記念日。いつまで、私の我が儘に付き合ってくれるかしら?
これからも、末永く宜しくお願いいたします…旦那様







  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります



2013/03/14 14:00 | お出かけCOMMENT(2)  TOP

テラス席

先日、夫とお彼岸のお墓参りに出掛けた時、久し振りにお台場でランチをしようということになった。
お寺さんと、お台場は割と近い位置にあるのだ。

行きつけの、イタリアンの店に入る。
テラス席に出るには、階段を三段ほど昇り降りしなければならないのだけど、杖と夫の腕があれば大丈夫。

テラスに出ると、爽やかな風が肌を撫でていく。湿度の低い、優しい空気にホッとする。
これまで過酷なほどの「夏」の暑さに、うんざりしていたから。

何て穏やかな時間なのだろう。


テラス席



ゆっくりとパスタランチを食べていたら、お腹は充分に満ち足りた。
目の前に広がる、背の高いビルの乱立している風景をぼんやりと見つめる。

気持ちが良い。こんな、解放された気持ちになったのは、随分と久し振りのことだ。

帰り途。胸に沁みる夕焼けに出会った。


夕焼け



ここのところ、家の中に引きこもりがちだった。
外に出てみて。久し振りに靴を履いてみて。やっぱり、心は弾んだ。

これから一気に、季節は進む。
もう少し、外に出る勇気を持とう。玄関から、一歩でも踏み出す意思を持とう。

私の大好きな秋だもの。




  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひるコスモスの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2012/09/29 00:16 | お出かけCOMMENT(4)  TOP

お彼岸と中華街

今日は目覚めた時から爽やかだった。リビングの窓を開けると、涼やかな風が吹き抜ける。
私が一年で一番、心待ちにしていた季節。秋を肌で感じる喜び。

だけれど、今日の外出先は振るわない。お休みの日に、早起きをして向かうのは大学病院の検査室なんだもの
夏の健康診断で、「胆嚢ポリープ 疑い」との結果が出た夫。昨夜から「絶飲絶食」の指示のもと、10時には超音波室に入る。20分後には少し、不安げな顔で現れた。

「胆石が数個。あるようです」

又だわ…。私の消えた「胆石疑惑」   13mmの石はどこへ消えたの?
夫の結果は後日ということで、病院を後にする。

そして、森下にある私の母と祖父母の眠るお寺さんにお参りに行く。お彼岸だけあって賑やか。お線香の香りが立ち込めて、色鮮やかなお花があちらこちらに供えられて。
来週は、母の33回忌。法要のために、又、来るね。

ここで、急に大幅な「計画変更」をする

余りにも秋の陽射しが心地よいものだから。突然、「どこかにお出掛けしようか」という話になる。
「山中湖にしようか!」…「さっきの渋滞を見たでしょう。山中湖に行くなら、午前中に家を出なくちゃ…」
それもそうよね…。行きたかったなぁ。山中湖。

けれど、森下にいるのだから仕方ない。そうだ!横浜に行こう!


関帝廟


中華街と言えば「関帝廟」。賑やかな色が青空に映える。

絶飲絶食だった夫は、先ずは中華街でお腹を満たしたい。「重慶飯店」は車椅子でも充分入ることが出来そうなお店だったので、ここに決める。

ダイエットの決意固い、夫婦の食事とは思えないのですけど
美味しいものを頂く時は、味わって頂くことにします。


お料理1



お料理2



お料理3



デザート


まだまだ、お料理は続いたのだけれど、食欲に負けて写真を撮ることがおろそかになってしまった。
東寺の井上さんの「書」の教えは…まだ生きてはいないわ。煩悩だらけの私達…。

お腹が満たされた後は、山下公園を散策する。秋の陽射しほど、気持ちが晴れるものはない。
過酷な夏の暑さが過ぎ去って、ようやく命を吹き返す。「生きているんだな」と実感する季節でもある。


港に停泊している氷川丸で休憩中の、カモメたち。


船1



船2



幼い頃に登った記憶がある。マリンタワー。懐かしい。


マリンタワー



横浜の香りを一通り満喫して…。

さぁ、これからが大変だったのだ。
横浜から、第三京浜を通り、中野区の江古田へ。そこから夫は三輪車のトライク(バイク)に乗り換える。
夫の誘導で、杉並の父のマンションへ部屋の片付けに…。
杉並から自宅まで、又、夫の誘導で運転。ナビは勿論あるのだけど、夫は「裏道」を使いたいのだ。
21時過ぎ、夫の実家に中華街のお土産を届ける。

22時前に、ようやく帰宅。

思い付きで動いた一日だったけれど、今日は心地よい疲労感。
秋と冬は、私の季節

夏、暑さで動くことが出来なかった分、少し頑張ってみようかな。
うん、頑張れると思うもの。私☆




  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる蝶々の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります



 

2011/09/24 23:55 | お出かけCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

電車は冒険!

24日、ぺたこさんの「和小物展」にご一緒しましょう…と約束をしたTちゃん。

実は私、ちょっぴり憂鬱でした。我が家から「東急東横線 祐天寺駅」まで、絶対に電車で行く方が早いはず。
だけれど、私鉄を三本乗り換えなければいけないことに、怖じ気づきました アップロードファイル

ここの所、車ばかりで移動していたしなー。ああん、行ったことの無い場所にナビを頼りに行くのも不安。一人で電車に乗るのも不安。
「どちらが安全か」と考えて、結局は電車で伺うことにしました。

ネットの「路線情報」を印刷して、準備OK!
けれど、劇団を辞めた後に入社したシンクタンクで、営業職にあった私。当時から、歩くことは苦手だったので、目的地まで確実に(出来るだけ)歩かずに済む乗り換え方法を考えます。

渋谷は避けたい。様々な線路が交わっていて、A線とB線は近いけれど、C線とD線は一駅くらい歩くし…とか。
検討に検討を重ねた結果、仕方がないので渋谷駅で乗り換えることに決めました。Tちゃんとは、目的地で待ち合わせ。

近所の私鉄駅から、下北沢で下車。井の頭線へ乗り換え。

げげげげげ。

何よー、この階段!私が営業で回っていた頃と全く変わっていないわ 変な汗
このバリアフリーの時代に何ということ!エレベーターとかエスカレーターとか無いの?

ふううう。階段の下から上を見上げて、溜め息をつきます。そうして決心します。

階段を昇らない限り、決して祐天寺には着かないのですから。
けれど。おお、思ったよりも意外に楽にクリア!

渋谷に着きました。

………。
前夜、あれだけ悩んだ「井の頭線と東急東横線は遠かったのではないか?」という「記憶」は間違っていませんでした 泣

「んもー!だから渋谷での乗り換えは嫌だって言ったのに!こんなに歩くじゃんよー!主人め!いい加減なことを言ったなー!」

…と、主人に八つ当たりもいいところだけれど、心の中でブツブツブツ…。

やーっと東横線に着いたと思ったら!又、階段!

とにかく、一歩足を踏み出さない限り、絶対に目的地に着かないことは分かっています。
ふううううう。やっと、東横線の改札を通りました。
そこで、偶然Tちゃんに声を掛けられます。

ああ、急に疲れが飛んでいくような はーと

が。

行きはよいよい、帰りは恐い~。



銀色の電車

by sue


ナーント!足の悪い私に気を遣ってくれたTちゃんから前日「ラッシュ前には帰りましょう」とメールを貰っていたにも関わらず…。
「ちょっとのお茶」のつもりで寄った渋谷駅のスターバックス スターバックス に、どれくらい居たでしょう。
お喋りに夢中になってしまった私。気付けば、正に「ラッシュ時」でした。後悔先に立たず。

しかも、東横線出口から井の頭線まで一番遠い(と思われる)デパートの一階に出てしまいました。

この時、私の頭をよぎったのは…渋谷からタクシーに乗ったらいくら?という馬鹿げた発想でした…。

Tちゃんは、私に腕を貸してくれながら…励ましてくれながら、歩幅を合わせて歩いてくれます。何と、有難いこと。

電車を利用する時に、何が恐いかと言うと、降りる時に開くドアはどっち !? ということです。
ドアの間近に居ないと…ホームに着いた途端、人に押され、流され…転ぶこともあります。もう、想像するだけで恐くて恐くて。

Tちゃんに遠回りをして、一緒に私の最寄駅まで帰って貰いました。

本当に本当に有難う。文字通り、私を「支えて」くれて。頼もしい介護者でした。

「はい。ここに座って!はい。次の駅でドアの前に立つよ!はい。着いたみたい。乗り換えよ!」

ああ、心強かった。
リハビリも再開した私ですけれど、まだまだだなぁ…。もっと、ちゃんと頑張って、楽々と一人気楽に電車に乗れるように頑張ろう。

確実に、行動範囲、狭くなったもんなぁ。これではイカンのです ダッシュ


ダッシュけむり 本日の、Natsuの運動量 (家事は含みません)

一階と二階を三往復。庭仕事。


  人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ 筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります☆


2009/04/27 00:32 | お出かけCOMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

ぺたこさんの「和小物展」

24日は、敬愛するぺたこさんの「和小物展」に伺いました。

ぺたこさんは「ぺたこさんの手作り生活」 (Book of dreams)や、「知識ゼロからの着物と暮らす入門 」(幻冬舎実用書―芽がでるシリーズ)などの本を出版されています。

と言っても、お着物にはとんとご縁のない私…。ぺたこさんとお知り合いになったのは、私の人生における「キーマン」のようなお友達(エミリー=日本人)を介してのことなのです。

そうして、ぺたこさんのblogがご縁で知り合ったお友達のTちゃん。
こうしてみると、やっぱりネットの世界は侮れない。
新たな出会い、新たな世界に出会えるのですから 絵文字名を入力してください

祐天寺にある日向堂というギャラリーは、とても素敵な空間でした。
物を作ることが好きな人には、きっと、ワクワクドキドキの小さな世界が広がっています。

作品を先ずは一通り拝見して、早速お食事。日向堂さんのメニューです。
私は「豆カレー」を頂きました。左に見えるワカサギは、Tちゃんが「どうぞハート 」と言ってお皿に分けてくれました。

自然の味。ご飯も、カレーのお豆も、添えてある野菜も…本物の「自然」
美味しく頂きました。



豆カレー



食事を終えて、今度は作品をじっくりと。
私に着物のことは分からないのですけど、Tちゃんは目がキラキラしています。

ずーっと何やら一人で呟きながら、楽しそう。
「わ!これも素敵!わ!こっちも素敵!」と賑やかです オンプP1

私も「今日の記念に」と、帯留めを一つ購入しました。
これは、裏の金具の部分にゴムを通せば、髪飾りにもなる優れものです。

発見しました!面白いの!帯留めを見る角度によって、色々な物に見えるのです。


帯留め1





帯留め2





左側。グレーのラインが「ハート」の形に見えます。右側。今度はラインが「鳥」を連想させます。
見る人の気持ちによって、変わるのでしょうね。

私には、ぺたこさんの様な「物を生み出す力」が無いので…本当に尊敬します。
もうもう、愛らしい物、お洒落な物ばかり。

本当は私、ぺたこさんオリジナルの「へその緒入れ」が最高に気に入っているのですけど、今はお待たせしている方が沢山いらして、受けていないとのこと。残念!

三人で


最後に、ぺたこさんにお願いをして一緒に写真を撮って頂きました。

あああ、後ろのぺたこさんの作品、撮らせて頂けば良かった!
日向堂さんには長居をしました。居心地が良くて。

ぺたこさんの 「和小物展」

4月22日(水)から28日(火)まで
ギャラリー&カフェ日向堂 (東急東横線・祐天寺徒歩1分)

途中駅まで、ぺたこさんとご一緒に。
その後、Tちゃんとの「ラッシュ時帰宅大作戦」が始まります。

P.S. しかし…和小物展にお邪魔して、「豆カレー」の写真が一番大きいというのは、如何なものか…。
自分のセンスを疑います泣

- 続く -


ダッシュけむり 24日の、Natsuの運動量

私鉄三線を乗継ぎ、祐天寺まで。帰路は、渋谷駅をグルグル回り…息も上がります。Tちゃんが一緒に帰ってくれなかったら、私は未だに自宅に帰ることは無かったと思われる程の運動量です。


  人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ 筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります☆


2009/04/26 02:50 | お出かけCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

ジュウタイ

ジュウタイ…と言えば?

重体…重態…渋滞…とありますが。

今日のジュウタイは、この 渋滞!

泣ける…こんなの初めて 涙

今日は、亡き母のお墓参りです。先ずは私が父をピックアップ。そのまま両国のお寺さんへ。弟とは、直接お寺さんで待ち合わせることにしました。

珍しく、予定の30分も前、9:00に家を出た私。おお、好い感じ。
と、思ったのも、はじめの30分。

きちんと、J-WAVEの「Traffic information」を聞いて、一般道の方が空いている!と判断して車を出したのでした。ところがね…走り出して30分を過ぎた辺りから、車が全く動きません。

世間が連休であることは承知しています。でもでも!一般道で、これ程までの渋滞は経験したことがありません。

普段から、トローリ・ノンビリ・スローな私は、これまで…

「渋滞は苦にならないの~ 笑顔ハート

と言ってきました。本当にそう思っていたのです。ゆっくり音楽も聞くことが出来るし、何より煽られもせず、じっくりアクセルを踏めばいいだけでしょう?一人の車内はくつろげるわ…なんて。

けれども、今日の「渋滞」は異常でした。本当に、2mも動かない!1mづつ…ゆっくりじっくり進むだけ。さすがの私も苛々が脳と身体を支配します。

ギャー!と叫び声をあげたい気分に ガーン



車内より



春のお花を撮ろうと持参したカメラ。撮るものが無いので…運転席から カメラ


けれど、まぁ。1mでも2mでも、車が進めば父のマンションにも着きます。お寺さんにだって、到着します。酷かったのは、帰り道。

朝の9:00に自宅を出て…帰り着いたのは20:00少し前になっていました がーん

普段なら、自宅→父のマンション→お寺さん…のコースは2時間で行かれる筈!



車窓 夜景



渋滞しているからこそ、撮れる写真です。(車内より)

車で走行中以外は。お墓参りの30分間と、食事の2時間だけ。

もう、我が家に辿り着いた時、身体も脳もカチンコチン。主人が、夕食の支度をして待っていてくれました。
私はもう、クラクラのフラフラのグダグダです。

これはね、筋ジストロフィーであろうがなかろうが…誰でも辛い車内監禁状態なのでした。

はあああああ。連休中の「お出かけ」を侮るなかれ。今回の、お勉強でした zoomzoom006




↑ ↑ ↑ 筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。ポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります☆


2009/03/22 04:08 | お出かけCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

上野の森

昨日は恩師のグループ展を見に行くため、上野の「東京都美術館」へ。

久し振りの上野。ひと頃、鈴本演芸場に通った時期もありましたけれど。

大抵は、絵を描く父の付き合いで美術館へ。なので、東京都美術館は懐かしい建物です。



球体



さて、この球体の、どこに私が居るでしょう?皆さん、球体に映る「自分」を写していらっしゃいました。
まあるくて、金属の冷たさの中にもホンワリした雰囲気のオブジェです。

地下にある階段を降ります。そこには、人の集まるパントマイマーがおりました。
面白いの!人を惹きつけます。100円を入れると動きます。100円分ね スマイル


パントマイマー1


パントマイマー2



自分で100円入れたいけれど、その勇気がありません。何となく気恥ずかしくて。でも、そう思うと、ちゃんと誰かが入れてくれます。
それが可愛い女の子だったりすると、動く時間も多めです。ゲンキンねー ハート


パントマイマー3



パントマイマー4



下矢印


看板



グループ展は抽象画の会でした。畳一畳はゆうにあると思われる大きなキャンバス。広い展示会場を回りに回り、やっと恩師の絵を発見!
やっぱり、動物園と美術館は「車椅子」が必要かなぁと思いました。せめて、会場内に「椅子」があるといいのだけど。


森



この「上野の森」も、あと二ヵ月もすれば…桜の花びら舞う季節になるのですねぇ。この枯れ木にパアッと花が咲いて… 桜の木
一年に一度の「花びら舞う時」がやってきます。

けれど、この日も「二月」とは思えない暖かさでした。今年も又、お花見の季節、早くなってしまうのでしょうか…。


2009/02/22 16:14 | お出かけCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |