花と猫

春も盛り。
ちょっと気を抜くと脱走を企てるショコラ。花の中で佇んでいます。

…意外と絵になります


花とショコラ blog


世話の焼けるお転婆娘です

2018/04/16 22:58 | ペットのことCOMMENT(0)  TOP

2018 花の記録 隅田公園

3月24日。
今年初めてのお花見は、森下にあるお寺さんの帰り道、墨田公園に寄ってみた。
午後になって家を出たこともあり、お彼岸のお墓参りでゆっくりしてしまって、墨田川に着いたのは太陽が西に傾きはじめた頃だった。

満開の声を聞いて訪れてみたのだけど、花はまだ蕾も多い。
川を渡る風の肌寒いなか、向島の長命寺で桜餅を買って、桜の下で頂いた


墨田公園1


墨田公園2


桜の向こうにスカイツリーが見える。


墨田公園6


墨田公園4


夕空と桜。


墨田公園5


岸の向こうはビル群だ。


墨田公園6 (2)


桜と菜の花はとても合う。

夕暮れ時に出掛けたために、桜の花は薄墨色に映る。
今年は色々な桜に出会うことができますように


2018/04/10 23:40 | COMMENT(0)  TOP

2018 花の記録 木下沢梅林

2018年3月17日。

春爛漫。
ここ数年、春はいつも病室にいた。14階の病院のベッドの上から、桜色の塊を見つけては切なさを募らせた。
元気になって、夫婦並んでお花見がしたかった
病気との戦いがもどかしい。

それが今年は春を自宅で過ごしている。この喜び。
春の匂いや風を身体で感じられることが嬉しくて。身体の細胞がイキイキと躍動しているようだ。

どうしても梅林が見たくなって、高尾裏の木下沢梅林(コゲサワバイリン)へ。
ドライブをしていて、たまたま見つけた梅林だ。人が多い。

梅が咲き乱れる様は圧巻だ。
桃源郷というものがあるのなら、目の前に広がるこんな景色を言うのだろうか。


梅 1


梅林 blog


紅白梅林 blog


今年はどれだけの桜を見ることができるだろうか。

この胸いっぱいに、花を楽しむことができますように


2018/04/09 20:30 | COMMENT(0)  TOP

筋ジストロフィーの歌姫

3月18日。
汐留のイタリアンに出掛けた。

「10年前の君へ 小澤綾子 出版記念イベント」 に出席するためだ。

かなり昔の話になるのだけど、私と西岡奈緒子が共同代表を務める「com-pass 女性筋疾患患者の会」に綾子ちゃんから入会希望のメールが届いた。その時からのお付き合いだ。
彼女を知る内に、綾ちゃんが「筋ジストロフィーの歌姫」と呼ばれていることを知る。その活動は精力的で、小澤綾子という人に興味を持った。

汐留のイタリアンは人で溢れかえっている。綾ちゃんの出版をお祝いしたい人達で賑やかだった。

「10年前の君へ」は、綾ちゃんが10年前の自分に宛てて書いた絵本だ。
筋ジストロフィーであるという告知を受け、「将来は寝たきりになります」という宣告をされる。絵本に書いてあることは、私の人生にも重なった。
けれど、そこにあるのは絶望ではない。今、綾ちゃんに寄り添ってくれる仲間と過ごせることへの幸せが綴られていた。

筋ジストロフィーは進行性の病だ。少しづつ、少しづつ筋肉は衰えていく。いつかの将来には寝たきりになるかもしれない。
私も時々、不安で胸が苦しくなる。そんな時、この絵本は必ず勇気を与えてくれるだろう。

「今」を生きなければ…。

歌声は優しくて温かい。朗読の声に酔いしれる。

綾ちゃんは、輝けるスターなのだ

綾ちゃん

綾ちゃんのトーク

そして特筆すべきは「BEYOND GIRLS」のこと
小澤綾子ちゃん、Eriちゃん、Ryokoちゃんの三名からなるユニット。
センターで歌う綾子ちゃん、ダンスと歌のEriちゃん、Ryokoちゃん。何とも笑顔が印象的で、邪気のない愛らしい表情に惹き付けられる。
BEYOND GIRLSの皆さんからは愛と勇気を頂いた

絵里ちゃん

Eriちゃん


涼子ちゃん

Ryokoちゃん


最後に皆で記念撮影

綾ちゃんパーティ 全員


綾ちゃんの魅力に存分に触れ、BEYOND GIRLSに癒やされ、数々の出会いがあった素敵なイベントだった。

綾ちゃん、BEYOND GIRLSの皆さんのご活躍をこれからもずっと応援しています



2018/03/22 11:05 | 友達のことCOMMENT(0)  TOP

結婚記念日 11th

2018年3月10日。
ようやく迎えた11回目の結婚記念日。

去年の結婚10周年は入院中だった。病院に「外出届」を出して、お台場に向った。時間に制限があるので、食事を楽しむくらいしかできないのだけど。
病院を出るときに、10人ほどの看護師さんがお見送りに来てくれた。
「デートを楽しんでね 」と。心のこもった最高に素敵なカードと共に。
とても嬉しい出来事だったのだけど、やっぱり外の世界で自由を満喫したかった。

今年は、願いが叶った
ここのところ、私はとても元気で気力に満ちている。

進行性の難病である私は「動ける内に出掛けよう」をモットーにしている。
記念すべき11回目の結婚記念日は、箱根プリンスホテル内の「なだ万」でランチを頂くことにした。
このホテルは何年か前に利用して以来、お気に入りのホテルの一つなのだ。

ランチ。「花コース」

お料理1


お料理2


お料理3


お料理4


お料理5


お料理6


美味しいお料理で満たされた。また、いつ来られるかなぁ。
ただ、このホテルには障害者用のトイレがない。これはかなり衝撃的だった。何年か前に訪れた時には、トイレのことは全く気にならなかった。そう思うと、この数年で病状は結構進行しているのだなぁと思う。
ホスピタリティ溢れるホテルマン達の接客は最高だ。また訪れるためにはトイレ問題をどうにか考えなくてはね。

店内で二人。

二人


なだ万1


食後は芦ノ湖のほとりをお散歩。霧が深く幻想的な雰囲気だ。
けれど余りの寒さに5分ほどで退散する。春の暖かさに包まれたこの週、なぜかこの日だけ気温が低かったのだ。
それでも、春の気配を含んだ空気にワクワクした。

湖1


のんびりとした穏やかな時間。

本当は一昨年の様にサイパンで過ごしたかった結婚記念日。
去年は入院中で叶わなかった。
それを今年は実現させようと考えてみたのだけど、私は現在夜間、酸素をつないでいる。海外に酸素をどうやって持っていくのか
サチュレーションが下がった時の対処は という問題がある。

けれど、私には心強い主治医がついている。目標に向って進んでみよう。
12回目の結婚記念日を目指してね



2018/03/13 14:52 | 記念日COMMENT(0)  TOP

春の房総 後編

太陽が沈み始めました。
夫の運転中、私がネットでホテルを検索します。
幸運にもユニバーサルルームのあるホテルが見つかりました。

現在、自宅では歩行器を使って歩いているのだけど、ホテルの中では電動車椅子を使うことになります。
和室は座ることが出来ないので利用できません。障害のことを考えると、ホテル選びも結構大変です

ホテル ファミリーオ 館山のユニバーサルルームを取ることができました。
当日予約のため、夕食はお出しできません、とのこと。ホテル近くの中華屋さんで済ませました。
ホテル名物の「金目鯛のアクアパッツァ」…食べてみたかったなぁ
とは言え、お部屋が見つかっただけでもラッキーです。


夕食


お部屋はゆったりとした広さで車椅子で移動するのに十分です。


ホテル1


ホテル2


ホテル3


ベッドの脇に十分なスペースがあると、車椅子を横につけることができて便利です。

トイレに手すりがあると安心です。

トイレ


お風呂


この日は夫婦二人で、夜中になるまでお喋りをしていました。
ビールとピーナツ。たまには良いものです

翌朝、お部屋からの風景です。
9:00にチェックアウトをして、三井アウトレットパーク木更津に寄って帰ることにしました。

部屋からの風景 1


最後に、海ほたるのスターバックスで休憩です。

帰り道


穏やかな春の海。
今年は色々な春の風景を楽しみたいと思います

2018/03/08 16:16 | 旅行のことCOMMENT(0)  TOP

春の房総 前編

3月3日、春の房総に出かけました。
イメージは、一面の菜の花畑

車に乗ってから行き先を決める、私たち夫婦お得意の弾丸旅です。
今回は「海が見たい!」という私の希望で、春の房総に向かって走ります。
夫が目指していたのは「南房パラダイス」。
アクアラインを走り、海ほたるを通過して確かに南房パラダイスに着いたのだけど…菜の花のかけらもありません
到着したのは、館山でした。

あれ と思いつつ、もう夕方ということもあって トロピカルハワイアンワールド「アロハガーデンたてやま」に入ることに。


館山 1 blog


入り口は立派な佇まいなのです。
けれど進む内に、今はもうさびれてしまった施設の悲しさが伝わってきます。

高温多湿な植物園が続きます。サボテンやバナナ。南国らしい雰囲気です。


館山2


3館山



南国を抜けると「動物広場」へ。HPには色々な動物の紹介がされていたのだけど、ヤギ・馬・羊のみ。数も少なくて、寂しげな雰囲気です。

館山3


このヤギくん。食欲が旺盛で、アピール度が凄いのです。情にほだされて、ついついオヤツをあげてしまいます。


館山4


閉園時間の17:00になりました。出口へ向かいます。
この広大な敷地に大きなオブジェがポツンポツンと置いてあります。私達以外の人間に会わないこともあって、さびれた印象を受けてしまいます。


5館山


随分、歩きました。夫は大分、お疲れの様子です。

海辺の道を走りながら、今日は泊まることにしました。ホテルもまだ取れていません

お話の続きは「後編」へ


続きを読む »

2018/03/06 00:06 | 旅行のことCOMMENT(0)  TOP

泥棒猫

昨夜はお刺身でした。
食器の片付けも終わり、ホッと一息ついていると…。

何やら後ろでガソゴソ。

これぞ、正しく 泥棒猫!

目標を定めて。


ショコラ1 blog


頭から突っ込む


ショコラ2 blog


獲物をゲット!
…と言っても、お刺身の下に引いてあった紙


ショコラ3 blog


紙についているマグロの匂いをひたすら嗅ぐ…。
ショコラは食欲旺盛で本当にお転婆な女の子。

でも、漁っちゃ駄目よー


2018/03/01 21:54 | ペットのことCOMMENT(0)  TOP

夫婦喧嘩

天気予報が、数日前から「土曜日は春の陽気です」と言っている。
ここ数年、春はいつも入院中であることが多かったので、私はもうお出かけしたくてたまらない。
春の風を体感したかった。

夫と横浜中華街に出かけることにした。午後からのんびりと
24日はたまたま春節のお祝いの日であったらしくて、中華街はひどい人混みだ。車椅子で歩道を行こうとするのだけど、人の波に押されて少しづつしか進めない。
空腹のせいもあって、「入れればどこでも良いよね」ということになった。中華街は段差のある飲食店が多くて、店選びを困難にしていた。

随分歩き回って、ようやく段差のない京華楼という四川料理の店を見つけた。
この時、私たちには「四川料理=辛い」という認識がなかった。けれどメニューを開いてみると、そこには唐辛子マークが5つも並んでいるメニューもある
辛い物が苦手な夫のことを思って、私は単品のメニューで辛くないお料理を頼もうと提案したのだけど。夫はコース料理を勧める。
オーダーする前に「唐辛子の量は少なめでお願いできますか?」と確認をした。店員さんは「出来ますよ」と了解してくれた。

美味しいお料理が続いた。けれど、最後に出された麻婆豆腐に目を見張る


麻婆豆腐 blog


この色!
私は多少喉が痛くなった程度だけれど、夫は顔を真っ赤にしてひたすら水を飲んでいる。終いにはお水をピッチャーでオーダーしていた。
辛くてとても食べることができないらしい。夫は決して食べ物を残すことはしない。その彼が「もう食べられない」と言うので驚いた。恐らく、唐辛子の量はメニューのままだったのだろう。
店を出ると夫はかなり不機嫌になっていた。胃がチクチクと痛むらしい。

春の雰囲気を楽しむための山下公園でも口数が少ない。

山下公園 船 blog

山下公園

挙げ句の果てには「寒い!帰ろう!」と言い出した。
納得はいかないけれど、仕方ない。マリンタワーを後にする。


マリンタワー blog

マリンタワー


夫は不機嫌なまま、家の中で過ごすことが多い私を気遣って、この後お台場に寄ってくれた。
一階のフードコートで軽い夕食をとって家路に着いた。
二階のテラスに行きたいと言ってみたのだけど、「今日は最悪にツイていない日だから、もうまっすぐ帰ろう」と言うのだ。残念だったけれど夫に従った。

無事に帰宅した。
二人でゆっくりお風呂に入り、二人の間には穏やかな空気が流れ始める。

ところが…。

「体重を量ってみたら?」

と言った私の一言が気に障ったらしく、

「計らないよ だって今日は絶対に体重が増えているに決まってるじゃないか!」

とキレている…。

「え?何言ってんの 体重は自己管理でしょ!何でもかんでも私のせいにしないでよ!」

と、私も返す。

夫は、
あくまでキミのワガママで中華街に行ったからこういうことになったんだ。そもそも僕は、今日は家で一日ゆっくりしたいと言ったじゃないか。
中華街に行くのはもう一生止めよう!

と言う。

これを聞いて私もキレた。

「私は小さな頃から、年に一度、家族で中華街に行くのが決まりになっていたのよ。家族の思い出を取りあげるつもりなの!何なの、一生って!」

言いたいことを散々言い合った挙げ句、ダイエットに成功するまでは中華街へは行かない…ということになった。

我が家には「喧嘩をしても、その日のうちに仲直りをする」というルールがある。言いたいことを言った後は、何事もなかったかのように過ごしたのだけど。

はー、何とも長い一日だった。
喧嘩はやっぱり疲れるわ。私もあんまりワガママを言うのは止めにしよう。

いつまた中華街へ行かれるかな。
ダイエットの道は遠い


P.S.京華楼さんは、とても美味しい四川料理のお店です。夫は胃が弱いために、辛い物が苦手なだけなのです。


2018/02/26 11:37 | 夫婦のことCOMMENT(0)  TOP

話し相手

今の私の話し相手。

ヨウムの洋ちゃんです

よくお喋りをします。

最近では…
「マーチン!」
と、夫を呼ぶと

「はーい!」

と、代わりに大きな声でお返事をしてくれます

一緒に暮らし始めて8年。
今では状況に応じたお喋りをしてくれるようになりました。

夫がキッチンに立っていると

「食べよ!」

お昼過ぎから夕方にかけては

「風呂入ろう!」

寝る前に歯を磨いていると

「ヨウちゃん、バイバイ」

その他には、電子音や電話の音、電子レンジの音、お風呂が沸いたことを知らせる呼び出し音。聞き違えるほど完璧なコピーです。

私がボーッとしていると

「どうしたの?」

と、聞いてくれます。優しいね


ヨウちゃん



もっと会話ができるようになると楽しいなぁ。とてもとても可愛いヨウちゃんです



2018/02/23 22:42 | ヨウムCOMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»