ニャンズ

明日は高校時代の友人たちが、ショコラとコナちゃんに会いに来る。

でも、目的は…きっと、それだけでは無い。
家庭のこと、子供のこと、体調の変化のこと。話すことは、一日あっても尽きないほど…色々色々あるのだろう。

私達、実年齢に追いつかず、心 はまだ、女子高生のままなんだもの…。


二人



明日だけは、女子高時代に戻ろう。
そんな日があっても、良いでしょ … たまにはね




  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひるスミレの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

2012/05/20 01:00 | 友達のことCOMMENT(0)TRACKBACK(1)  TOP

女子会

昨日の春の嵐は凄まじかった。
傘などあっても、何の役にも立たないと思われる。飛ばされてしまいそう。

小田急線のホームに一人。電動車椅子ごと、吹き飛ばされるかと思った。
走行中の電車も揺れる。空の彼方では、ゴオォォーーーという、うねりが聞こえてくる。

特別な用事がなければ、絶対に外出したくない日。

けれど昨日は、大切なお友達二人と、「女子会」(死語?) 決行の日であったのだ。
足掛け二年…やっとやっと実現した「女子会」

思えば…これも又、丁度一年前の三月のこと。
あるイベントの打ち上げを、三人でしようということになった。

それはもう、ワクワクドキドキ

約束の日にちまで決めて。
「皆で会えるの、楽しみだなー」と思っていたところに血を吐いた 緊急入院

当たり前のことだけれど、「女子会」は中止。その代わり、二人は私の病室を見舞ってくれた。
けれど、余りのタイミングの悪さにAちゃんは…

「わざとでしょ!私達と女子会をしたくないから、わざと入院したんでしょ

などと仰る。いーえー。そんな滅相もございません。Aちゃんの物言いが可笑しくて…。(いえ、笑っている場合ではないのですけど)
結局、呑んで食べての「女子会」の予定は、病院の喫茶室に変更となった。

あれから一年が経って…。
やっと、やっと実現した「女子会」 場所は、Nちゃんのお家にて。

お昼にはピザのデリバリー。夕食はお寿司。よく喋り、よく飲んだ。(お茶と水を)
気の合う女同士のお喋りは、心を解放してくれる…とっておきの特効薬。

私は「人」には本当に恵まれていると思うのだ。これだけは、神様に感謝します。

夜10時過ぎ。春の嵐はおさまって…。代わりに、気温がぐっと冷え込んでいた。
福祉タクシーに乗り込んで、帰途へ着く。

また、会おうね。
外の空気を吸う事は、心を元気にしてくれる。二人とも、有難う





  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひるポピーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります



2012/04/01 17:30 | 友達のことCOMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

イタリアンな昼下がり

今日は、大好きなお友達、エミリーのお誕生日でした

普段、多忙を極める彼女が時間を開けてくれたので…早速、記念日のたびに訪れるイタリアン レストラン「アベーテ」を予約しました。

ああん。もう、嬉しくて、嬉しくて  

こんなに開放的な気分は久し振り。
イタリアンに至っては、7ヶ月の禁欲生活解禁です
「美味しいものを、心ゆくまでお友達のお喋りと共に楽しむ贅沢」…を、忘れかけていました。
これは、健康であればこそ。

そして何より、大好きなお友達のお誕生日を一緒にお祝いできること。「幸せ」を皆で分け合うって…素敵なことです。

ああ、去年の6月以来だと思うわ。お料理の写真を載せるのは。もう…ある意味、感動。
胆石は「あれも駄目、これも駄目」という食事制限が多いのです。メニューを眺めるだけで「幸せ」な気分でワクワクします。

それぞれ、前菜・パスタ・お魚料理・お肉料理・デザートから選びます。
どのお料理も、充分に満たされる、満足のいくお味でした。朝食抜きで出掛けたランチには、丁度良い感じ。



カルパッチョ

(黒鯛のカルパッチョ)



ニョッキ

(私の大好きな、ホウレン草のニョッキ!見た目は地味だけれど、もっちりとして美味しい!)



帆立て貝

(帆立て貝のグリル。黒胡椒が効いていて美味!)



黒豚

(お友達がオーダーした黒豚)



子牛

(仔牛のナントカ。長いカタカナが並ぶお料理の名前です。美味!)



ティラミス

(食後のティラミス。やっぱりこれも、美味!)



エミリーのプレートは特別  愛が溢れているわ。


デザート



本日の主役、エミリー。可憐な花のような人。
お付き合いは25年以上になります。私の大恩人。彼女がいなければ、私の人生は確実に「今」とは違ったものになっていたはずです。



エミリー1



今日のホスト、二人。由美ちゃん、ちょっと「ビックリ」した顔になっているかな?


二人



今日という日は。
家の中にひきこもってばかりいないで、外に出ると良いことがあるよ …と、教えてくれた一日でした。

エミリーをおもてなししたかったのだけど、結局、癒されて愉快な時間をプレゼントしてくれたのは彼女。
次は「何の」記念日にしようかな。今、そんなことを考えるのも楽しい時間となりました。


三人




日々、2010年を振り切れそうな気がしています。


「幸せ」の二文字。心イッパイに感じました。
私の舌も、そして胃も。満足したランチです



  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひるハートの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります



2011/02/02 23:55 | 友達のことCOMMENT(14)TRACKBACK(0)  TOP

あのよ?

昨日も今日も、電話を掛けてきた友達。

夏の「恒例 富士見歌劇団菊組 慰安旅行」の相談です。(その時のお話は、こちらをクリック!)

昨日は、私以外の歌劇団員で…日程調整、ホテルなどの打ち合わせをしてくれた様子。
一度、決めたホテル。

私が「そのホテル、車椅子も入れる?」と尋ねると。
「今どき、車椅子使用不可なんてホテル、ある訳ないじゃーん!」と、友達。

「そうだよね!」と言って電話を切って…しばらくして又、電話のベルが鳴ります。
見れば、ナンバーディスプレイには「I」の名前が。

わざわざ確認してくれて…。

そうしたら!今どき、あったのでした。車椅子不可のホテルが…。
それで、わざわざ私のためにホテルを変更してくれました

皆、優しいね

けれどね。
この旅行、キャンセルしたら「命はないぞ」 と言われている「絶対参加」の 恐ろしい 旅行。

ううん。最高に楽しくて愉快な旅行。去年は「バナナワニ園」でした。 今どき…。
今年は「那須動物王国」。 今どき。 

ああ、スッゴク楽しみ


そして今日。
昨日、集っていた友達の中の一人から電話が。

「ね!ワンピースっていう漫画、知ってる?」と。

私、漫画は殆ど読まないのです。
「知らない」と答えると、彼女は。

「ワンピースの中にね!Natsuにソックリなキャラクターが出て来るのぉ~!日曜日の朝だから、録画して見てね!」

録画までして、見なくちゃいけないか…ふう。

どーしても、そのキャラクターの写真を送ると言うので「待っているわ」と答えました。

そうしたら!
写真と一緒に、こんなメールが


★‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★::*☆‥∵:*:☆*゚★

カマバッカ王国の女王で革命軍の幹部、オカマ王。
イワンコフ イワさま  
日曜朝、9時半~8チャン、ワンピースだよ

ナツしか実写版やる人いないと思うの
キャラクターもステキなんだよ

★‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★。::*☆‥∵:*:☆*゚★::*☆‥∵:*:☆*゚★


そして添付してあったのが、この写真。


イワンコフ1


あのよ?

これはまだしも…。

これは!!!

イワンコフ3


あー、載せるの、勇気いったわー。

「Natsuにソックリだ!」ということを伝えたかったらしい、あの熱意。

よし、任せとけ!

ワンピース、実写版の折には、是非「このアタクシを使って下さいませ~

イワコフでデビューの折りには、皆様。応援してね …ってアホや…。



  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるクローバーの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2010/05/10 01:32 | 友達のことCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

告知 29日、シロ様光臨

ああ…。
とうとう。この「時」が来ました。

文化学院の同期で恐れている「この時期」

「来る?」
「うん!がそろそろらしいよ」
「ええーーーっっっ!」

それは、世界のギタリスト、Shiro El Arriero(シロ・エル・アリエロ/本名:大竹史朗)が日本に帰国する日のことです。

彼は、文化学院が生んだ「世界のギタリスト」
20代前半でNYに渡り、数奇な運命に導かれ、フォルクローレの巨匠・ユパンキの弟子になったのです。
そして…「今」がある。

彼の才能は素晴らしい。現在NY在住。
NYで、醜い人は「自分のメンテナンスも出来ない駄目な人間」とみなされるそうで…シロは常に、肉体を鍛え、ギターの腕を磨いています。

ま、「世界のギタリスト」に対して、友人同士で表現する「ヤツ」とは失礼千万でございました。

この理由はオイオイと…。

17日に帰国。
18日の今日には、「駐日ポルトガル大使公邸」で行われたミニコンサートの本番です。

信じられません。NYから14時間のフライトを耐え、翌日には本番。さすがプロです。


史朗 ブラジル公邸1



11月18日、駐日ポルトガル大使公邸で行われたミニコンサート。


史朗 ブラジル公邸2


写真むかっていちばん右が、ジョアォン・ペドロ・ザネッティ大使。左から二番目が大使夫人。


この人の奏でる音色は心に響きます。

とても心根の優しい人だからと思います。

そして!

11月29日(日)

「心暖かに、アルゼンチンの大地の息吹き」



と、題したコンサートを開きます。

是非、皆様、お誘い合わせの上、お越しをお待ちしております。

私は当日「御者」(運転手のことです アップロードファイル)として、控えております。



「以下、詳細」


日時: 11月29日(日) 午後6時開演

会場: 赤坂Bフラット

料金: ¥4,500、¥5,000(当日)

主催: (株)テイクオフ

後援: 在東京アルゼンチン共和国大使館

協力: 社団法人日本ポルトガル協会

定員: 130名

曲目: ユパンキ、バッハ、自作品を予定 (第一部)

予約: 電話 042-582-4047
     FAX 042-582-4147


この二枚目が、当日、貴女をお待ちしております ローズ


シロ 舞台


今年、カーネギーホールで行われたシロの舞台より。

※ 一頃、blogで勝手に盛り上がっていた「タイガーマスク」シリーズの「あの男」です ペコちゃん ハート


    人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるリスの二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


    

2009/11/19 01:11 | 友達のことCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

酔っ払い - お迎え -

蕎麦屋のTちゃんがテーブルに着いてから、賑やかさは尋常ではなくなった。

5人のメンバーなので、二人で何やら話す者あり、三人で大笑いする者あり。
5人が一斉に喋りだすと、大変なことになる。

下北沢の洒落たBAR。静かなジャズの流れる中、私たちの大爆笑は店の雰囲気を打ち破る。
けれどね、そこは大人のBARだもの。その内、自然と「音楽」と「お喋り」の調和が取れてくる。

ああ、でも本当に、可笑しかった はーと
これを言えば「叱られる」と分かっていながら、敢えてTちゃんに「あの話」をするRちゃん。

隣でWちゃんと二人、「どうしてR子は、怒られるって分かってて、自分から飛び込むんだろうね 爆笑 座布団10枚の上から崩れていく感じだよー(大爆笑)

TちゃんとR子さんは、真剣に語り合っている。
誰もフォローしないので、そのまま二人の世界に。

愉快で愉快で、底抜けに楽しい時間。

やっと分かった!

なぜ、こんなにも心地よい愉快な時間が過ごせるのだろうか…と。

このメンバーは、人の言うことを「否定」しない。
先ず「肯定」から入るのだ。

好きな事を好きなように言っているようだけれど、そこにはちゃんとした不文律がある。

そこに居る大人たちは、誰のことも責めたりしない。こういう許容量のある人を「大人の女」というのじゃないかな。



Motoko-Alexander0.jpg

PHOTO ST  by Motoko Alexander

とけい 「ね、今、0時過ぎているけど。どうするの?皆は?」

「えっ!」

どう「えっ!」なのかは分からないのだけど、Mちゃんなんか…もう半日もここに居る。

17:00から呑み始めて、もう7時間…。

私はやっと夫に電話を掛けた。

「ごめんね。遅くなっちゃった。先に寝ていて。こんな雨じゃどうせ歩くことは出来ないし…」

「いいよ。迎えに行ってあげようか?」

えええええーーっっっ!

既に、ロレツの回らなくなったRちゃんは「酔っ払い確定」!
Wちゃんもねー。怪しいのだけど…まっすぐは歩くことが出来ないでしょう。

Mちゃんのお家は私たちの家と反対側で距離もあったので、「蕎麦屋一泊コース」に 涙
Mちゃんて凄い人だわ。度量が深い。

一時間ほどして、夫の車が着いた。深夜2:00。

さてさて、これから一番の酔っ払いを送って行くよー。
Rちゃんのお家の前に着いて、「はい、着きましたよ、R子さん」といくら夫が言っても聞かない。

「あのねーえ。家はあ~…ちょーっと、ここじゃないと思うんだなあー 普通顔 絵文字名を入力してください

「え?でも、ここだから!R子の家はここだから!分かった?」

ワハハ。酔っ払いの申告通らず。WちゃんがRちゃんに付き添って、マンションを探しに行った。

けれど、驚いたことに、彼女のマンションは、その数軒先にあった。

酔っ払いの帰巣本能、ここに見たり。お休みね。Rちゃん。今日は楽しかったわ。


Wちゃんは程々の酔い具合なので、楽しくお喋りしながら車を走らせた。

マーチン、本当に有難う。
マーチンから見れば、全員が11歳年上のオネエサマなのよね。
貴方の溶け込み様は凄い。いつも自然に「そこ」に居る。

恒例になりつつあるのだけど、こうしてマーチンは、皆を最後まで送って行く役が多い。彼には、いつも感謝しています。

帰宅は3:00。
そりゃあ、夜も明けるわね。

けれど、私は自宅に着いた時、酔ってはいなかった。

Rちゃんに、私の酔いは全て持っていかれてしまったんだもの 涙

今夜は「大人の女の度量の広さ」を知った。居心地良かったな。ちょっと感動したな。

年齢はもう充分大人だけれど、精神的な「大人の女」を目指していこう
最高の一夜だった。


  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるお城の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

2009/10/28 00:18 | 友達のことCOMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

酔っ払い - ひよこ豆 -

そう言えば。店のテーブルに落ち着くと。
Wちゃんは、飲み物のオーダーにあわせて、つまみをメニューの中から選んでいた。

「ひよこ豆はどう?」

「えー!!!私、ひよこ豆は嫌い」

「だったら食べないでよ!絶対にだからね!」

「ゼーッタイに食べないわよ!」

そんな、やり取りだった。
今になって思うけれど、だったら私に聞かなければ良いのに。質問しておいて全否定 がーん
けれど、こんなところに惹かれる彼女たち。遠慮も何もない。何故って、大人の女だから。

ううん。大人どころか、まるで子供。子供よりもタチが悪い。

肝臓休めにオーダーした、カシスオレンジ。
子供の飲み物だと思っていけれど、意外に美味しい。

他の皆はワインの赤をボトルで キャンティ

二杯目を何にする?と聞かれて私は答えた。

「これ、何度だと思う?私、アルコールは度数で注文するんだ。この店で一番強いアルコールは何度ですか?って」

そう言ったら、皆が叫んだ。

「えー、何でー!味じゃないのぉ?」

そりゃあね。味は勿論、大事よ。だけど、5%の度数しかないビールなんて何時までも呑んでらんない。

クラブで開かれるパーティなんかの時に聞かれる。

「お飲み物は何になさいますか?」

「この店で一番、強いアルコールをソーダで割って」

そして、余り薄くしないでね!とチャーミングに微笑む。(つもり、です。あくまで、つもり)


Motoko-Alexander☆

PHOTO ST  by Motoko Alexander

下戸の主人と結婚しちゃうと、こういう風になるんだわ。
家の中では一滴も呑まない。一人で呑んでも楽しくないもの。

けれど。
車の無い日の飲み会は…イッチャウよー グラスワイン[赤]
じゃなくちゃ、危険を冒してまで電車で来る必要は全くない。

今、ハッと思った。
私は、命を賭けてお酒を呑んでいる訳ね。

この日、私はベロベロに酔って、杖なんかどこかに無くしてしまうだろう。杖がなければ、歩くことなんか出来ない。じゃー、私はどうする?
んー。じゃ、どこかに泊まっちゃう?でも、次の日がねー。

じゃ、ここは一つ!ババーンと!深夜タクシーだぜ!

++++++++++ グラスワイン[赤]

そこに出てきた「ひよこ豆のスープ」?

ゼーッタイに食べないわ!と言いつつ、横目で豆を見つめる。

「ホラホラホラね!美味しいんだから!強情はってないで食べなさい!」

「…んんむ?美味しい?」

「だから言ったじゃーん!」

はいはい、どうも至りませんで。美味しかったの!このBARのひよこ豆のスープは ハート


そんな大騒ぎの中、蕎麦屋の店終いをしたTちゃんが、店のテーブルについのだ。

とうとうMちゃんは、自力で帰宅するのを諦めたみたい。

もう、いいじゃん!何だって!話せることを話そうよ!楽しければ、それでイイじゃん!


ここから、ようやく蕎麦屋参加の「呑み会」の始まりだ。
時計の存在なんて、皆、忘れてしまっている。

じゃ、改めて!カンパーイ! グラスワイン[赤]グラスワイン[赤]

大人の女ってイイ。

下北沢の深夜のBARにて [XmasOrns]キャンドル(*゜▽゜)ノ †SbWebs†



  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひるお城の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

2009/10/27 01:39 | 友達のことCOMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

酔っ払い -蕎麦屋-

昨日は、夕方から冷たい雨が降り出した。

どうして…。
私が出掛けようと思うと、雨が降る。

これから、女友達と下北沢の蕎麦屋で落ち合う。
しばらく会っていない。久し振りの再会。

この蕎麦屋、文化学院の先輩夫婦がやっている。
和とモダンの溶け合った、居心地の良い空間。洒落た蕎麦屋だ。この店の出し巻き卵を、私はひどく気に入っている。
勿論、お蕎麦も大変美味しい。


今夜は「呑む」と決めた。
前回も、その前も、ひどい目にあったから。
私一人が運転手。後部座席には、酔っ払いの女が二人。彼女たちと飲む時は、決まって終電などなくなってしまうので、私がそれぞれの自宅まで送って行くことになるのだ。

呑めるのに、呑めない状況って凄く辛い。拷問だわ。
酔っ払いの中に、素面が一人。ちょっと寂しい。
だから、今日は呑むことに決めた。

行き。一人で乗る電車。ここのところ、車での移動が多かったので、ちょっと恐い。電車を降りるとき。車内は空いていたけれど、私の「杖」に気付かない人に押されたらどうしよう。
そんな恐怖心が、電車で出掛ける回数を少なくしてしまう。

無事に、下北沢の駅に着いた。
待ち合わせをしていたRちゃんは、改札口に私の姿を見つると駆け寄ってきてくれる。

改札を抜けて階段を降りる。雨は本降りになっていた。
タクシーをひろうには、茶沢通りまで歩くしかないのだけど、運よく二人の前で客を降ろすタクシーがいた。すかさず乗り込む私たち。5分もせずに店に着く。

先客は、もうカウンターに座ってビールを飲んでいた。
約束をしていたWちゃん。新聞社で編集の仕事をしている。猫をこよなく愛す、独特な個性と愛らしさを持つ女性。

もう一人。
蕎麦屋の奥さん(Tちゃん)の会社員時代の後輩だという、Mちゃん。私たちより二歳、年下。
利発そうな人懐こい笑顔で、「お久し振りです」と言う。
もう20年以上前に最初に会ったらしいのだけど、その時のことはよく覚えていない。けれどTちゃんの結婚式の二次会でお会いした。あの頃と変わらない、若さ。

彼女はお昼を食べにやってきた。13:30に蕎麦屋に着いたのだけど、私たちが来るからと待っていてくれたそう。

「じゃ、これで失礼します」

と言う彼女に、

「まあまあまあ。乾杯ぐらい、して帰りなよ」

そう言って、席に誘った。



ShenryD0.jpg

(写真はイメージです)

PHOTO ST  by Shenry.D

Tちゃんは「蕎麦屋の女将さん」として、お店の仕事をしながら私たちを席に案内してくれた。
四つの席に腰を落ち着けて、先ずはビールで乾杯!
あーん。何て美味しいのだろう。理屈なんてない。空っぽの胃にキューっとしみてゆく。

私は、この店の「出し巻き卵」を、ひどく気に入っている。この店でしか食べられない。

気のおけない仲間と呑む酒の、なんと美味しいこと。

夫が下戸なので、私も何となく呑まなくなってしまった。
けれど、酒呑み相手と一緒に居ると、このグラスが何杯目かだなんて忘れてしまう。

蕎麦屋では、少しは大人しく呑んでいた。
Tちゃんが、お店で大きな声を出さないで!と行く度に言うのでね。

段々とRちゃんのロレツが回らなくなってきた。

大人の女の酔っ払いは、見ていて楽しい。愉快だわ。

蕎麦屋はラストオーダーの時間になって、私たちは店を出された。
四軒隣のバーで待っていて…と。

片付けを済ませてくると言うTちゃんを残して、4人でバーに向かう。

雨は、相変わらず降っている。

下北沢の小さなバーは、久しく来られなかった大人の場所。
車だと呑めないもの。

薄暗い照明に、静かなジャズが流れている。カウンターの後ろに美しく並べられた洋酒の瓶が美しい。

夜はこれから!

Tちゃんが来るまでは、それでも控え目に呑んでいた。
けれど、彼女がテーブルに着くと…一気に賑やかになった私たち。

この時、Mちゃんは蕎麦屋に着いてから9時間は経っていた。

「じゃ。これで本当に失礼します」

と三回くらい聞いた気がするけれど、いいじゃないの、と引き留められて。
一日がかりの、蕎麦喰いだわ…と可笑しいのと気の毒なのが一緒になった気分。

最高だよね。
大人の女たち。底抜けに楽しい、酔っ払い。

22:00は過ぎているけれど、夜はまだ始まったばかり。



  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひる葡萄の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2009/10/25 23:55 | 友達のことCOMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

お誕生日パーティ☆ from TAHAA

遥かタハアから届いた写真。

先日来の旅行記でお馴染み、テレナからです。

タヒチのバースディケーキってカラフル ケーキ

マヌは6歳になったのね。


マヌ1


テレナは私に見せたことのない、素敵なドレス。今日こそ、おめかししなくちゃね ペコちゃん ハート

ちょっとだけ、男の子っぽくなったのかな?お友達、赤目になっちゃったね。キミもキュートなんだけど。


マヌ2



テレナは母親として、最高の笑顔 絵文字名を入力してください
マヌはちょっと、ひょうきんな笑顔に写っている。イイよね。元々イケテるんだから☆


Happy Birthday Manu キャンドル
これから…大きくなってママをイッパイ助けてあげられる男の子になってね。
とても楽しそうなバーティで、素敵な時間を過ごしたでしょう。

大きくなっても、私のこと、忘れちゃイヤよ。忘れられる前に又、会いに行かなくちゃ!

Japonより、マヌの成長を…どれだけイイ男になるのか…楽しみに成長を見守りますわ。


 Congratulations Manu. 花束



マヌ3


ドレス姿のテレナにも、まぁ綺麗!と驚いたけれど、それより何より目がいったのが、首元の黒真珠。
タヒチでも、相当高価なものらしくて…。
この大粒のブラックパールは「家宝」として、マヌのお嫁さんに継がれるのかしら?

まぁ、大分先のお話しですけれどね 指輪

※ 旅行記はまだ続きます。まだ日本に帰り着いていませんものね


  人気ブログランキングへ
    筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、白 あひる朝顔の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります☆

2009/07/20 23:18 | 友達のことCOMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

ブスになるでー

今日は、すこぶる有意義な一日でした。

お友達二人と。ランチです。

写真、右のMさんとは初対面。
ここの所、家に引きこもりがちな私を見兼ねたTちゃんが、外に引っ張り出してくれました。

Mさんとのキューピッド役のTちゃん、なかなか現れません。スンゴク慌てた様子のメールによると、お財布を忘れて家を出たようです。
そんなに謝らなくてイイのにー 冷汗

待ち合わせの時間辺り、何度も「初対面の二人」を心配してメールをくれます。

けれどね。そんな心配はご無用なのよ。
Mさんとは、初対面とは思えない程…出会いの瞬間から打解けていました 絵文字名を入力してください



三人



何て優しく微笑む二人。

女三人のお喋りは、終わることなく続くかと思われます。
でも、皆、家庭のある「主婦」という立場。ファミレスでの宴も、そろそろ終わりの時間が近付いてきました。

するとね。
Mさんが言ったのです。

「Natsuさん、もっと外に出た方が良いわ。最初に会った時と、表情が違うもの。はじめは筋肉が硬いなぁと思ったけど、今は全然違うわよ」

この言葉、凄く衝撃的でした。大袈裟ではないのです。

喋る人間が主人一人だと、ダラダラと、何も意識をせずに口を動かします。
けれど、初対面の方とお会いするとなれば、気も遣いますし、お相手の目を見て真剣に話します。

「最初はね、左右の表情が違ったの。でも、今は左右均等になってる。ほら、鏡を見て」

本当だ!

「外に出んと、ブスになるでー」

すかさず、Tちゃんが言いました。


そうか!


要するに、顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーの私は、「顔の筋肉」も動かさないでいると、表情が硬くなってしまうということに、今更…気付きました。

でも、今、気付くことが出来て本当に良かった。

歩きにくい → 外に出るのが億劫 → 歩くことが面倒 → 家から出ない → 歩行困難

この悪循環。

「女はね、綺麗でいなくちゃ駄目よ」とTちゃん。

草餅を盗み食いし、5㎏も太り、その上、顔までカチンカチンになってしまうなんて。
これは一大事。

今日、指摘して下さって有難う。深く感謝します。

頭痛の体操、ストレッチに加えて、発声練習も始めようかしら。

「あえいうえおあお、かけきくけこかこ、させしすせそさそ…」

顔の造作と関係なく…せめて表情は柔らかくいたいと思った一日でした。

有意義な一日。今日も「感謝」の一日です。


ダッシュけむり 本日の、Natsuの運動量 (家事は含みません)

車で外出。お店二軒の移動。一階と二階を二往復。


  人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ 筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
一日一回、二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります☆


2009/05/18 23:46 | 友達のことCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»