愛猫 ショコラの危機

皆様、明けましておめでとうございます
ご挨拶が大変遅くなりましたが、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

これは、我が家の愛猫ショコラの1月5日のお話です。

今日はショコラを連れて、東京農工大学動物医療センターに来ています。
11月15日から激しい嘔吐を繰り返し、今では体重が4.8kgから2.9kgまで痩せてしまいました。
これまで近所の動物病院に掛かっていましたが衰弱が激しく、とうとう大学病院にたどり着きました。
家の廊下をヨタヨタ歩く姿を見て、死が近いことを思い知らされます。
今は検査の結果待ちです。どうか、治療の手立てが見つかりますように。

三時間待ちました。とても辛い時間でした。
実に様々な検査をして頂いた上で先生に呼ばれました。

「正直、ここに来るのが遅過ぎた感はあります」

と言われました。その瞬間、家の中を力なく歩くショコラの姿が浮かんできて、涙がこみあげます。もう、手遅れなの?と…。
レントゲンの画像を前に、先生が説明を始めました。
腹部の画像で、そこには一枚ごとに黒い点(腸の画像)が大小、形を変えて映っていました。小さな点は、物凄く細くなった腸の状態で、腸閉塞を起こしているとのことでした。
これまで、腸閉塞を疑ったことは一度もなかったので、本当に驚きました。
でも、これで合点がいきました。もう一ヶ月以上、ショコラは食欲が全く無く、餌を顔に近付けると全身の力で抵抗していました。
食べるイコール腹部の壮絶な苦痛と吐き気があったのだから、当然です。
けれど、そのことに気付いてあげられませんでした。
(これまで二ヶ月、通った動物病院はなぜ発見出来なかったのでしょうか)

腸閉塞は、開腹手術でしか対応が出来ないとのことでした。そこで、全身麻酔を使ったCTを撮る必要があると言われます。体力がうんと弱ったショコラには、リスクのある検査だとのことで、「どうしますか?」と聞かれましたが、見殺しにすることは出来ません。
リスクを承知で「お願いします」とショコラを預けました。
ここで、私達は帰宅しました。
夕方、先生から電話を頂いて、無事にCT検査が終了したこと、危険な状態なのでこのまま手術に入りたい旨を告げられました。
結果、手術は無事に終わり、現在容態は安定しているとのことです。
本当に泣けてくるほど、ホッとしました。
私は、動物医療にも大学病院があるとは知りませんでした。
東京農工大学動物医療センター(府中)では、レントゲン・CT・MRI・エコーなど様々な精密検査が出来、病気を見つけることが出来ます。
(費用は、それ相応に掛かりますが)
ショコラの様な目に合う猫ちゃんが、一匹でもいなくなることを願って

ショコラは未だ入院中です。昨日から流動食が始まったらしく、受付の方から「ショコラちゃんは怒っています。笑」と聞かされました。
はー!それでこそショコラだわ  本当によく頑張ったね。
あなたが退院してくるのを、うーんと心待ちにしているからね

※ 写真は、気力が全く無くてうずまくっているショコラ。
本当に、飲まず食わずで可哀想でした


体調の悪いショコラ




2017/01/10 13:43 | ペットのことCOMMENT(3)  TOP

コメント

どうぞ、お大事に。

ショコちゃん、やせてしまったのでは? お家でゆっくりできるかな。元気になりますように…

No:5411 2017/01/16 21:41 | いろはねこ #mQop/nM. URL編集 ]

ショコラちゃん手術が出来て本当に良かったです。もうじき大好きなお家へ帰れますね

No:5410 2017/01/12 12:47 | なな #- URL [ 編集 ]

ショコラちゃん本当に良く頑張りましたね。すごい!
腸閉塞、私も経験あるから分かりますが…とても辛いですよね(>_<)
経過が良好で本当に本当に良かったです。

ネコの言葉がわかる道具を早く誰かに発明して欲しいです。
Natsuさんも本当にお疲れ様でした

No:5409 2017/01/12 11:45 | かすみ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |