1400kcalのメニュー

痩せちゃう…

ああ、このままでは痩せてしまう  なーんてね(笑)

痩せてしまう…ではなくて、痩せなくてはならない。…なんだけれど。

ここのところ、着々と体重が落ちております
何と素晴らしい。

それもそのはず。
現在の私の一日の摂取カロリーは…

一日三食で 1400kcal なのですから

こんなことって、あるー?(泣)
しかも、味付けも極めて薄いのです。

思わず、リハビリ室で、掛かりつけの主治医に
「先生?私の食事をダイエット食にしたの!?」
と、食ってかかり
いま思えば、何とお恥ずかしいこと。

これは、昨年、この病院に検査入院した折りに設定された数字だそう。
あの頃は、ステロイドの服用により、人生マックスの体重を記録していたものね。
栄養指導の先生が「あの頃の野上さんのお顔を、忘れることが出来ません」と今でも仰るの

今は「食欲」というものを抹殺して生活しております。
そんななか、課題は、この週末の一時帰宅。
自宅で一日の摂取カロリーを1400kcalに抑えるというのは、結構難しいと思われ…。

けれど、来年2月半ばまで続く入院生活だから。
COOKPADで検索をして工夫をしましょう。

もう脂肪肝は嫌なんだー!
今度こそ痩せる。きっと、痩せる







 人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ


こちらも宜しくお願いいたします☆




2013/11/30 17:18 | ダイエットCOMMENT(0)  TOP

ディナーと体重

今から丁度、二年前の3月。
特発性血小板減少性紫斑病(以下、ITP)を再発した。

12年前が、初めての発症だった。
ITPの何が辛いと言って、ステロイドで身体がボロボロになる副作用。そして、体重増加  

血液内科の主治医は言う。
「これから、どんどん体重が増えると思いますが、気にしないでください。これは、食欲増進の副作用ですから」

私は医師の言葉を鵜呑みにした。何と浅はか。
私が「自分は太っている」と自覚したのは、2012年6月。鈍感過ぎるけれど…。
国立精神・神経医療研究センター 病院(NCNP)に検査入院をした時だった。ステロイドの服用を始めてから、一年半が経っている。体重は15kgも増えていた。

神経内科の主治医には、
「ここまでなる前に、気付いて欲しかったです 」と言われ…。
筋ジストロフィーにとって、体重増加の1kg、2kgが命取り」と言われていたことを思い出した。

遅過ぎる…

そこから、私のダイエットは始まった。
運動は出来ないので、とにかく「食べない」。

30代の頃は、「ダイエット補助食品」が必需品だったけれど、今は血小板の数値が下がることが怖いので………とにかく、ひたすら食べない。最低限の食事以外。
とは言っても、お友達と外食をする時、夫と食事にでかたりする時は、食事を楽しみ…翌日に調整する。

そして迎えた3月9日。
ホテルの「インルームダイニング」を利用した。


ディナー



ディナー2



ディナー3


この他に、シャンパン。ミネストローネとパン。コーヒーと紅茶。
食後には、お祝いのケーキ。


ケーキ



これだけ食べておいて、ダイエットって…


翌日も、ホテルの朝食をお腹いっぱいに頂く。お昼は外食をして、夜、自宅での食事。
普段、お昼は食べないのだけど。

右肩下がりに落ちていた体重は、グンと上がる

この繰り返し。

イベントを楽しみつつ、運動せずに痩せる。
なかなか難しいことだけれど、頑張らなくちゃ

道のりは遠い。後、15kg落とせたら…理想だわ。
ステロイドの服用量も「1mg」まで減量できたので、何とか頑張ろう。

自分の身体の為だものね





  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります




2013/03/16 07:10 | ダイエットCOMMENT(10)  TOP

ダイエット

昨年の「検査入院」がきっかけで、本気で始めたダイエット。

体重って…本当に減らすのはとても難しいけれど、増やすのは簡単

昨年、12月半ば。栄養指導の先生は仰った。

「ああ、今日はちょっとがっかりですね…。前回まで、あんなに順調に体重が落ちていたのに…」

うーん 私はね、もっとがっかり。
6月から始めたダイエットは、6ヶ月かかって8kgの減量。

但し。先月、季節柄… 「アッという間に」 5kg増えていた。
この虚しさ。これまでの日々は一体、何だったの 「忍耐」という言葉が、私の前で崩れていった…。

そして、巻き返しをはかって、ようやく5kg減。それが、このお正月を挟んで…また、お腹がポーンと出てきた。
栄養士の先生の期待を裏切らない為にも、どうにか頑張って、後3kgは落とさなければ。

本当の理想体重は、後20kg減。なーんてね
それを実現しようと思ったら、本当に命がけ。(大袈裟?) いやいや、でも本当に「水しか口にしない」生活をしたいくらい。
けれど、無理は続かないから。

あー、体重がストンと魔法のように落ちれば良いのに。

とにかく、体重を「右肩下がり」に落とすことを、ここに 「宣言」 します!
いや、もう。宣言しないと無理だから。

2013年は、ダイエット年。気合いしかない。ふぅ
お正月三が日が終わった今だからの宣言。

自分の為だもの。頑張りましょ!

P.S.血液内科の先生が仰った。「この『体重増加』は、あくまでもステロイドの副作用なので、薬が減れば体重も自然に落ちますよ」と。いいえ、先生。何もしなくても体重が落ちる…なんてことはゼーッタイに、ないですから!体重は、必死にならなければ、絶対に減らない。




  
人気ブログランキングへ   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる鏡餅の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

2013/01/04 23:44 | ダイエットCOMMENT(4)  TOP

油断禁物

6月から始めた私のダイエット。
病院の栄養指導の先生がついて下さって、一ヶ月に一度のチェックを受ける。

先日の受診の時、栄養指導の先生は、とても驚いて下さった

「野上さん、痩せましたねー!いや、僕は本当に感動しました!」

余りに誉めて下さるので、恐縮してしまう程。

6月から、5ヶ月。ピーク時の体重は、ステロイドを服用した結果、 15kg 太った。
身体は重く、太ももには肉が割れて何本もの線が入っている。絶望的な状態だった。

筋ジストロフィーの患者は、運動で痩せると言うことが難しい(出来ない)ので、ひたすら食事制限をすることになる。

私なりに頑張った結果、 7kg 減!

この達成感!だけれど、まだまだ目標体重には追いついていないのだけど…。
だからこそ、自分を律していかなければ。

最近は、「食べ物」に興味がなくなっていた。

ところが…。何という 落とし穴!

先週の日曜日。女子高時代の友人たちが遊びに来てくれた。
夫は、彼女達のために「お菓子」を用意した。結局は、出すタイミングを失ったのだけど

その日以来、キッチンに行くと「カントリーマーム」&「キットカット」&お土産で頂いたお菓子が並んでいる。
けれど、私には関係ない。だって私は「食べ物に興味がなくなった」んだもの。

ああ、無情。食べ物に興味が無いはずなのに、気まぐれに手に取った「カントリーマーム」の美味しいこと!一つで止めようと、頭は言っている。けれど、私の手はその後、5つの「カントリーマーム」を一気に口に運び、全て食した。

その結果。

1kg増。

本当に、油断大敵。甘い物断ちの結果が…失敗に終わる。

けれど、まだまだ。一ヶ月に1kg痩せましょうとの先生の言葉。明日から、お菓子には手を出しません

ダイエットには、強い決心がないと到底無理。さぁ、覚悟して、目標体重に近付きましょう。

目標体重は、後10kgマイナス。


健康の為。足の為。「女」として、意地を見せなければ。

…ここまで書いたら、やるしかないわ





  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる紅葉の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2012/10/19 00:23 | ダイエットCOMMENT(4)  TOP

2kg

一ヶ月半かけて、4kgの減量。

それが…。
弟のお土産の「ケーキ三個食い」に始まって、一気にリバウンド。たった5日程の出来ごと。

ああ無情。

だけれどね、こうなったら意地だわ。ここ数日で、2kg落とした。危険だわー

この禁欲生活は、後、15kg落とすまで頑張るつもり。
「筋ジストロフィー」の患者は、その体重で生活も決まる。
主治医からは「1kg、2kgが命取りです」と言われている。「歩行」に関してね。

はー。その「1kg」が問題。
もう、気を抜かない。ケーキをお断りする勇気を持とう




  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

2012/08/07 23:50 | ダイエットCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

ダイエット

今、ダイエットの厚い壁にぶつかっている。

ステロイド服用時より、15kgも体重が増加した。何たること、何たる惨状

太るのは、とても簡単なこと。外食を三日続ければ、あっと言う間にリバウンド。
この4kgを落とす為に、どれだけの努力をしたことか。その一ヶ月半の努力が、三日間の外食で元に戻る。

栄養士の先生は、「素晴らしいです。食事だけでここまで落とせるというのは、野上さんは意思が強いんですね」と仰って下さったけれど…。
私の「意思」ほど、当てにならないものはない。
はー、私、意思が弱いの それが悩みのタネだもの。

現在の食事

朝食: 納豆&明太子&白米 130g

昼食: シリアル&ヨーグルト

夕食: 軽くお蕎麦&キュウリ&トマト&もずく

炭水化物は、脳にとって大切な糖分なのだと聞いて以来、一日に一度は摂ることにした。
間食と甘い物を禁止されていると、だんだんと欲することがなくなってくる。

けれど、先日、弟がお土産にと持ってきたケーキの数!家は二人暮らしなんだから、もうちょっと考えてよ (ご好意は、有難いのだけれどさ)
夫が帰宅してから「生クリームのケーキは、その日の内に食べないと悪くなるから…」という理由で、「一人三個づつ」食してしまった

あれ程、栄養指導の先生に禁じられていたのに…。先生、ゴメンなさい。
おまけに、「生クリーム断ち」の期間が長過ぎて、久し振りに口にした生クリームは…こみ上げてくるものがあった。
ほんの少しづつ、ダイエット体質になっているんだわ

けれどね…。この日の「ケーキ三個食い」が祟って…。右肩下がりだった、私の「体重グラフ」は、この日を境に、右肩上がりになってしまった。

油断大敵。ローマの道は一日にしてならず。

はー。ダイエットの道は、長く険しい。


スイーツ



因みに…。筋ジストロフィーの主治医に「まさか自分の人生で、こんな体重になる日が来るとは思いませんでした」と言ったら…。

「その体重に行きつくまでに、気が付いて欲しかったです」…と、仰られた
そうなんですの。先生の仰る通りでございますの。

本日より、気持ちを新たに、ダイエットの道を進む所存にございます。

ホント、夏で良かったよ。これが「食欲の秋」じゃ、目も当てられないわ…。(心の声)




  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります


2012/08/05 23:55 | ダイエットCOMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

決意表明 - ダイエット -

ある日突然。
通院している大学病院の主治医たちが、私の姿を目にして溜め息をつきはじめた。
なかには、腕組みをして黙って考え込んでしまう先生もいる。

えええー。どうしましたか?

以前にもちょっと書いたけれど、医師たちは一様に私の「肥満」に頭を抱えている。

「ステロイド」(正確には『プレドニン』という薬は、脂肪を身体に取りこみやすくするものなのだ。
45mgという量を長期に渡り服用している私の身体は、脂肪の塊になっていたようだ。

先週の金曜に会った友達がショックを受けていた。この私の変貌ぶりに。

「重いでしょう、身体が。それだけ重ければ、動くのは大変だよ」

そう。今は家の中の移動でさえ、伝え歩きになってしまった。

これまで過ごしてきた人生の内、この体重は有り得ない。二本の足が可哀想
筋ジストロフィーで、ただでさえ「運動」でカロリーを消費するのは難しい。…となると。やっぱり食事制限しか道はない。

あー。Christmasとお正月という伝統行事に負けてしまった私が悪いのよ

「食べれば太る」 …こんな当たり前のことを心のどこかで気付かない振りをしていたんだものね…。

この意思の甘さ。プレドニンの副作用であったとしても、どうにかしよう。
このままでは、本当に歩くことが出来なくなってしまうわ。

2012年は、「ただ穏やかに」暮らしたいだけだったのだけど…。
自分の健康を守るべく。

「ダイエット」 も掲げます。(はー。書くのは簡単

今は、グラフで管理している私の体重。残念ながら、まだグラフの線が右下を向くことは…ない。




  人気ブログランキングへ
   筋ジストロフィーを多くの方に知って欲しいのです。
ランキングに参加しています。一日一回、白 あひる星空の二つをポチリと押して下さると、Natsu's Heartの励みになります

2012/01/02 06:44 | ダイエットCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

帰ってきたバナナ

先日、スーパーの果物売り場でバナナを発見!

おおお!バナナが売っている!

少し前…「朝食バナナダイエット」がTVや雑誌で紹介され。私の常備食であったバナナは見事、スーパーから消えたのでした。丁度、一ヶ月くらい前の出来事。

本当に何軒回っても、バナナは店頭から消えている。面白いくらいに。
日本人の特性か…ブームに弱いよね~。私の「バナナ」はブームじゃ無くて。一年前の秋頃、医者から言われたのだった。

「このままの体重だと、死にますよ!成人病で!」

死にますよ…と言われても尚、ヘラヘラしている私に医者は追い討ちを掛ける。…余りに真剣なその態度に接し、ダイエットを決意した。
病院の栄養指導のもと、本気でカロリーについて勉強をする。知らぬは仏って本当だ。何て恐ろしい食事。何て過剰なカロリーを摂っていたのだろうアセっ無駄なカロリー。

8年前、血液内科の主治医から「ダイエット至上命令」が下された。一ヶ月経っても、全く体重の変化の見えない私に(却って太ったかも)…

「キミさ、写真撮ってもワイドじゃないと写らないだろ!」
「次の診察日までに体重が増えたら、二度とこの病院に入れないようにしてやる」

…と、それはそれは温かな言葉くそっっ(怒)で励ましてくれた。
「ひっどーい!そこまで言う!?」と抗議はしたけれど、「じゃ、言わせるな」で終わった。病気が一応の完治をしたため、本当は大好きだった主治医に会うことが無くなってしまった。
そこで頓挫した私のダイエット。


           サイモンキャバレー
            (こんなスタイルになりたいの。私は女性のままでいいから…↑この方は男性です)

あれ以来だ。こんなに厳しく言われたのは。その日から、私の朝の常備食はバナナになったの。

ブームは去ったのだろう。効果テキメンなのだけどね。
お陰様で、我が家のキッチンにはいつもバナナが置いてある。あの黄色を見るとホッとする。
お帰りなさい!バナナバナナ君!(何故か、男の子?)

私の体重は見事。10㎏減ったのでした。もう、居なくならないでね、バナナ君絵文字名を入力してください


2008/11/17 02:19 | ダイエットCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |