中禅寺湖のほとり

この週末、思い立って日光の中禅寺湖まで行って参りました。

とにかく雪景色が見たくて…。けれど、いくらスタッドレスタイヤをはいているとは言え、慣れない雪道は危険です。「最強寒波」とニュースでも散々やっていましたし
本当は水上温泉に行ってみたかったのですが、行き先を日光に変更しました。


中禅寺湖 blog


東京から二時間半。いろは坂を上って30分くらい車を走らせたところに湖はたたずんでいます。
雪は降っていません。太陽は雪の結晶に降り注いでいます。湖のほとりに残雪があるだけです。

日光といえば一年前(2017年1月29日)、中禅寺湖のドライブの帰り、肺血栓塞栓症を発症し、翌日大学病院の救急外来を受診後、そのまま入院となった経緯のある曰く付きの場所なのです。重篤な状態で、入院生活は一ヶ月半に及びました。
今、私は夜間、酸素をつけて寝ています。立位の状態で酸素濃度は96くらいなのですが(健康な成人は97程度です)、いろは坂を越えた辺りから何と!酸素濃度は85まで下がりました
本当に本当に焦りました。標高が上がると、酸素も薄くなるのでしょうか。
主治医に確認しますけれど、これからは旅行先も慎重に選ばなければいけないということですね。

家を出てから行き先を決めたので、助手席から数件のホテルに電話をしました。
その中で「車椅子でも利用可能」というホテルに決めました。私の場合、「和洋室」は大の苦手です
畳の上に座れても、自力で立ち上がることができません。温泉地で宿を探す場合、洋室であるかどうかが重要なチェックポイントになります。


ホテル 部屋 blog


私の場合、ホテルの室内では車椅子を使うのである程度、バリアフリーに対処したお部屋でないと利用できません。バス・トイレは手摺りがないので夫の力も借りつつ…でしたけれど、それ以外は快適なホテルの一室のようでした。決して華美ではないけれど、センスの良さを感じます。
窓からは冬の枯れ木と静かにたたずむ湖と、ところどころに積もった雪が見えました。

中禅寺金谷ホテル

窓からの風景 1 blog


荷物を整理してホッとしたところで、もう夕食の時間です。
ホテルのレストランに出向きます。


テリーヌ 1 blog

鴨のテリーヌ


ポタージュ 1 blog

季節のポタージュ


お魚 1 blog

笠子の白ワイン蒸しとホタテのムース

日光味噌梅太郎の白味噌風味 白美人ネギのピュレ添え


お肉 1 blog

とちぎ霜降り高原牛フィレとランプのステーキ

那須の赤ワインとごぼうのソース 冬野菜添え


トマトサラダ 1 blog

トマトサラダ



デザート 1 blog

デザート


野菜にこだわったメニューとのことで、私には嬉しい素材がいっぱいでした

部屋に戻る途中のロビー前。紅いお花が鮮やかです。

ロビー 花1 blog


夜の9時過ぎ、外ではしんしんと雪が降り始めました。

翌朝の駐車場。うっすらと雪が積もっています。
雪道に慣れないドライバーには、このくらいが丁度良いのかもしれません。

駐車場 1 blog


チェックアウトを済ませて、華厳の滝へと向かいます。中禅寺湖のほとりの飲食店は「冬季休業中」が多くて、ちょっと寂し気な風情です。

華厳の滝 1 blog

華厳の滝


華厳の滝を後にして、家路へ着きます。
久し振りの一泊旅行、良い気分転換になりました



2018/01/18 23:05 | 旅行のことCOMMENT(2)  TOP

チェックアウト

その雰囲気に酔いしれたホテル、ザ・プリンス箱根をチェックアウトする時間がきた。

朝食は なだ万で済ませた。人生初のなだ万だ
そのお味の素晴らしいこと…。思わずお米のブランドを尋ねたのだけど、とてもじゃないけど庶民に手の届くお値段ではなかった。

部屋から見る湖は、今日も霧が深い。


風景1



風景2



そうして、あの廊下を通ってチェックインを済ませた。また、いつか訪れたいホテルの一つになった。


廊下2



廊下1


荷物を車に積んでしまってから、湖のほとりを散歩する。

 
風景3



「夫婦仲良く」のはずだったのに、気付けば激しい夫婦喧嘩になっていた


風景4



それでも、この深い霧が険悪な雰囲気をどこか包んでくれて…。


風景5



箱根の森を出る頃には、仲直りが出来ていた。旅行に喧嘩は禁物だもの

そろそろ、穏やかな旅が過ごせるように…次回は、精神修行の旅に出ようかしら






 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆






2014/10/10 23:10 | 旅行のことCOMMENT(2)  TOP

ザ・プリンス箱根 ディナー

(前回、『夏休み』の続きです)

部屋のテラスから湖を堪能して、夕食へと向かう。

このホテルでは、西洋料理の「ル・トリアノン」か、「なだ万」を選ぶことになっている。
「ル・トリアノン」にはドレスコードがあるのだけど、それでもこちらに惹かれてしまった。
なだ万も死ぬまでに一度は行ってみたいなぁ。ダイエットに成功したらね。

あの瀟洒な廊下を歩いた後なので、気分がすっかりフレンチなのだ。

窓の外には霧深い湖が広がっていた。


湖1



湖2



店内のシャンデリアが雰囲気を演出する。


シャンデリア


ディナーが始まった。
コンソメのスープ。

スープ


前菜。

前菜



お肉。


お肉



手を付けるのが勿体ないほど、美しいデザート。


デザート



これだけのお食事を頂いたのだから、当然の報いとして「体重増加」という罰を受けることになる。当たり前か…
例によって、「明日からダイエットしよう!」の精神では、体重は減らないに決まっているのよね。

けれど、10月10日現在、真剣にダイエット中でございます






 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆






2014/10/09 23:48 | 旅行のことCOMMENT(2)  TOP

ザ・プリンス箱根

2014.8.23

もう10月に入ったというのに、未だに夏休みのことを書いている
今日は久し振りの「真夏日」になりそうだ。

現在の気温 31℃
(2014.10.3 12:47 pm)

今年の夏休みを思い出しながら、夏休み旅行記はそろそろお終いにすることにしよう。

朝から熱海の源泉かけ流しを楽しんだ後、チェックインを済ませて「ザ・プリンス箱根」(プリンスホテル系列)へ真っ直ぐに向かう。
予約するまで知らなかったのだけど、このホテルはあの元小泉首相が夏休みを過ごしたホテルとして有名なところだったのだ。
どんな瀟洒なホテルなのか、ワクワクする。

結局、チェックインするには大分早い時間に着いてしまったので、芦ノ湖の遊覧船に乗ってみることにした。
普段、何気なく通りかかる芦ノ湖をこうして改めて見つめてみると新鮮な気持ちになる。霧が深い。幻想的な世界だ。


芦ノ湖1


遊覧船にも趣がある。


芦ノ湖2


私達が乗ったのは、さっき見た船とは別のもののようだ。週末だというのに、船内はガラガラ


芦ノ湖3


船内より、ザ・プリンス箱根辺りを眺めて。

芦ノ湖4



どうやら、湖は眺めているだけが良さそうだ。それにしても美しい湖だ。

船を降りて、お腹が空いたので湖のほとりのカフェへ。ここのマルゲリータが絶品だった


ピザ


程よくお腹が満たされて、いよいよホテルへ向かう。

チェックインの手続きを済ませると、この絢爛豪華な廊下を通ってお部屋に行く。
この時点で、素敵なホテルの物語は始まっているようでときめいてしまう


お部屋10


お部屋に通されて、ときめきは確信に変わった


お部屋1



お部屋2


お部屋の全てに全てに上質なセンスが感じられて、気持ちがとてもゆったりとする。


お部屋3



お部屋4




お部屋5


少々変わった作りなのは、玄関の中に洗面所があるところ。このホテルは全体が円形なので、部屋の造りも独特になる。


お部屋6



電話で予約をした際に、「下肢不自由」である旨を伝えると、このような力強い手摺りを用意して下さった。
私は大浴場には入ることが出来ないので、夫一人で温泉に行ってもらうことになる。ホテルを利用する時は、この点が悩ましいところなのだ。


お部屋7


風情あるテラス。


お部屋8


テラスから見える景色。


お部屋9



夏休みの最後を過ごすには出来過ぎたホテルだと思った。

部屋で少し休んでから、夕食の「ル・トリアノン」へ向かった。









 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆









2014/10/03 23:52 | 旅行のことCOMMENT(0)  TOP

半露天風呂付客室

2014.8.22

私たちの夏休み
一泊目に選んだのは「熱海倶楽部迎賓館」だった。

友達が行ってみて、とても良かったからと勧められた。
これは、筋疾患の患者の常なのだと思うけれど、筋力の低下が足にきたら大浴場には入ることが出来なくなる。
勿論、同性のお友達やご家族がいれば問題はないのだけど。

夫婦で温泉に出掛けた場合(付添いがいなければ)、自宅のお風呂でさえおぼつかないというのに、手摺りのない大浴場に入るなどとは自殺行為だ。床が滑って恐いったらありゃしない。
もう、何年「温泉」に入っていないだろう…。と寂しく思っていた時に知ったのが「露天風呂付客室」
当然のことながらお値段もするのだけど、「旅貯金」の中から旅費をだす。命の洗濯も大事だわ


今回は、「露天風呂付客室」というもので、浴槽はテラスに置いてある。(屋根付き)
これが、源泉かけ流しで最高に気持ちが良かった


露天風呂



健常者の方達は、広くて風情のある露天風呂に入ることが出来るのかと思うと、この時ばかりはちょっと妬ましい

こちらはゴルフ場も併設されているようだ。


迎賓館1



テラスから望むゴルフ場の先には、どこまでも続く水平線が広がっている。開放的な気持ちになれる。


テラス



迎賓館2



この日は、心ゆくまでお風呂を堪能した。きっとまた、ここを訪れることになる…と思いながら。

翌朝、美味しく朝食を頂いて、向かった先は湖だった。


芦ノ湖1


芦ノ湖は深い霧に包まれていた。





 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆






2014/09/24 23:43 | 旅行のことCOMMENT(0)  TOP

熱海のビーチ

来宮神社では、湿度の低いサラリとした風に吹かれて森林浴を楽しんだ。
8月の終わり、山では、もうこんな風が吹くのだと思った。

けれど、熱海の街に降りてみると、まだそこは海からの高い湿度と強い太陽の照り返しで、夏の名残りは十二分に残っていた。


熱海1



不快指数の高いと思われるビーチ一体には、大勢の人達が溢れている。若い頃は、私もこのビーチの一員だった。無邪気な青春時代が私にもあったのだ。

楽しそうだなぁと思う。場違いであったかもしれないけれど、辺り一帯の若者たちを眺めているのは楽しかった。


熱海2



さて、そろそろビーチを出てホテルに向かおうということになった。

夫、お気に入りのカニ


熱海3



関東はカニまで地味なのね…。でも、確かに『日本の海』という雰囲気が伝わってくる。

車に戻ろうとする道すがら、花の名前は分からないのだけど、花壇が色ごとに分けられていた。


花1



花2



花3



花4



可憐な花

そうして、私達は「本日の宿」、熱海迎賓館倶楽部へと向かったのだ。


迎賓館



この部屋で一泊を過ごすことになる。


熱海 ベッド









 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆




2014/09/03 23:30 | 旅行のことCOMMENT(0)  TOP

夏休み * 来宮神社

この週末、夫と二人、夏休みの小旅行に出掛けた。

「二泊三日なんだから、身体だけあればいいんだよ」

そう夫は言うけれど、「身体だけ」なんてあり得ない
基礎化粧品に日焼け止め、常備薬にビタミンC、コンタクト、普段使いのシャンプー&コンディショナーなどなど…それはそれは大変なんだから。
憧れるけれどね。荷物の少ない旅人。イコール、旅の達人…という感じで

一泊目は熱海と決めた私達。
熱海に行くなら、と前々から行ってみたかった「来宮神社」を訪ねることにした。パワースポットで有名な神社だそう。
今の私に足りないものは、正に「気合い」!
夫の「厄」を私が一手に引き受けてしまったかのような、ここ半年に起こる負の連鎖。

それは、身体の不調しかり。人間関係しかり。
これ以上はもう耐えられない。神様、どうか助けて下さい。と、心から手を合わせてきた。

2000余年を超えるというご神木(大楠)。その迫力に、圧倒される。


来宮神社1



種から芽が出て、この幹の太さになるまでの「時」。2000年という時間に思いを馳せる。


来宮神社2



来宮神社3



ご神木の辺り一体は、風が涼しげだ。空気に色が付けられるとしたら、淡いグリーンだとイメージする。

来宮神社への道が分からなくなって、途中お電話でお尋ねした。
車椅子であることをお伝えすると、社務所の方がわざわざ車を特別に、境内の横に誘導して下さった。
段差のあるところでは車椅子を担いで下さったり…と、温かなお心遣いに感謝した。

その節は、本当に本当に有難うございました。


お参りを済ませて。
ホテルのチェックインまで、熱海のビーチを散歩してみることにした。






 
人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鳥かご の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆



2014/08/25 16:26 | 旅行のことCOMMENT(0)  TOP

GW 沖縄 - ビーチ -

梅雨も明けて、猛暑の続く夏に季節は移ったのだけど、締まらない気がするものだから、「今更」GWの沖縄旅行を記しておこうと思う。
もう少しだけ…お付き合い下さいませ


沖縄、三日目。
朝、テラスから眺めた薄曇りの空は、太陽が真上に昇る頃には入道雲にも見える夏らしい空へと変化していた。
私は、太陽の下で陽の光を浴びることが、ひどく嬉しかった。

前日、貴重な晴れ間を、首里城とギャラリアに使ってしまったから。
お買い物は楽しいけれど、南国 楽園ではもっと他にするべきことがあると思うんだもの。


沖縄1-1

 
プールはとても寒そうで、砂浜に降りることにした。


沖縄1-2


GWの沖縄の海は冷たかった。それでも、ビーチには少なくない数の人がいる。
皆、思い思いにビーチチェアで読書をしたり、子供連れの家族は海に入っていたりする。


沖縄1-3


日焼けした身体は熱を帯びている。一日ビーチにいたせいで、心地よい疲労感がある。
この日の夕食は、バイキングにした。
ブセナテラスのレストランは、とにかくお高いんですもの
けれど、悪くないバイキングだった。それぞれのお料理にシェフがいて、調理をしてくれる。
この日は、沖縄を満喫した。


沖縄1-4


テラス席から海を眺める。

沖縄1-5


沖縄も、後一日。
東京に戻るのかと思うと、切なくてたまらない。
明日一日、ブセナテラスを満喫しよう






 人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆






2013/07/19 00:07 | 旅行のことCOMMENT(0)  TOP

GW 沖縄 - 首里城 撃沈 -

沖縄、二日目の朝。(5月3日)
テラスからの景色を撮りたくて、海に向かってレンズを構えていた。
すると「お二人で如何でしょうか?」と、ベルボーイが声をかけてくれる。心のこもったサービスだ。
沖縄のゆっくりと流れる時間、海の蒼の色、温かな心遣い。私は、とても沖縄が気に入った。


沖縄10


今日は、首里城に行くことに決めていた。
けれど…撃沈
車椅子の私と、下肢障害の夫とでは限界がある。急な坂を長い時間、押して貰わなければならない。夫は「大丈夫だよ」と言ってくれるのだけど。大丈夫ではないことは、夫の荒い息遣いに表れていた。

「もう大丈夫よ。ここで帰ろう」

そう言っても、

「あと少しだから、頑張るよ」…と。

それでも門の入口上までは昇ったけれど、それから先の段差とまだまだ続く坂道に気力はなくなった。
二人で、ここまで上がって来られたことで「良し」としよう…と、首里城を後にした。


沖縄12



首里城自体を撮ることもなく、後にする…。ここには電動車椅子で来るべきなのだろう。
既にもう、体力はないのだけど、この後、ギャラリアでお買い物。買い物は、時間の感覚を麻痺させる。
沖縄まで来て何をやっているのだろう…と、ちょっとだけ後悔をする。

さぁ、早くホテルに帰って、あの海を眺めよう。ブセナテラスから見る夕陽は格別なのだから。




沖縄14


この日は、ホテル内のイタリアンで夕食をとる。テラスから見る夕陽を眺めながらの食事は、特別な味がした。思い出に残る味。

さぁ、今日もお休みなさい






 人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆


2013/05/14 23:45 | 旅行のことCOMMENT(2)  TOP

沖縄 GW - 美ら海水族館 -

定刻より20分遅れで、那覇空港に着陸した。
自分の車椅子は手荷物として預けてしまったので、お迎えの車椅子をしばらく機内で待つ。乗客の全てが降りた後で、空港内の車椅子に乗り、機内を後にした。
それほど広くはない空港を移動して、羽田と同様に「優先」のゲートをくぐる。

表に出た瞬間、湿度を含まない風が爽やかに吹き抜けた。意外だった。東京の天気予報は、沖縄が梅雨に入ったかもしれないと告げていたから。

強い陽射しが降り注ぐなか、私たちは一路、美ら海水族館を目指した。
今回、沖縄旅行のメインを水族館に決めていたのだ。本当は、二日目以降にゆったりと訪れたかった。けれど、何しろゴールデンウィークの只中なので、せめて平日である2日に行った方が空いているのではないかと予測したのだ。
この予測は、見事に当たった様子だった。翌日からは、「水槽を眺める余裕はないですよ」…と館内の職員さんが仰っていた。

南国の魚は、とってもカラフル。


沖縄4



沖縄5


鮫とは、海で出会いたくないなぁ。水槽の外からなら、穏やかに眺めていられる。


沖縄6



一番人気のジンベイザメの水槽前には、沢山の人が集まっていた。


沖縄7


この日は早朝4:30起床だったものだから、段々と疲れてきた。
私は車椅子に乗っているだけだからよいのだけど、押してくれる夫に申し訳なく思う。
この美ら海水族館は、とにかく斜面の連続なのだ。下肢障害の夫に、手動の車椅子を押すことはかなりの負担になったことだと思う。
なので、この水槽前のカフェで一休み


その後、二つの館を巡って駐車場に向かう。まだ坂道の途中。写真からは、夫の溜め息が聞こえてきそう


沖縄8


急な斜面をやっと昇り、レンタカーでホテルへと向かう。
「ザ・ブセナテラス」にチェックイン。二人とも、ホッと一息。水族館から、約一時間。


沖縄9


どうにか日没に間に合った。この夕日を部屋から見たかった。


沖縄10



クッタクタになった私たちの夕食は、21時過ぎのホテルのカフェテラスにて。ミックスサンドイッチとフライドポテトを半分こ。この時のビールは、最高の味だった

初日からこんな調子で、後、三日間…持つのでしょうか。
少々不安を残しつつ、お休みなさい






 人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆


2013/05/10 17:20 | 旅行のことCOMMENT(4)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»